IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

派遣の面接/顔合わせはNG?派遣面接の準備・不採用になる人の特徴

転職の面接

派遣で面接が禁止されている理由や、顔合わせは認められている理由などをまとめています。また、顔合わせと面接の違いや、顔合わせで注意する点などもご紹介。派遣として働きたい方や、派遣前の顔合わせを控えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。 

更新日時:

派遣の面接はNG!?面接と顔合わせの違いについて

派遣として働く際、派遣先の企業へ職場見学に行ったり顔合わせを行ったりします。 しかし、一般的な就職活動で行われるような面接や選考は、ほとんどの場合実施されません。 なぜ、派遣では面接をすることがほとんどないのでしょうか?また、面接と顔合わせでは、どのような違いがあるのでしょうか? 今回は、「派遣と面接」をテーマに、関連する情報をご紹介していきます。

派遣先の企業には、派遣の人材を選ぶ権利がない

派遣社員として派遣先の企業へ紹介される際、派遣先の企業から面接や選考をされることは、ほとんどないと思います。 実は、派遣先の企業が面接や選考で、自社に派遣されてくる人材を選ぶ行為は、法律で禁止されています。 そもそも、派遣社員は派遣会社と契約を交わしている、派遣会社の人材です。 その為、派遣先の企業には、面接や選考などを通して、派遣社員を選ぶ権利がそもそもあありません。 あくまでも、派遣会社と派遣先の企業との交渉や取り決めで、派遣社員を派遣するのが、派遣労働というシステムなのです。

履歴書や職務経歴書などから判断することもNG

また、面接以外にも、派遣スタッフに履歴書や職務経歴書を送らせたり、さまざまな選考を行ったりする権利も、派遣先の企業にはありません。 年齢や性別、これまでの職歴やキャリア、スキルなどを参考にして、派遣先の企業が派遣スタッフを選抜したのでは、通常の就職や転職と変わりませんよね。 派遣会社が仲介に入り、個人と企業を結び付ける仕組みこそが、派遣という雇用形態の最大の特徴。 その特徴やシステムから外れるような行為は、違法とされる可能性もあるのです。

禁止されているのは、あくまでも「選考」

とはいえ、派遣先の企業としても、実際に出勤するまでどのような人が来るのか分からない状態では、流石に不安ですよね。 また、派遣される立場としても、どのような職場でどんな人々が働いているのか、事前に確認したいものです。 そこで、事前に顔合わせや職場見学を行うことがあるのです。 派遣社員を選抜する面接や選考は禁止していても、選考を目的としていない顔合わせや職場見学であれば、法律でも禁止されていません。 顔合わせや職場見学は、あくまでも選考目当てではない派遣前のステップの1つという見解で、行われているのです。

面接と顔合わせの違いは、選考の意志の有無

上記で、派遣先の企業には派遣スタッフを選ぶ権利がないことをご紹介しました。 また、選考は禁止されているものの、事前の顔合わせなどは可能であることもご説明しました。 これらの情報を元に、面接と顔合わせの違いについて考えていきたいと思います。 結論から言うと、面接と顔合わせの大きな違いは、「派遣先の企業に派遣される人材を選考する意思が有るかどうか」です。 選考や選抜の為に面接をすることは、派遣に関する法律で禁止されており、その為に派遣には「面接」「選考」というステップが存在しないのです。 とはいえ、顔合わせや職場見学に選考の要素を含ませる企業や事例は多数あります。派遣される人材がどのような人か、選考する為に行うのであれば、「顔合わせ」という名称を使っていても、法律に違反する場合があります。 「顔合わせ」と言いながら、選考のような内容であれば、派遣会社や派遣先の企業が、法律に違反している可能性も考えられるでしょう。

派遣前の顔合わせや職場見学で不採用になる可能性

選考目的ではないということは、派遣前の顔合わせや職場見学で不採用になることは、ありえないことなのでしょうか? 答えは、「いいえ」です。確かに、顔合わせや職場見学は、名目上は選考目的ではありません。 しかし、選考や面接の要素が含まれている場合もあり、職場見学や顔合わせの言動によっては、「派遣として受け入れられない」と派遣先の企業に判断されてしまう可能性もあります。 派遣先の企業、派遣されてくるスタッフを選ぶことは禁止されている為、企業側はあまり大っぴらに採用・不採用を決定することはできません。 しかし、あまりにもマナーや常識に欠けていたり、社会人として非常識な言動を取ったりすると、受け入れを拒否されたり不採用になったりする可能性もあるということは、忘れないようにしましょう。

顔合わせや職場見学で不採用になる人の特徴

基本的には、派遣先の企業が派遣されてくる人材を選抜したり不採用にしたりする行為は、禁止されています。 しかし、あくまでも顔合わせという目的で行われる職場見学などを通して、派遣先の企業から受け入れを拒否されたり不採用にされたりする可能性も、ゼロではありません。 どのような特徴を持つ人が、派遣先の企業から拒否されてしまいやすいのでしょうか?特徴を見ていきたいと思います。

勉強・準備不足

顔合わせや職場見学は、選考目的の面接ではありません。 しかし、顔合わせ・職場見学の場であまりにも常識に欠けた発言や行動をしてしまうと、派遣先としても「スタッフとして来てもらっても、うちでは働かせられない」と感じてしまうこともあるようです。 その代表的な例として、勉強・準備不足があげられます。社会人としてのマナーは守れていても、その会社のことや業界・職種に関する知識があまりにも欠けていると、顔合わせや職場見学で不採用と判断されてしまう可能性があります。 顔合わせや職場見学は面接・選考ではありませんが、最低限の知識として、派遣先の企業の情報やその業界の動向などは、下調べしておくことをおすすめします。

服装

また、顔合わせや職場見学に行った際の服装や印象から、不採用と判断される可能性もあります。 「派遣だから、適当な格好でいいか」という考え方の人もいらっしゃるかもしれませんが、雇用形態に関係なく、一歩社会に出れば誰もが等しく「社会人」と見做されます。 社会人として、企業や取引先を訪問する際、皆さんはどのような服装で出掛けますか?スーツやオフィスカジュアルを連想する方が多いのではないでしょうか? 職場見学や顔合わせも同じです。露出が多い服装やだらしがない印象を与える服装で参加してしまうと、派遣先の企業としても「社会人として、この人を受け入れて大丈夫なのか?」と不安に感じてしまうものなのです。

コミュニケーション能力

また、コミュニケーション能力も、派遣先の企業で派遣として働いていくには、必要なスキルの1つです。 企業側に選考する意思はなくても、顔合わせなどの際の言動がやけにおどおどとしていたり、会話が繋がらなかったりすると、派遣先の企業としても不安になってしまいます。 職種にもよりますが、特に接客や電話応対などの職業の場合は、致命的な欠点と見做されてしまう可能性もあるでしょう。 挨拶や返事をはっきりし、会話の内容にきちんと耳を傾けるだけでも、コミュニケーションはしっかり成り立つので、苦手な方はそういった点を意識してみて下さい。

顔合わせや職場見学での質問

顔合わせや職場見学では、派遣先の企業と派遣される人材が質問し合うこともあります。 その際に、派遣先の企業から面接や選考を意識したような内容を質問することも、基本的には禁止されています。 しかし、お互いのコミュニケーションとしての質問であれば、派遣先の企業からも、派遣される人材からも、相手に質問をすることが可能です。 派遣先の企業からされることが多い質問としては、「いつから働けそうか」という質問が挙げられます。 状況にもよりますが、このような質問を企業からされた時は、なるべく早く出勤してほしいという意思の表れとも受け取ることができます。 また、スキルや技術が必要な業務の場合、スキル・技術に関する質問をされることもあるでしょう。出来ないことを出来ると言ってしまうと、派遣されてから苦労することになるので、出来ないことははっきりと出来ないと答えることをおすすめします。

