IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

20代エンジニアの年収が「高い人」と「低い人」の違い

年収

20代のエンジニアの方を対象に、年収に大きな差が生まれる理由を紐解き、20代でも年収の高い人と低い人の特徴を比較しながらお伝えしていきたいと思います。

更新日時:

20代エンジニアの年収はどれくらい?

「年収」、それは私たちの生活と切っても切れない存在であり、仕事を選ぶ際の大きな指針の一つと言えます。一般的に、年収は年齢とともに増加する傾向があります。転職サイトDODAの統計によるとビジネスパーソンの年代別平均年収は次のような結果になっています(※1)。 ■20代:350万円 ■30代:455万円 ■40代:570万円 さらに、同統計の20代の年収分布を見てみますと、300万円〜400万円が全体の37.8%と一番大きな割合を占めていますが、全体では300万円〜1000万円までと年収に大きな差が生まれているという統計結果になっています。 そこで、今回は20代のエンジニアの方を対象に、年収に大きな差が生まれる理由を紐解き、20代でも年収の高い人と低い人の特徴を比較しながらご紹介します。 基本的には人件費がほとんどを占めるIT系ではエンジニア(SE)職は他職種に比べ給与が高いです。

年収に深く影響する2つの格差

20代エンジニアで年収の高い人と低い人が生まれる背景には、2つの要因が関係しています。1つ目が、「所属する会社の規模による格差」これは、20代も含めITエンジニア全体の年収に関係する全体的な要因です。2つ目が「職種とビジネススキルの有無による格差」で、個々が持つスキルなどが影響している要因です。以下で2つの要因の詳細をご紹介します。

20代で年収の高い人の特徴1つ目:所属する会社の規模

早速1つ目の要因を見ていきましょう。ここでは、参考資料として、エンジニア応援サイト、Tech総研が発表した所属する企業規模による年収差を表す資料を使用します(※2)。20代のシステム開発エンジニアを例に会社規模を大手、ベンチャー、中小の3つに分類し、所属企業による年収差を見てみますと次のようになっています。 ・大手:100(としたとき) ・ベンチャー:91 ・中小:90 「国内大手」に就職した20代システム開発エンジニアと「国内中小」に就職したエンジニアではスタート時点で10%の差があることになります。わずか10%の差と思うかもしれませんが、資料では続いて30代の場合も紹介しており、「30代後半」では、次のようにその差が20%も広がってしまっています。 ・大手:100(としたとき) ・ベンチャー:89 ・中小:80 20代のエンジニアの方でも、所属する企業によって、スタート地点で年収の差が生まれるという結果になっていますが、給与上昇の期待度という別の観点から統計を見てみますとベンチャー企業に対して給与が上がるという期待感が総じて多いことがわかります。ベンチャー企業に就職し現状給与が多少低くても、会社の未来に対しての投資という感覚や期待感を抱いているということがわかります。

20代で年収の高い人の特徴2つ目:総合的なビジネススキル

次に、個々の職種の側面から年収の高い人の特徴を見たいと思います。20代の転職情報サイト、キャリアコンパスで職種別平均年収のデーターを発表しています。IT技術職の中でトップ3の年収データが次に示しているものです。 プロジェクトマネージャー:483万円 ITコンサルタント:471万円 サーバーエンジニア:392万円 一番下がヘルプデスクの320万円となっており、職種によって大きな差があることがわかります。 上記の統計結果を読み解いてみると、20代でも年収の高い人の特徴が見えてきます。それは、技術者としてのスキルだけを専門とする職種(SE、プログラマ、ネットワークエンジニア)より、上流工程を経験したプロジェクトマネージャーのような管理職で、高いコミュニケーション能力や多角的経営視点といった総合的なビジネススキルを持っている人ほど年収が増加しています。 対照的に、ヘルプデスクなどのようなサポート業務の場合は、高度な専門的スキルやビジネススキルが対象者に求められるているわけではないので年収が低い傾向となっています。20代で年収をあげるには、上流工程の経験し、ビジネスマインドやコミュニケーションを磨くことが重要な要素だと言えます。

労働条件への不満が転職理由になることも

「収入を上げたい」「残業を減らしたい」という気持ちは、転職理由としても上位に上がります。 ■転職理由3位:「給与に不満がある」 ■転職理由4位:「残業が多い/休日が少ない」 ■転職理由11位:「会社の評価方法に不満がある」 ■転職理由18位:「人間関係が上手くいかない」 (出典:DODA2016年データ) 企業の社風によっては、交渉をしても労働条件が変わらないことも。交渉をしにくい、不満を言いにくい空気が漂う職場もあると思います。自分の力で職場の制度や風土を変えることは難しい。だからこそ、他の職場に身を移す決断をするようです。 転職エージェントを活用して、年収、労働待遇ともに改善しよう 慣れない転職活動で、企業選びの力になってくれるのが「転職エージェント」。求人票では分からない各企業の内情を知ったエージェントが、給与や休日数など、あなたの希望の条件に合った企業を一緒に探してくれます。 エンジニア専門の転職エージェントを活用することで、他の転職エージェントを利用するよりも、高年収、高待遇の求人を見つけることができます!

おすすめの転職エージェント

レバテックキャリア

最短9日で内定の、エンジニア専門転職エージェント。他の転職エージェントよりもエンジニア求人が豊富であり、年収アップ実績も多数あります。エンジニアとクリエイターのスピード転職をサポートしてくれます。各企業のとの連携が蜜で、刻一刻と変わる企業の求人をリアルタイムで保有しています。

Geekly(ギークリー)

エンジニア特化型転職エージェント。技術に詳しく、迅速な対応が特徴。精鋭コンサルがあなたの転職を協力サポートしてくれます。数々の経験から醸成された独自のマッチング技術を用いて、希望の求人・経験に合った求人をご提案。

将来を見据えて的確なプランを立てることが重要

いかがだったでしょうか?今回は、20代エンジニアの方の年収差の要因を見てみました。年収が高いことだけがそのひとの満足度を直接あげる要因ではないかもしれませんが、年収が高いということは将来の選択肢の幅を広げるきっかけや引き出しを多く持つことが可能になります。 20代の内から、将来の設計をした上で自分にあった会社やスキルを身につけることで自分の思い描いた生活を送ることができるかもしれません。

いまの年収に不満はありませんか?

年収に不満を持ち、転職を考えるエンジニアは少なくありません。 そんなとき、転職ではなく、「フリーランス」という選択肢を考えてみませんか? 実は、フリーランスになったことで年収をアップさせているエンジニアが数多くいます! フリーランスエンジニアは、基本的に自分で案件を探さなくてはいけません。 自由度が高いからこその苦労がフリーランスには存在します。 そこでオススメなのが、High-Performerという案件紹介サービスです。 High-Performerには、上流の高単価案件が多く、経験豊富なコーディネーターが最適な案件をマッチングしてくれると評判です。 ご登録は30秒で完了するため、まずはカウンセリングから始めましょう!

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング