Stack Overflowとは?質問・回答したくなるシステムが、エンジニアの専門分野を深める。広げる。

入門

「StackOverflow」ってご存知でしょうか。このワードを見て直感的にバッファオーバーフローを思い浮かべる方もいれば、エンジニアのためのQ&Aサイトを思い浮かべる方もいるでしょう。今回は、Q&Aサイト「StackOverflow」についてご紹介していきます。

更新日時:

Stack Overflowとは

先ほども述べました通り技術者向けのQ&Aサイトです。今は日本版サイトがありますが、それができたのは最近のことで、もともとは英語版でのサイトでした。英語が苦手という方が多い日本人にとって、壁を感じているエンジニアは少なくありませんでしたが、現在は日本人同士で質問や回答をし合っています。 エンジニア向けのQ&Aサイトは、今までもありましたが、StackOverflowはユーザーがよりサイト内で良い影響をし合えるよう、細かな工夫がされているのが特徴的です。では実際の大まかな特徴を見ていきましょう。

人の質問を編集できる

自分のだけでなく、他人の投稿にも編集ボタンが付いていて、編集ボタンを押すと、その投稿文が表示され内容を変更することができます。もちろん荒らし行為を止めるために、投稿者の承認があるまでは、編集しても反映はされません。同じように、回答に対しても編集申請が可能です。 これらは、「よりよいコンテンツを。」という意味合いでStack Overflowが設けている機能です。

質問・回答に対してコメントをつけられる

ちょっとした指摘や、使っている用語の意図がわからなかったりしたとき、コメントで質問したり、代わりに補足をつけることができます。 ただし、このコメント機能で質問の回答が完結してしまわないよう注意が必要です。コメントで問題が解決されてしまうと、別の人が見たときに、まさか小さく表示されているコメントが回答とは思いもしません。どの回答で解決したのかわかりにくいので、StackOvrflowとしても望む「いいコンテンツ」としての方向性ではないでしょう。 コメント機能が回答にならないよう気を付けましょう。 ※コメントをするためには信用度が50点以上必要です

評価制度で質の良いQ&A作りを促す

回答への評価だけでなく、質問の評価も行うことができるのが特徴的。評価基準は人それぞれではありますが、基本的には何を質問したいのかわからない文章だと、マイナスポイントをもらってしまったり、逆に他の人も気になってた質問をすると、人からプラスの評価をもらったりします。 回答も同様に、全く無関係なことを書いてしまえば悪い評価をつけられますし、間違ったことを書いてしまえば評価を下げられてしまうことがあります。 質問も回答も慎重に丁寧に説明する必要があるのが、Stackoverflowの大きな特徴と思っています。質問者も回答者も閲覧者も、共同作業で良いQ&Aを作っていくいい仕組みですね。

※人を評価する前に自分の評価を上げなければいけない アカウント登録直後、人の投稿にプラスの投票をすると、注意書きが出ます。 Thanks for the feedback! Once you earn a total of 15 reputation,your votes will change the publicly displayed post score. 15以上の評価を一度は集めないと、他人のスコアを評価できません。マイナスの投票をするときには、その責任もあってか、125以上の評価を集めないとダメなようです。丁寧な回答を投稿することによって、他人からプラス票を入れてもらえるように考えを巡らせると、自然と評価が上がっていくでしょう。

評価に応じてバッジが手に入る

ポケットモンスターでジムリーダーを倒すとバッジが手に入るように、評価が上がっていくにつれバッジを授けられます。質問や回答した投稿のところに、自分のアカウント情報が表示されるのですが、そこでバッジの数がカウントされています。バッジの数によって、そのアカウントの信用度がパッとすぐにわかる仕組みです。

今始めておくといいかも?

まだ日本版では1年も経ってないためか、アクティブユーザーは実際そんなにいないのかなっていう印象を受けました。盛り上がっていないなら参加しなくてもいいや、とも思いますが、逆にこの少ないときに始めておくのはチャンスなのかもしれません。 StackOverflowファンだけいる今の状態なら、あなたの質問が見られやすく、あなたの回答による評価が受けやすいでしょう。海外では最大級のエンジニアQ&Aサイトですので、日本でも徐々に広がりを見せていくかもしれません。今始められるといいのでは、と思います。

Stack Overflowを始めてみませんか?

仕事でも評価されると嬉しいように、Stackoverflowでの投稿が評価されるとやる気につながります。もっと他人の質問の問題を解決しようとますます頭を使うようになるでしょう。回答しながら自分の専門分野により詳しくなったり、専門分野が広がったりもしそうです。質問することも大切だし、人に教えることも自分の勉強になりますよね。 後輩に教える機会や、エンジニアでしたら他人が自分のコードを読みやすいようにコメントをすることがあると思います。StackOverflow で説明する力はそういうところでも活きてきそうですね。ぜひStack Overflowを使ってみてください。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)