IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

退職勧奨は違法?|退職勧告の対応・会社都合退職にできる?

退職ノウハウ

会社が社員を何らかの理由で辞めさせる場合に退職勧奨が使われることがあります。退職勧奨を受けたら、労働者はどう対処すればよいのでしょうか。退職勧奨を受けた際の対処法をご紹介します。そして退職まで必要な期間など退職に関するルールをご説明します。

更新日時:

退職勧奨では会社都合の退職をさせることが目的

退職勧奨では会社都合の退職をさせることが目的

退職勧奨は、会社が従業員に退職を勧めてくることをいいます。会社が従業員を解雇するには、厳しい条件があるため、この方法を行使します。最終的に会社をやめることを決めるのは、労働者の判断です。会社は退職勧奨という方法を使って、従業員が自ら退職するように促したり、従業員の人員を調整したり、コスト削減を図ったりするのです。

退職の種類はおおまかに分けて「会社都合退職」と「自己都合退職」の2種類です。会社都合退職は、会社が解雇通知を出して従業員を解雇する場合で、自己都合退職は従業員が会社に辞表を出して辞める場合です。 自己都合退職は制限する法律がないのに対して、会社が従業員を解雇するには様々な法的制限があります。会社は簡単に従業員を解雇することは出来ず、解雇しても十分な理由が無ければ、後々トラブルが発生する恐れもあります。 このような事情で、会社は従業員をなるべく「自己都合退職」させようとして、退職勧奨をしてくるのです。

よくある退職勧奨のされ方

会社は簡単には従業員を解雇出来ません。「仕事ができない」「人員が足りている」「売上が減った」という理由では、簡単に従業員を解雇することは認められないのです。 会社の都合で従業員を辞めさせたいときに使う退職勧奨の手口は様々ですが、大きく3つに分類できます。直接退職を勧める直接誘導型と、「辞めたい」と思わせるパワハラ型と、社外の機関と連携して退職へ誘導する外部連携型の3つです。

よくある退職勧奨のされ方

直接誘導型

直接誘導型は典型的な退職勧奨のパターンです。「辞めたら」「仕事が向いていない」という言い方で咎める方法や、「環境を変える?」「自分で辞めたほうが見栄えがいい」という言い方で、従業員のためを思って退職を勧めているような退職勧奨の口実が多いようです。 このパターンでは、退職届にサインをさせるように誘導していきます。このようなことを言われたら「この会社にはもういられない」と思い、転職しようかと考えてしまいますが、それが会社のねらいです。

パワハラ利用型

従業員が会社を辞めたくさせるように、厳しく当たるような方法を使うのがパワハラ利用型の特徴です。具体的には、過大なノルマを課したり、暴言で責めたり、逆に仕事を取り上げたりする方法があるようです。 大手企業では、退職勧奨を受けている従業員を集め、全く仕事が無かったり、逆に達成不可能なノルマを課す「追い出し部屋」のような部署を設けていると言う話も聞きます。

外部連携型

この外部連携型は、外部の機関を使うという巧妙な方法です。具体例では、自社に属する産業医と共謀し、休業を勧めたり、精神疾患をでっち上げて、解雇理由に使用とした事例があるようです。 また、人材紹介会社と共謀する方法では、スキルアップ講習の名目で人材紹介会社に出向させ、そこで人材紹介会社に「別業界の方が適正がある」と診断させておき、会社に戻ってくると、上司から「スキルアップのために別の業界へ転職するのも良いんじゃないか」と転職を勧めてくる、非常に手の込んだ退職勧奨を行うこともあるようです。

退職勧奨を拒む事ができ実際昨年末の時点で拒んで今日まで来ましたが、会社が引っかからない程度に退職を促してくると、「仮に今後居残っても居場所が無いかなぁ」とさすがに思います。 会社に対しての不満はありましたが、冷静に考えると配慮してもらっているのに本来の仕事が出来ない自分に対して言われるのも仕方がないし、「自分が逆の立場だと同じ事を考えるかなぁ」とも思えます。

退職勧奨は断る権利がある

このように、様々な方法で会社が退職を迫るのが退職勧奨です。面と向かって「辞めたら」とはっきり言われても、労働者には退職を拒む権利があります。巧妙に退職を勧められても納得できなければ、退職には応じないことです。 会社から退職を勧められても、従業員には従う義務はありません。理不尽だと思えば退職を拒んで、退職を勧める理由を問い正すのも良い方法です。今の会社で働き続けたいと思うなら、巧妙な退職勧奨には惑わされないようにしましょう。 もし退職勧奨に応じて、退職届にサインすると、書面上では従業員の方から退職を願い出た「自己都合」での退職にされてしまいます。退職勧奨されても、安易に退職届にサインをしないことが大切です。

退職勧奨が違法行為になる場合もある

悪質な会社は退職を拒んでも、なかなか諦めません。退職勧奨を拒んだことを理由に、しびれを切らせた会社が不当な解雇をしたり、余計にひどいパワハラをしたり、不当な部署異動を強要されたりすることも考えられます。このような違法行為が行われると、損害賠償の対象になることもあります。

退職強要

退職勧奨自体は違法ではありませんが、退職勧奨を何度も繰り返す行為は、退職強要に該当し、不当性が発生します。 退職強要の場合には、損害賠償や、不当に受けた扱いの撤回を求めることが出来ます。状況を説明する資料をまとめて、弁護士に相談することをお勧めします。このときボイスレコーダーの録音などの証拠があるとより確実です。

強要罪

退職勧奨があまりにもひどい場合には、退職を強要していることになり、強要罪という犯罪になる可能性があります。この場合も証拠を集めて、弁護士に相談することをお勧めします。ここまで、ひどい扱いを受けると、そのまま会社に残ることは無理でしょうから、退職を覚悟して、会社と本格的に対峙する覚悟が必要です。

退職勧奨に応じてしまっても会社都合退職にできるか?

退職勧奨に応じる必要はないとご説明しましたが、すでに自己都合で退職してしまった方もおられると思います。一度、退職届にサインをしてしまうと、取り消すことは困難ですが、自己都合退職を会社都合退職に変更できる可能性も残っています。 自己都合退職を会社都合退職に変更できる場合は、退職届へのサインを強要されたり、本人画退職届だとの認識しないままサインをしてしまった場合などです。 この場合でも、証拠の有無が重要です。例えば、「サインしろ!」と強要されている状況の録音や、繰り返し行なわれた退職勧奨でパワハラや部署転換などに合ったことを記録したメモでも証拠になります。会社からのメールや書面があればより強力な証拠になります。

自己都合退職を会社都合退職に変える方法

自己都合退職を会社都合退職に変更する方法は、ハローワークに申し出る方法です。あなたが提示した証拠を元に、ハローワークが会社に事実を確認することになります。そして証拠の内容と、確認した事実が一致すれば、自己都合退職から会社都合退職に変更される可能性があります。

退職手続きのルール

もし、あなたが会社を退職しようと思っても、意に反して引き止められることも考えられます。たとえば「引継ぎが要る」「人手が足りないから少し待って」などと会社の都合を持ち出して、退職に応じてもらえない場合もあるようです。 このように、とかく退職時には、会社と従業員の間でトラブルが発生しやすいものです。退職時にトラブルが発生した場合に備えて、以下に説明する退職に関する法律や注意点を確認しておきましょう。

退職手続きのルール

退職は基本的に自由

法律では、労働者が自分で決心して辞めたいと思った時は、自由に退職できることが基本になっています。逆に会社が労働者を解雇する場合には、法律でかなり厳しい制約があります。したがって退職に関しては、労働者の自由が認められていることになります。 退職する理由についても制限はなく、「一身上の都合」というだけで十分に認められます。 常識的には、会社と相談をした上での円満退社が理想ですが、会社が引き止めたり、「退職は認めない」などと強弁してきても、法律上では一方的に退職しても、労働者にはペナルティが課せられることはありません。

