IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

デザインに興味あるエンジニア必見!デザインツール121個がまとめられた「Sans Francisco 」なら、必要なツールが簡単に見つかる!

デザイン

デザインに興味あるエンジニア必見!デザインツール121個がまとめられた「Sans Francisco 」なら、必要なツールが簡単に見つかる!

更新日時:

近年はエンジニアであってもWebデザインへの関心が高かまっていますね。初めての人にとっては、デザイナー向けのレファレンスサイトとかツールが無限のようにありすぎてよくわからなかったり、人に聞いたりするなど探すのに時間と労力がかかることが多くありませんか?

そんなエンジニアの方向けに時間と手間を解消してくれそうな海外のキュレーションサイトがあったので紹介してみたいと思います。

Sans Francisco

リンク:「SansFrancisco

デザイナーのRobinson Greig氏のサイドプロジェクトであるSansFranciscoは、デザインに必要なリソースやツールがまとめて集められたサイトです。Robinson氏が独学でデザインの勉強を始めた時に質の高いリソースサイトを探すのに苦労した経験から誕生したサイトのようです。ある程度使えそうなリソースサイトが選ばれているので、登録しておくと何かと迷った時などに便利です。

Toolkitのカテゴリーでは、User Research、Typography、ColorPalette、Iconography、StockPhotosなど9種類の項目があり、デザインで必要になりそうなフォントサイトやアイコン、デザインのインスピレーションサイトが厳選してピックアップされています。

 

Sans Francisco

あえて難点をいえば「Google Fonts」、「FontSquirrel」 高品質のフリー素材サイト「Unsplash」などベーシックなサイトが多いので物足りなさと目新しさはあまり感じない部分もあります。

Sans Francisco

リンク:「SansFrancisco

Libraryのカテゴリーでは英語になってしまいますが、GraphicDesign、Inspiration、InteractionDesignなど各カテゴリーに分類されたデザイナー向けの”読むべき”書籍が紹介されています。

今回紹介した「SansFrancisco」はWebデザインに興味のある方を対象にしたキュレーションサイトです。バリバリのデザイナーさんには少々物足りないかもしれませんが、これだけのサイトがまとまってあると重宝ですのでブックマークしておいても損はないと思います。紹介されているベーシックなリソースサイトを出発点に、自分のスキルやニーズに応じて他のサイトを発掘してみると良いと思います。

いまの年収に不満はありませんか?

独自の求人を持つことで多くの企業の紹介が可能

エンジニア・クリエイターに特化したフォローアップ体制で転職を有利に進めることができます。 企業別の対策が詰まった面接詳細や模擬面接、客観的に強みを引き出すカウンセリング、また驚くほど企業の評価が変わる職務経歴書の添削など、あなたにあった方法で転職をスピーディーかつスムーズに行うことができます。

企業との絶対的な信頼関係を実現

転職エージェント以外にフリーランスの参画サポートサービスを8年以上に渡り運営しており、数多くのIT・Web系企業と取引があります。そのコネクションを活かして、現場プロジェクトマネージャーとの情報交換MTGを年間累計3000回以上実施しています。 そのため企業から絶対的な信頼を得ています。この信頼関係があるため、通常より短い期間での面接設定→内定を可能としています。

転職のために設計されたフォローアップ体制で転職を有利に

人事担当者やプロジェクトマネージャーとのMTG中に「そういえば、今度◯◯やるから、実はこういう人が欲しいんだよね」といった非公開の求人が出てくるのも、レバテックの強みです。また、競争が激しいWebサービスでは秘密裏に開発を進めるプロジェクトも多いため、予想外の珍しいポジションも存在します。 さらに、求人がクローズしている企業とも日頃からコミュニケーションをとっているため、企業担当者に「実は最近、こんな人が転職を検討しているのですが・・・」という紹介をきっかけに急遽ランチやMTGが設定され、採用に至るケースもあります。

関連タグ

アクセスランキング