アメリカのエンジニアの平均年収|日本よりも400万円高い理由とは

転職ノウハウ

エンジニア業界で働く人であれば、アメリカのエンジニアが日本よりも高収入だということは想像ができると思います。今回は、アメリカのエンジニアの平均年収を日本のエンジニアと比較しながら紹介していきます。将来、アメリカでの勤務を考えている方は、目標を具体化させるためにもぜひ読んでみてくださいね!

更新日時:

日本より400万円以上高い!アメリカの平均年収

それでは、アメリカと日本のエンジニアの平均年収を比較してみましょう。 •アメリカ:857万円(※1) •日本:441万円 (※2) アメリカと日本のエンジニアの平均年収は、アメリカの方が400万円以上も高くなっています。

実情はもっと高収入のエンジニアも多い

前文で紹介したアメリカのエンジニアの平均年収は、あくまでもアメリカ全体のものなので企業や雇用形態によっては、年収900~1000万円というエンジニアも数多く存在しています。 2013年に発表されたアメリカの高給企業ランキング(※3)によると、Yahoo!が1482万円、Googleは1446万円、twitterが1420万円、Appleが1418万円、Facebookが1382万円、Microsoftが1235万円となっており、日本のエンジニアの年収と比較すると桁違いの高収入です。 また、フリーエンジニアとして働いているエンジニアの場合は、さらに高額な年収を得られる場合が多く、全米のフリーランスエンジニアの平均年収は864万円、ニューヨークでは1058万円、シリコンバレーがあるサンフランシスコでは1263万円にも上ります。これらのデータから、いかにアメリカのエンジニアが給料の面で恵まれているかが伺えます。(※4,5,6)

アメリカのエンジニアが高収入である背景

アメリカのエンジニアが高収入なのは、専門性の高さから社会的な地位が高い職業として考えられているためです。日本では、システムエンジニアになるために必要な学歴の規定は定められておらず、文系学部の出身でもエンジニアになることができます。しかし、アメリカでエンジニアになろうと考える人は情報系の学部を卒業し、そのほとんどは大学院で修士号、博士号を取得します。つまり、大学入学の時点で、エンジニアになれる人はごく少数に絞られてしまうのです。 また、アメリカはエンジニア業界に限らず能力主義の社会なので、安定した雇用は日本よりも望めないのが現状です。ただ、以前であれば日本の企業の多くは終身雇用制を取っていましたが、最近では必ずしもそうとは言えなくなってしまったため、アメリカの雇用形態が必ずしも日本よりも悪いとは言えません。 日本人がアメリカの企業で働くには、ビザの取得に係る手続きや渡航費、語学、文化の違いといった様々な壁を乗り越える必要があります。さらに、企業の中に馴染むだけではなく、結果も出していかなければなりません。現在アメリカへの転職を考えている人は、転職までの流れだけではなく、実際に転職した後の生活や働き方について考えておくことも大切ですね。

高収入になるにはGreen

「高収入が良いから」という理由だけでアメリカへ行くのは決して容易なことではありません。家族がいる場合は自分一人の意思だけでは行動出来ませんし、アメリカは日本よりも高度な技術を要求されます。しかし、ここで諦めてしまっては他のエンジニアの方と同じです。日本でも収入を上げる方法をご紹介致します。エンジニアに特化した転職サイトGreenを利用し転職することです。 Greenでは、条件別に検索ができるため、「年収1000円以上」など自分の希望の条件を満たしている求人だけを探すことが出来ます。また、グローバル化している企業の求人も豊富に扱っているため、アメリカでエンジニアをする第一歩となる企業に出会える可能性もあります。 Greenで転職をし、年収を上げ仕事を充実させながら、休日には家族や友達とすきなことをする。そんな生活理想理想ですよね。まずはGreenに自分の希望の条件を満たした求人があるか覗いてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)