退職までの期間

退職届けを出してから、退職するまでに最低限必要な法律で決められている期間は2週間です。会社が退職を引き伸ばそうとしても、2週間以降は労働者を拘束することはできません。もし、あなたが会社を辞めたいと思ったら、退職日の最低でも2週間前までには退職届を提出しましょう。 月給制で給与が支払われている場合は、賃金計算期間の前半に退職届を提出する必要があるので、この点も考慮に入れておいてください。 ただし、就業規則で「退職する場合は1ヵ月前までに退職届けを出すこと」などと記載されており、これが妥当な長さである場合には、労働者にも一定の義務があると解釈されることもあるので、就業規則の記載を確認しておく必要があります。

退職願はダメ

退職願と退職届は違います。退職願は会社に「辞めさせてください」と「お願い」をする書類で、退職する意思が固まっているなら、会社に提出するのは必ず「退職届」にしてください。 もし、会社が受け取りを拒否する場合には、内容証明郵便等の記録が残る方法で退職の意思を表明した事実を証拠として残こす準備をしておくと良いでしょう。

期間契約の場合は注意

ここまでの退職のルールは社員として雇用されている場合のことで、派遣で働いている労働者のように契約で働く期間が決まっている場合は、違ってくるので注意してください。 派遣の場合には、始めから決まった期間を働く約束をしているわけで、約束の期間を満たさずに退職してしまった場合、会社側に損害賠償の権利が発生することもあります。このような退職をするには、後で説明する法律上の「やむを得ない理由」が必要になります。

雇用者側が決まりごとを守らないとき

仕事の内容や給料の支払い条件など会社側が守らなければならない決まりごとが、当初の約束と異なっている場合は、雇用契約自体の有効性が揺らぐことになるので、労働者はいつでも退職できます。

雇用者側が決まりごとを守らないとき

やむを得ない場合

派遣労働で期間契約をしている場合の例外に該当する「やむを得ない場合」について、ご説明します。 この「やむを得ない場合」とは、労働者が体調を崩して働けない場合や、家族が病気で看護が必要な場合などが該当します。 その他にも該当するケースがあると考えられますが「やむを得ない理由」と認められるかどうかは微妙な問題ですから、まずは会社と話し合った上で、会社とトラブルになりそうな場合は弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。 派遣労働の場合は、派遣先だけではなく派遣元の派遣会社とも十分に相談する必要があります。

退職勧奨の体験談

ある退職勧奨の体験では、その人の会社は言いがかりに近いひどい理由をつけて退職勧奨をしてきて、応じなければ懲戒解雇すると、おどしをかけてきたそうです。そこで、その体験者は労働組合や弁護士に相談したところ、弁護士に「会社を訴えるのは正しいが、あなたにとって賢い対処方法は辞めることだ」とアドバイスされて、悔しいと思いながらも退職勧奨を受け入れたそうです。 この体験談のように、会社側が退職勧奨で例外的にひどい体験をすることもあるのは、残念ながら現実のようです。もし、あなたが退職勧奨を受けた場合には、弁護士などに相談しながら、万一の場合に備えて、会社側の退職勧奨の手口を証拠に残しておくことをお勧めします。

民間の労働組合や弁護士に相談しました。 ・労基に相談したところ、会社が法律を犯していることは確実だが、 裁判を起こさない限り罰する事は出来ない ・民間の労働組合に相談したところ、ブラック企業で有名、 裁判も長引く、7年かかったひともいる ・弁護士に相談したところ「正しいのは訴える事、賢いのは辞める事」とのアドバイス 社歴が長くないので、 会社都合と自己都合の退職金がさほど変わらないというのもあり、 結局、悔しいながらも退職する事となりました。 ですがやはり、時々悔しさがこみ上げてきます。

転職で新しい道を切り開こう

退職勧告はショックな出来事ですが、ずっと落ち込んでいても始まりません。 気持ちが少し落ち着いたら、転職エージェントに相談しましょう。 求人数トップを誇るマイナビエージェントで転職のサポートをしてもらいましょう。 数ある求人の中なら、あなたのキャリアに合った職場をキャリアアドバイザーが選んでサポートします! まずは無料登録から

関連タグ

アクセスランキング