プログラマーの仕事内容、どんな人がプログラマーに向いている?

転職ノウハウ

プログラマーがどのような仕事をしているのか、わからないという方も、少なくないと思います。そこで、今回はプログラマーの仕事内容について、ご紹介していきます。プログラマーへの転職を考えている方、必見ですよ!

更新日時:

プログラマーとはどんな職業?

プログラマーの仕事は主に、アプリケーションやシステムを作成する為に、プログラムを組むことです。また、作成したプログラムにバグなどがないか、テストをすることも仕事内容に含まれます。 それでは、プログラマーの仕事内容について、細かく見ていきましょう。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容は、主にプログラムを組むことと、システムバグなどを発見することです。 プログラマーが組むプログラムは、企業やプロジェクトによってさまざま。企業向けのシステムからwebサイト、一般的に使われる家電製品やスマートフォンなど、日常で使うあらゆるコンピュータシステムのプログラミングに携わっています。 一般的には、「システムエンジニア」がクライアントなどの要望を受け、どのようなシステムやアプリケーションを開発するのか設計し、その設計書を元にプログラムを組むことが多いプログラマーですが、仕事内容は企業やプロジェクトなどで異なります。プログラマーでも設計に携わる場合がありますし、反対にシステムエンジニアが、プログラマーの業務内容であるプログラムの作成に関わることもあります。 また、プログラマーのもう1つの仕事内容が、作成したシステムのテストを行うことです。仕様上のバグがないか、また設計書通りのものになっているかどうかなどを、テストして確認します。企業によって工程などは異なりますが、プログラマーが単独でテストを行う場合もあれば、システムエンジニアと協力して確認するケースもあり、更にはどちらも行うこともあります。 上記は、あくまでも一般的なプログラマーの仕事内容ですが、キャリアや経験を積むことで、プログラマーとシステムエンジニアの境目が曖昧になることもあるそうです。プログラマーへの就職や転職を考えている方は、企業によってプログラマーの仕事内容やポジションが異なる可能性があるので、しっかり確認することをおすすめします。

プログラマーに向いている人物とは

プログラマーという職業は、人によって、向き・不向きがある職業だと言われています。「SE年収1000万までの道のり」によると、約60%の人が、プログラマーの適性を持たないそうです。では、どのような人がプログラマーに向いているのでしょうか? 新しいことに積極的に挑戦する人 作業を黙々と進めるのが得意な人 コミュニケーション能力が高い人 プログラマーに限らず、IT業界はトレンドの移り変わりが激しい為、新しい技術や知識を常に吸収していく必要があります。また、新しいアイディアを考えたり、思い付いたりする発想力も大切。そして、それを実行に移す行動力も欠かせません。 それから、プログラミングをひたすら続ける、集中力や継続力も、プログラマーには大切です。現場では、1日中誰とも話さず、プログラミングをし続けていることもあるのです。そのような環境や働き方でも苦痛に思わない人でないと、続かないかもしれませんね。 更に、コミュニケーション能力が求められる仕事でもあります。プログラミングを黙々としていく反面で、バグや問題があればチームで相談する必要がありますし、システムエンジニアとは常に連携を取って仕事を進めていく必要があります。プログラミングの技術が高いだけでは、スムーズに業務を進めていくことが難しい場合もあるのです。 今回、プログラマーの仕事内容や、プログラマーに向いている人の特徴をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?プログラマーという職業に興味がある方や、転職を考えている方は、仕事内容や向き不向きを参考に、プログラマーという職業について考えてみることをおすすめします。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)