自分から質問をする場合

顔合わせや職場見学は、面接や選考ではないので、職場や業務について気になる点や分からないことがあったら、派遣社員の方から質問することも可能です。 例えば、業務内容の詳細や1カ月の残業時間の目安など、知らずに入社してしまうと、後から後悔してしまうようなこともたくさんあると思います。 「質問をしたら、不採用にされてしまうかも…」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、上記でもご紹介したように、顔合わせや職場見学を選考目的に利用し、派遣される人材を派遣先の企業が選ぶ行為は、基本的には禁止されています。 ですから、分からないことはどんどん質問するようにしましょう。

派遣を辞退することも可能

顔合わせや職場見学に参加してみたものの、職場の雰囲気や現場の人々の様子が気になったり、「思っていたのと違う」と感じたりすることもあると思います。 そのような違和感や不快感を感じた場合は、なるべく早く派遣会社に相談しましょう。契約を交わしてしまってから辞めると、何かと面倒なことも多いですが、まだ派遣の契約を交わす前であれば、比較的簡単に辞退できる可能性があります。 どうしても、「派遣してもらう」と考えると立場が低くなってしまいがちな派遣スタッフですが、派遣会社とも派遣先の企業とも、立場は公平です。派遣を辞退したい場合は、しっかりとその旨を派遣会社に相談するようにしましょう。

派遣先の企業が派遣される人材を選ぶのは、NG

いかがでしたでしょうか?今回は、「派遣と面接」というテーマで、派遣において面接をすることの違法性や、顔合わせと面接の違いなどをご紹介してきました。 基本的に、派遣先の企業が派遣される人材を選ぶ行為は、法律で禁止されています。 しかし、あまりにも常識がない人や働くスキルがない方を派遣されても、企業としては困ってしまいますよね。 そこで、お互いの雰囲気や条件、意見などを確認される為に行われるのが、顔合わせや職場見学です。 面接や選考をすることが禁止されているとは言え、中には顔合わせなどの雰囲気や言動で、不採用と判断する派遣先の企業も存在します。 上記のように、顔合わせや職場見学を選考の目的で利用することは違法ですが、あまりにも常識に欠けた言動をしたり、社会人としてのマナーがなっていなかったりした場合は、不採用と判断されても仕方がない場合もあります。 ですから、顔合わせや職場見学であっても、油断をすることなく気を引き締めて参加することをおすすめします。

派遣ではなく、より良い労働環境で働きたい…

派遣に限らず、より良い労働環境を求めたいという気持ちは、転職理由としても上位に上がります。 派遣という立場では、交渉をしても労働条件が変わらないことも。また交渉をしにくい、不満を言いにくい空気が漂う職場もあると思います。自分の力で職場の制度や風土を変えることは難しい。だからこそ、他の職場に身を移す決断をするようです。 慣れない転職活動で、企業選びの力になってくれるのが「転職エージェント」。求人票では分からない各企業の内情を知ったエージェントが、給与や休日数など、あなたの希望の条件に合った企業を一緒に探してくれます。 自分に合った企業へ転職をしたい方には「マイナビエージェント」がおすすめです。 首都圏&関西圏を中心に求人数トップクラスの「マイナビエージェント」では経験豊富な「キャリアアドバイザー」があなたの希望条件を満たしている求人を紹介してくれるため、あなたの働きたい条件に合った企業へ転職することができます。 無料で利用できるため、まずは登録してみてはいかがでしょうか。

Mayonezがおすすめする派遣サービス5選

あなたはどんな働き方をしたいですか? ・ワークライフバランスを重視したいすっきりとした人間関係でいたい会社の外に仕事の相談をできる人が欲しい これらのどれかに当てはまる人がいたら、「派遣」という働き方を考えて見てもいいでしょう。 下記の記事で、派遣で働くことのメリットMayonezがオススメする派遣サービスを紹介しているのでチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング