IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

引越し後のマイナンバーの住所変更手続き方法|しないとどうなる?

更新日:2020年08月28日

暮らしの知恵

引っ越しの際には、マイナンバーカードの住所変更が必要だということをご存知ですか?住所変更をしていないとどうなるのか、代理での手続き方法や紛失時の対処法などをご紹介していきます。マイナンバー制度について大まかに知っておきたい方にも記事です!

マイナンバーカードは、マイナンバーを確認することができる本人確認証です。引っ越しをすることで、「そのマイナンバーの持ち主が引っ越した」ことは行政にわかるようになっています。そのため、住所変更をせず、記載されている住所が違うと本来の「マイナンバーカード」としての役割を果たせるものではなくなってしまうのです。

会社やアルバイト先に提出する際に指摘される可能性がある

マイナンバーカードに記載されている住所と実際の住所が違うと、会社やアルバイト先でマイナンバーの提出を求められたときに指摘を受ける可能性はあります。これは会社にもより一概には言えませんが、早急に手続きをするように言われてしまうと、手間がかかってしまいます。

住所変更の手続きの仕方

マイナンバーカードの住所変更手続きは、市役所ですることができます。引越しをする際には、どちらにしろ他の手続きで市役所に行く必要がありますので、その時にマイナンバーカードの住所変更もしておきましょう。転入届と一緒に提示すると、その場で済ませることができます。 マイナンバーカードを持っていない方は、通知カードを持って住所変更手続きをしに行きましょう。

住所変更の手続き、代理は可能?

代理の方が住所変更の手続きをすることは可能です。ただ、さまざまな情報があるので、地域によって違ってくる可能性もあります。 ■同世帯の家族であっても委任状が必要 ■同世帯の家族であれば、暗証番号がわかれば委任状は必要なし ■法定代理人ならば委任状は必要なし ■法定代理人ならば戸籍謄本、その他書類が必要 前もってお住まいの市区町村に確認しておくと確実でしょう。

住所変更に必要な書類は?

転入手続きと住所変更手続きを一緒にする場合

引越しの転入手続きと一緒にする場合の持ち物は、 ■マイナンバー通知カード ■転出証明書 ■身分証明書 ■印鑑 の4つです。

後日住所変更をする場合

転入届を出したあと、後日手続きをしに行く場合の持ち物は以下の4つです。 ■通知カード ■表面記載事項項変更届 ■身分証明書 ■印鑑 「表面記載事項項変更届」は、マイナンバーカードや通知カードの記載を変更するために必要な書類です。これは市役所で手に入ります。

住所変更を忘れた時の対処法

住所変更を忘れていても90日以内であれば間に合いますので、早めに手続きをしに行きましょう。もしカードが失効してしまっていたら、再発行するしかありません。 ちなみにカードが失効しても、番号自体が無効になるわけではありません。マイナンバーは基本的に変えることができないのですが、盗難や紛失などで漏洩のおそれがある場合には変更することができます。

マイナンバーカードを紛失したら

電話で利用停止をする

外でカードをなくしてしまった場合は、まずクレジットカードを落とした時と同じように以下の電話番号に電話をかけて、利用停止にしてもらいます。 マイナンバー総合フリーダイヤル(0120-95-0718) 9:30~20:00(平日) 9:30~17:30(土日祝) 個人番号コールセンター(0570-783-578) 8:30~20:00(平日) 9:30~17:30(土日祝) どちらの番号も、盗難や紛失の利用停止については24時間、365日(12月29日~1月3日は休み)受け付けています。その後は、警察へ届け出ましょう。平日は、個人番号コールセンターの方が早い時間から繋がります。ちなみにこれは問い合わせの番号でもあるので、マイナンバーについての質問をすることもできます。マイナンバーについてわからないことがあれば、メールやFAXでも問い合わせることができます。

紛失、盗難なら「受理番号」をもらう

紛失や盗難の場合、再発行の手続きの際には「受理番号」が必要になりますので警察でもらいましょう。 (ちなみに上記のことは、家で失くしたとわかっている場合には必要ありません。) 身分証明書を持って市役所へ手続きに行きます。再発行にかかる費用は500円、手続きからマイナンバーカードを受け取れるまでには、1、2ヶ月程度かかるようです。

次のページ:新しい制度であるマイナンバーを上手に活用しよう!
初回公開日:2017年01月04日

記載されている内容は2017年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング