IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事を休むための理由12選

仕事

「今日は仕事を休みたい」どうしてもやる気が出ない、そんな日は誰にでもあります。休むためには会社の人に疑われないような理由が必要ですよね。今回は仕事を休みたい日に使える欠勤理由をご紹介します。また、仕事を休むときに知っておきたいマナーもご紹介します。

更新日時:

仕事を休みたくなる日は誰にでもある

仕事に行きたくない日は、誰にでもあるはずです。仮病で休むのはあまり良くないことですが、疲れていてどうしてもやる気が出ないときは、無理をせず少し休養をとることも大切です。 とはいえ、「やる気が出ないので休みます」は通用しません。仕事を休むにはしっかりとした欠勤理由が必要になります。仕事を休むための欠勤理由を12個ご紹介します。

仕事を休む理由6つ:体調不良編

体調不良は一番無難な欠勤理由です。当日すぐ使えて、無理に出勤させられることもありません。体調不良の具体例を6つご紹介します。 ただし、体調不良という曖昧な理由で頻繁に休みすぎるとサボっていることがバレてしまうので注意しましょう。

理由1:風邪を引いてしまった

体調不良といったら「風邪」が王道です。 王道なだけに疑われやすいかもしれないので、使うときは翌日も少し体調が悪そうに振る舞うことをおすすめします。

理由2:腹痛で動けない

腹痛がひどいと、仕事などできないくらい辛いものです。 ただ「腹痛で休みます」と言っても理解が得られない可能性はあるので、欠勤理由に使うときは「下痢がひどい」「などと付け加えると良いでしょう。

理由3:頭痛がひどい

「熱があって頭痛がひどい」「と言われたら、休ませたいと誰もが思うでしょう。 頭痛は風邪の症状として使うことをおすすめします。頭痛は周りから見て分かりにくい症状なので、大した演技も必要なく、仕事を早退したいときにも使えます。

理由4:嘔吐してしまった

「昨晩から吐き気がひどくて会社に行けそうにない」「などと言うと良いでしょう。 会社で吐かれても困るので、無理に来させようとする人はいないかと思います。

理由5:検査で病院に行く

「腰痛が続いているので、病院で検査してもらう」、「熱が下がらないのでインフルエンザの検査をする」などと言えば、実際の症状がなくても欠勤理由にすることができます。

理由6:精神的に行きたくない

「つらいことがあって、涙がとまらないので休ませてください」という理由は意外と使えます。 「1日休んだら復活するので」と伝えておくと、なおよいでしょう。

仕事を休む理由3つ:親族が〇〇編

理由1:子どもが風邪を引いた

結婚して子どもがいる場合、「子供が熱を出したので休ませてほしい」という理由は、休みたい日にすぐ使えます。 ただし、確実に休みをもらえるかといったらそうでもなく、場合によっては、来てほしいと言われてしまうこともあります。

理由2:親の介護で実家に帰る

「実家にいる母親が骨折して動けないので看病する」といえば、数日間休むことも可能です。どうしても数日間休みたい場合に使うとよいでしょう。

理由3:身内が亡くなった

「昨晩親戚が亡くなったので、葬式に行く」といえば、忌引で休めるでしょう。 ただし、親しい身内の場合、バレる可能性があるので、どの程度の関係性の身内にするかはよく考えましょう。

仕事を休む理由3つ:急なトラブル編

家の鍵を失くした

「家を出ようと思ったら、家の鍵がありませんでした」といえば、家を施錠できないので自宅から離れられなくなります。鍵を開けっ放しで会社に行くことはできないでしょう。 ただし、「見つかったら出勤してほしい」と言われる場合もあるので注意が必要です。

車が故障した

会社と職場の距離が離れている場合、「朝から急に車が動かなくなった」といえば、出勤することができないので必然と休む理由になります。 ただし、公共交通機関がなく、車での通勤しかできない場所に職場がある人のみ使える理由です。

財布とカードを紛失した

「会社に来る途中に財布を落とし、身分証もカードも紛失した」といえば、すぐに再発行の手続きが必要だということが伝わります。

辛い仕事に、耐えられなくなったら

今の職場は、自分に合っていないのかもしれない...」 「もっと良い条件の職場で働きたい...」 そんな悩みを抱えている人は、他の労働環境や条件について知る機会を持ってみましょう。 今の職場身につけたスキルは、転職時に高く評価されることもあり、転職によって年収が上がる可能性も大きいです。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」と心配な場合は、転職エージェントに聞くことで知ることができ、かつ自分に適した環境を提案してくれますよ。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

仕事を休むときに気をつけるべきこと

関連タグ

アクセスランキング