IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

無期雇用派遣になるための条件とは?メリット・デメリットと注意点

制度

労働者派遣法が改正されて無期雇用派遣という新しい働き方が生まれました。まず無期雇用派遣の制度を生んだ法改正の概要をご説明します。そして、無期雇用派遣の働き方、無期雇用派遣になるための条件、メリット・デメリットから派遣キャリアの生き方を考えます。

更新日時:

労働者派遣法改正が無期雇用派遣を生んだ

最近、無期雇用派遣という新しい働き方が話題になっていますが、この無期雇用派遣は「労働者派遣法」が2015年に改正される前には無かった働き方で、法改正によって生まれた派遣の働き方なのです。

法改正前には、労働者派遣業の業務は、派遣期間に制限のある「一般労働者派遣業」と制限のない「特定労働者派遣業」の2つに分かれていました。 ところが、2015年9月30日の改正労働者派遣法では、2つの区別がなくなり、全業務に統一された派遣期間の制限を設けた「労働者派遣業」に一本化されました。 無期雇用派遣という働き方は、改正された労働者派遣法ではじめて可能になった派遣の働き方なのです。そこで、法改正で無期雇用派遣が生まれてきた事情をご説明します。

労働者派遣の期間制限の見直し

2015年の法改正では、派遣労働者が安定して働けることを目指して雇用安定化措置が盛り込まれました。この雇用安定化措置の一つに、従来の一般労働者派遣に設けられていた派遣労働の期間制限を全ての業種について統一して、派遣労働の期間制限を3年に統一する法改正が実施されました。 従来では通訳などの特定の26種の業務を派遣で行う労働者だけが派遣期間の制限のない働き方が可能であったのが、改正法では全業務について統一された3年という期間制限が設けられることになりました。 このため、従来は期間制限のない派遣労働が可能であった通訳などの特定26業種の派遣についても、3年の期間制限が設けられ、3年を超えて派遣労働をすることができなくなりました。

労働者派遣法改正の例外

3年を超えて同じ派遣先で派遣労働をすることはできない、というのが改正法の基本的な方針ですが、改正法には派遣労働の期間制限について例外規定が設けられています。 この期間制限の例外とは、①派遣元に無期雇用されている場合、②派遣労働者が60歳以上の場合には、派遣労働の期間制限を受けないことになっているのです。

労働者派遣法改正の例外

つまり、改正法の施行後でも、派遣労働者を派遣先に派遣する派遣元の業者に派遣労働者が無期雇用されている場合には、期間制限のしばりを受けずに、3年を超えて同じ派遣先で派遣労働ができるようになったわけです。

期間制限の例外で無期雇用派遣制度ができた

このように無期雇用派遣という働き方は、労働者派遣法の改正に伴う、派遣労働の期間制限の例外で生まれた新しい派遣の働き方であるということを分かっていただけたと思います。 無期雇用派遣の制度を利用することが多いのは、従来、派遣労働でも期間制限を受けなかった特定26業種の派遣労働者が、無期雇用派遣制度を利用して、同じ派遣先で3年を超えて派遣で働き続けるケースだと言われています。

無期雇用派遣とは、どんな働き方か

無期雇用派遣とは、どんな働き方か

以前の旧法では、派遣労働は一般労働者派遣と特定労働者派遣に区分されていましたが、労働者派遣法の改正で一本化された「労働者派遣業」の派遣形態は、「登録型派遣」と「常用型派遣」の2つに分けられています。この「常用型派遣」の中に新しく生まれた派遣労働の形が、「無期雇用派遣」なのです。

登録型派遣と常用型派遣

改正後の労働者派遣法による労働者派遣業務は、下の図に示すように登録型派遣と常用型派遣という2つの形態で行われます。

登録型派遣と常用型派遣

登録型派遣の働き方は、まず労働者が派遣会社に登録をしておき、労働者の派遣先が決まると、その派遣先で働くという働き方になり、法改正前の一般派遣とほぼ同じ働き方になります。この場合、労働者は派遣先で働いている期間だけ派遣会社と雇用契約を結び、契約している期間のみ給与が支払われることになります。 一方、常用型派遣の働き方は、労働者は派遣会社に採用された時点で派遣会社と雇用契約を結びます。この際、派遣先の決定・未決定は関係なく契約を結びます。そして派遣先が決まっている期間はもちろん、派遣先で働いていない期間でも、派遣会社で勤務するか、または待機をすることで、全期間にわたって給与が支払われることになります。この派遣形態では、同一の派遣先での派遣期間は、改正法の期間制限のしばりを受けて、3年に制限されます。

無期雇用派遣の特徴

無期雇用派遣は常用型派遣の範囲内に含まれる派遣労働として、一定の条件を満たす労働者が派遣会社と期間の定めがない無期雇用の契約を結ぶことによって、改正法の例外として、派遣期間の制限を受けなくなるのです。

無期雇用派遣の特徴

無期雇用派遣の働き方の特徴は、常用型派遣の場合と同様に、派遣先で働いている期間、および派遣先で働いていない期間でも、派遣会社で勤務するか、または待機をすることで、全期間にわたって給与が支払われることに加えて、同一派遣先での3年以上の派遣労働が可能になることです。

無期雇用派遣になるには

無期雇用派遣になれば、同じ派遣先で3年以上にわたって派遣労働を続けられるのですが、派遣会社と無期雇用契約を結べば、誰でも無期雇用派遣になれるわけではなく、一定の条件があります。

無期雇用になる条件

この無期雇用派遣になるための条件とは、労働契約法と労働者派遣法という2つの法律のしばりをクリアしなければいけません。 まず、労働契約法については、有期契約の労働者が同じ会社での更新が5年以上となる場合に本人の申し出により、無期雇用の契約を結ぶことが可能となりました。また改正後の労働者派遣法については、原則全ての業務で同一派遣先での派遣期間が3年までに制限されることになりました。 この2つの法律のしばりをクリアするには、派遣期間の上限で3年、その後に契約社員として最大5年の合計8年間の勤務を続けて、やっと無期雇用派遣になる事ができるのです。無期雇用派遣になるには、2つの法律をクリアしなければいけないので、実際の企業現場ではギリギリのところで契約更新せずに、無期雇用にならないように運用することもあるようです。

無期雇用派遣になるメリット

無期雇用派遣として働く最大のメリットは、派遣でも安定した収入を3年以上の長期にわたって得ることができる点でしょう。登録型派遣の場合は、派遣先がなくなると、収入も途絶えてしまうという大きな不安がつきまといます。 それに比べれば、無期雇用派遣になれば、たとえ派遣先の仕事がなくなっても、派遣元から一定の収入を確保することができます。ここでは無期雇用派遣のメリットをまとめてご紹介します。

収入が安定する

無期雇用派遣になれば、派遣労働者は収入が急に途切れるという恐怖から開放されます。たとえ派遣先が無くなっても、派遣元の派遣会社から一定の収入を確保することができます。最近では、月給制で無期雇用派遣の労働者を雇用している派遣会社も多数現れています。時間給から月給制になるだけでも、毎月の収入が安定しそうです。

福利厚生を受けられる

無期雇用派遣になれば、派遣元の派遣会社の社員として雇用されるので、正社員と同様に会社の各種福利厚生を受けることができます。賞与・交通費・各種割引サービスという派遣社員では普通受けることができない会社独自の福利厚生を享受できるのは、派遣労働者にとって無期雇用派遣の大きなメリットです。

各種研修でスキルアップ

派遣元の派遣会社では、無期雇用派遣の社員が各種研修を受講して、スキルアップをはかることができるようにプログラムを用意している場合があります。どんな事務にも必須のパソコンスキル講習や、TOEICなどの各種資格を取るための受講費補助や無料研修制度が完備されている派遣会社も少なくありません。最近の派遣会社には研修制度に力を入れている会社が増えているようです。

働きやすい派遣先を紹介してもらえる

通勤に便利な派遣先や大手の派遣先などを、無期雇用派遣の社員に優先して紹介してくれる派遣会社があります。働きやすい派遣先を回してもらえるというのは派遣で働く人にはありがたいメリットです。

無期雇用派遣のデメリット

何にでもメリットがあれば、デメリットもあるようです。一見、派遣労働者にとって無期雇用派遣はメリットが多いようですが、ここでは無期雇用派遣のデメリットをまとめてご紹介します。

選考が厳しい

派遣先の企業では、人件費を抑えるためにできるだけ派遣労働者が無期雇用派遣にならないように人事を運用する場合があります。派遣元の派遣会社に採用される際にも、無期雇用派遣となれば、厳しい選考があり、両方の理由で無期雇用派遣にはなりにくいという現実があることは忘れてはいけません。

昇給が難しい

月給制で毎月決まったお給料がもらえるといっても、正社員とは違って、昇給が少なかったり、あるいは全く昇給が無かったりという場合もあるようです。

休日出勤を求められる

無期雇用派遣になれば、安定している代わりに、休日出勤などの会社の無理を求められることがあります。会社側からすれば、普通の派遣より良い条件で雇用しているのだから、無期雇用派遣には無理を頼みやすいという事情があるようです。

働き続ける必要がある

無期雇用ですから普通の派遣とはちがって、切れ目なく働き続ける必要があります。派遣で働きながら、長期の旅行や趣味を楽しむことを目的にしている方には、無期雇用派遣という働き方は向かないかもしれません。

派遣労働のメリットがなくなる

無期雇用派遣のメリットの見方を変えると、派遣労働のメリットを捨てていると言えなくもありません。派遣労働の自由を重視する人にとっては、無期雇用派遣は窮屈な働き方になる可能性もあります。

無期雇用派遣と正社員の違い

期間制限のしばりがなく、3年以上も勤め続けることができるのであれば、無期雇用派遣の労働者と正社員とどう違うのか、同じじゃないかと、疑問に感じる方も少なくないでしょう。無期雇用派遣と正社員の違いをご説明します。

無期雇用派遣の人は派遣元の派遣会社の正社員になっているというケースが多いのですが、中には無期雇用派遣の労働者と正社員に待遇や処遇で区別する会社もあります。無期限で雇用をしていても、正社員とは違い、あくまでも無期雇用の派遣労働者の立場は契約社員のままで、労働条件や給与などで正社員との間に格差があるという事例も珍しくはありません。 また、無期雇用派遣の労働者には通勤手当など各種手当がなかったり、福利厚生の面で差がつけられていたりする場合もあります。このように無期雇用派遣は「正社員とは違う」という厳しい現実もあるということを忘れてはなりません。

正社員として働くことも選択肢の1つ

正社員として働くことも選択肢の1つ

無期雇用派遣とはいえ、派遣社員であることに変わりはありません。派遣としての契約が切れるタイミングで、正社員としての働き方を検討してみるのもよいでしょう。 いきなり転職となると、何から始めたらよいかわからない、という方は、首都圏&関西圏で求人数トップクラスの「マイナビエージェント」を使いましょう。 求人サイトとは違い、「キャリアアドバイザー」が直接個別に相談に乗ってくれて、自分が求める条件に合う会社を紹介してくれます。

無理して無期雇用派遣を目指さないという考え方

普通の「派遣社員」で働き続けるか、「無期雇用派遣」になるかで迷っている人には、無理して無期雇用派遣を目指さずに、普通の「派遣社員」のままで働くことを勧める意見もあります。

その意見は次のようなものです。 普通の派遣社員は最初の更新が働き始めて2ヶ月目です。そのとき、もし仕事や職場が自分に合わないなら、2ヶ月でやめて別の派遣を探せばいいだけです。しかし「無期雇用派遣」になったのに、仕事が合わなかった場合には、それでも「辞めたい」と簡単に無期雇用を破棄するのは、もったいないという気持ちが生まれます。正社員として雇用されているので、退職すると職歴に傷がつきます。 また「本当の正社員」と比べて、無期雇用派遣のあなたを「正社員」と同等であると見る人は少ないでしょう。つまり無期雇用派遣は立場が中途半端で、仕事や職場のストレスを抱えるだけになってしまう、と危惧する意見です。

派遣キャリアが目指すべき働き方

派遣労働で働く人が目指すべき働き方を考えるときには、なぜ派遣社員が増えているのかという企業を取り巻く事情を考えてみましょう。

今の企業を取り巻く経済状況では、企業は正社員を増やしたくても、なかなか増やせない、それなのに処理すべき業務量は増えていて、それを賄うには派遣社員に頼るしかないのが、企業経営者の本音ではないでしょうか。そのような状態の企業に対して、いくら正社員での就職を希望しても、なかなか正社員になれないのは、当然のことです。 それなら、正社員をうらやんで卑屈になったりせず、派遣社員の立場で、あるいは無期雇用派遣の立場で、自分の仕事にやりがいを見つけて、スキルアップをはかりながら、キャリアアップを目指すのが正解ではないでしょうか。 皆さんもご自分にとって納得できる派遣キャリアの働き方を探してみてください。きっとあなたの仕事と職場を見る目が変わってくると思います。

派遣の転職を考えてみる

派遣社員として、今とは別の派遣会社に再登録することも、やってみてもよいかもしれません。 サポート体制や給料、求人数は、派遣会社によっても異なります。自分にあった派遣会社を探し、再登録することも検討してみてください。

関連タグ

アクセスランキング