IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事を辞める時の言い方・辞める時までにすべきこと・退職までの流れ

更新日:2020年10月02日

退職ノウハウ

仕事を辞める時の言い方、すべきことは?最近は、終身雇用という考え方も薄くなり、転職という選択肢に対してマイナスなイメージを抱かれにくくなりました。しかし仕事を辞める時の手続きや仕事の引き継ぎは同僚への思いやりを持って行うことが必要です。

仕事を辞める時に気をつけるべきこと

現代では、一つの仕事を定年まで続けていくとは限りません。しかし、一方で退職時にトラブルになってしまうケースが多いのも事実です。 そこでトラブルにならないように仕事を辞める時に気を付けるべきポイントを紹介します。

トラブルを避ける仕事を辞める時の言い方

上司への報告は早めにする

退職理由にもよりますが、仕事を辞める時には遅くても退職の1ヶ月前には報告をするようにしましょう。 急に退職する事になると代わりの人員確保がスムーズに行えなかったり、引き継ぎがうまく行えなかったりなどのトラブルの原因になります。 また、報告する相手は直属の上司にするようにしましょう。直属の上司を無視した行動もトラブルのもとです。仕事を辞める時まで、あえてトラブルに巻き込まれる必要はありません。

なるべく閑散期に合わせる

実際に仕事を辞めるタイミングにも左右されてしまいますが、退職の意思を伝えるのは閑散期が良いでしょう。単純に忙しい時期に辞められてしまうと会社としては非常に困ります。上司にアポを取るにしても真剣に話しを聞いてもらえない可能性もあります。 人事移動した直後なども忙しくなりがちなタイミングです。業界としての閑散期や繁忙期とは別に忙しくなる時期というものはあります。大きなプロジェクトが始動していたり、社内システムの変更時なども忙しいタイミングと言えるでしょう。 自分の把握できる範囲で一番スムーズに伝えて辞める事ができるタイミングを探しましょう。

同僚に伝えるのは後回し

仕事を辞める時には、同僚などに話しがちですが非常に危険です。上司にアポを取る前に仕事を辞めるという噂が流れているような状況は最悪と言えます。まずは最初に上司の耳に入れるように心がけましょう。 同僚に辞める事を直接伝えなかったとしても転職活動をしている事を悟られるのも避けましょう。転職活動をしているイコール近々仕事を辞めるという事ですから噂になります。 やはり上司に伝える前に転職の噂が流れているという状況はトラブルになりやすいです。 基本的に同僚へ伝えるのは上司へ伝えた後に許可をもらってから行うようにします。こうする事で辞める時に無用のトラブルを引き起こさずに済みます。

退職の理由を考える

仕事を辞める事を伝えれば退職の理由も必要になってきます。例えば、身内の不幸などの引き止めにくい理由なら正直に話してしまっても良いでしょう。要するにスムーズに辞めやすい理由であれば隠す必要がないという事です。 一方で、社内の人間関係が嫌で辞めたい場合や給与に不満があるなどの場合は、退職理由は一身上の都合で押し通して良いでしょう。本当の事を話すと引き止めにあう可能性が高く、トラブルに発展しないとも言い切れません。また、半端に嘘をつくのもボロが出る可能性があり好ましくありません。

仕事を辞める時にしておくべき事

仕事を辞める時にはいくつかの手順を踏む必要があります。 円満退社をするために事前にチェックしておくようにしましょう。

転職先を探しておく

仕事を辞める時には事前に転職先を探しておくと良いでしょう。もちろん必須ではありませんし、退職してから探しても問題はありません。 ですが、すぐに転職先が見つかるかどうかは運によるところも大きく不安要素です。退職時点で決まっているかどうかは別として、転職サイトへの登録などは事前にしておいた方が良いでしょう。

退職願いを用意して提出する

次のページ:退職を伝えてから退社までの過ごし方とマナー
初回公開日:2016年12月27日

記載されている内容は2016年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング