IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

派遣を辞めたいときはどうすればいい?|理由の作り方と例・今すぐ辞める方法

退職ノウハウ

契約期間中に、派遣の仕事を辞めたいと思ったら、皆さんならどうしますか?ここでは、契約期間中に派遣の仕事を辞めたいと思った際の対処法や退職するまでの手順、退職理由の考え方などをご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さいね。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 派遣を辞めたくなったら、早めに派遣会社に相談
  • 辞めたい理由によっては、状況の改善に対応してくれるケースも
  • 次の職場が見つかるまでのつなぎには「フルキャスト」がおすすめ

事情があって派遣を辞めたい…。でももし辞めてしまったら、仕事や収入が心配。 そんな方にはフルキャスト」がおすすめです。 最短1日から長期のお仕事がそろっており、さらに給料の即日払いができるので、退職後でも収入の不安なく転職活動ができます。

どうしても辞めたい!今すぐ派遣を辞める方法について

派遣会社に登録し、無事派遣先を紹介してもらい、いよいよ派遣社員としての勤務スタート!新しい生活を前に、期待に胸を膨らませる方も多いことでしょう。 しかし、派遣先の労働環境や人間関係、また個人的な事情や家庭の問題などで、どうしても派遣として働くことを辞めたくなってしまう場合も、あるかもしれませんね。 もし、派遣として働いているものの、何らかの事情で辞めたいと思った場合、どうすれば良いのでしょうか?既に契約してしまったのだから、期間が終わるまでは働き続けなくてはならないのでしょうか?それとも、辞める方法があるのでしょうか? 今回は、上記のような疑問を解消するため、派遣として働いている期間中に辞めたいと思った際の対処方法などをご紹介していきます。

派遣を辞めたいと思ったら、まずは派遣会社に相談する

「この会社で働き続けるのは無理だ…辞めたい」と思ったとき、まずどうすれば良いのでしょうか? 結論から言うと、派遣を辞めたいと思ったら、まずは派遣会社に相談します。派遣会社の中でも、特に自分の担当者や営業担当の方に相談できると、ベストと言えるでしょう。 電話やメールなどで相談をしても構いませんが、可能な限り対面で直接顔を見ながら相談することをおすすめします。その場で具体的な解決方法や対処法が聞けますし、自分の考え方や希望などを誤って解釈されてしまうリスクも減る為です。 また、対面で話すと表情や口調からも感情を伝えられる為、切実であることがより伝えやすいでしょう。

派遣会社を通さないで、派遣先に退職の相談をするのはNG

上記でもご紹介したように、派遣を辞めたいときは、まずは派遣会社に相談するようにしましょう。 その場の感情や判断で、派遣先に退職の相談をするのは、絶対にやめましょう。もちろん、派遣会社に相談した上で、指示に従って派遣先に退職の相談をするのであれば問題ありません。 しかし、派遣会社が知らないうちに、派遣先に退職の相談をしてしまい、派遣会社には事後報告という流れになってしまうと、派遣会社にも派遣先にも迷惑をかけてしまうことになります。 最悪の場合、派遣会社とも派遣先とも揉めることになるので、自分の判断で派遣会社を通さずに派遣先に退職の相談をすることは、絶対にしないようにしましょう。

派遣会社への退職の相談は、なるべく早めに

派遣先の企業で働くことに苦痛を感じている場合、「こんな会社、一刻も早く辞めてやる!」と思うかもしれませんね。 しかし、派遣会社に派遣先を退職する相談を持ち掛ける場合は、なるべく早めに相談し、相談から実際の退職日まで、ある程度の日数を設けることが大切です。 例えば、前日になって急に、「派遣先の企業を明日辞めたい」という相談を受けたら、皆さんが派遣会社のスタッフだった場合、どう思いますか?大切な取引先である派遣先の企業にも迷惑を掛けますし、前日では連絡や手続きなども間に合いませんよね。 派遣会社に派遣先を退職する相談を持ち掛けるときは、なるべく日程に余裕を持つようにしましょう。一般的には、実際に退職したい日の1カ月前くらいがベストと言われています。 早く辞めたい気持ちもわかりますが、社会人として責任を取る為にも、退職の相談はなるべく日程に余裕を持ってするようにしましょうね。 次のお仕事を別の派遣会社に相談したいときは満足度の高いアデコがおすすめ。

派遣を辞めたい場合、「2週間前」は通用しない

上記で、契約途中で派遣を辞めたい場合、どのタイミングで派遣会社に相談すれば良いのかをご紹介しました。結論としては、少なくとも1カ月くらい前から、できるだけ早めに相談することがベストということになりました。 「あれ?でも、よく正社員は退職の意志を示して2週間すれば、退職できるって聞くけど…?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。 確かに、正社員として働いている場合は、労働基準法によって、退職の意志を会社に示して2週間(※1)が過ぎれば、会社が引き止めたり承諾しなかったりしても、退職することが可能です。 しかし、派遣の場合は上記のような法律が通用しません。基本的には、仕事を辞めたいことを伝えてから、いつ退職するか、契約を結んでいる派遣会社などと相談することになります。 また、派遣会社によっては、契約の段階で、仕事を辞めたい場合の手続きや期間に関する内容について決めている場合も。仕事を辞めたいと思ったら、契約書を確認し、どのようにすれば辞められるのか、辞めるまでにどれくらいの期間が必要が、調べてみることをおすすめします。

契約期間中に派遣を辞めた際、周囲に与える影響について

派遣会社や派遣先の企業としっかり話し合った上であれば、契約期間中でも派遣の仕事を辞めることは可能です。 しかし、契約期間中に辞める場合、周囲にどのような影響を与えてしまうのかについても、社会人としては把握しておく必要があります。 そもそも、派遣先の企業は、派遣されてきた人材は、契約期間中は働いてくれるものと見做しています。つまり、契約期間中は、事業や業務の頭数として、しっかりカウントしているというわけです。契約期間中に辞めるとなると、その計画が大幅に狂ってしまい、人手不足に陥る可能性があります。 また、引継ぎや後任の人材を探すこともしなければならなくなり、業務が大幅に遅れる可能性も考えられます。 そのような被害を被った派遣先の企業は、派遣会社のことを信頼しなくなるでしょう。派遣会社にとって、派遣先の企業は大切な取引相手。つまり、派遣会社と取引相手の関係を悪化させてしまったり、最悪の場合は派遣会社の取引相手を減らしてしまうことにも繋がるのです。 辞めたいという気持ちを優先して、然るべき手順を踏まずに無責任な辞め方をすると、派遣会社や派遣先の企業に迷惑を掛けることになります。社会人として、他人に迷惑をかけない生き方をしていくためにも、仕事を辞めたいときは慎重に行動するようにしましょう。

派遣を辞める理由の考え方と具体例

派遣会社に、派遣の仕事を辞めたいと相談をすると、辞める理由を尋ねられることも多いと思います。 しかし、理由によってはトラブルに発展したり、派遣会社に悪い印象を与えてしまう可能性も考えられるため、辞めたい理由を話す際は、慎重に内容を考える必要があります。 では、どのような理由であれば、穏便に辞めることができるのでしょうか?派遣を契約の途中で辞める場合の理由の考え方や例をご紹介していきます。

体調を崩した

契約期間中に派遣として働くことを辞めたい理由として、特に無難だと言われているのが、体調に関することです。 「働いていたら、体調を崩してしまった」「体調を崩してしまい、出勤することが難しい」などの理由であれば、派遣会社からも派遣先の企業からも「やむを得ない事情」と捉えられるでしょう。 また、体調を崩している人を無理矢理働かせることは基本的にできないため、引き止められたり先延ばしにされたりするリスクも少ないと考えられます。

家庭の事情

自分の体調の問題に続いてメジャーな退職理由が、「家庭の事情」です。特に、「家族が体調を崩した」「身内の具合が悪くて、看病しなければならない」といった「家族の体調不良」は、退職理由として話しやすいものの1つです。 具体例としては、「親が体調を崩し、介護をすることになった」「親の介護で一緒に暮らすことになり、現在の職場へ通勤することが難しい」「配偶者の体調が崩れ。長期的な看病が必要だと思われる」などが考えられます。 基本的に、家庭の事情や家族の体調不良は、派遣会社側からすると確かめようがないため、嘘の退職理由として使っても、バレにくいと考えられます。

辞めたい理由を素直に話す

嘘を吐くことに罪悪感を覚えたり、嘘を吐いてバレるのが怖いと思ったりする方は、思い切って正直な理由を話してみるのも、1つの方法です。 なぜ辞めたいのか?を相談することで、派遣会社の方が親身に対応してくれるケースもあります。 しかし、本当の理由を話してしまうと、辞められない場合もあります。派遣会社としては、せっかく派遣まで漕ぎ着けたのに、契約の途中でトラブルが起こるのは、なるべく避けたいもの。何とか説得して思い留まらせようとする場合もあります。 例えば、「人間関係が嫌で辞めたい」と相談したら、人間関係について何とか対処しようとしますし、「労働環境が良くない」と言えば、その点を改善するよう、派遣先の企業と相談することもあるでしょう。 「問題点が改善されたら、まだ働き続けても良い」と思っているのであれば問題ありません。しかし、「何が何でも辞めたい」と考えている場合は、引き止められたり改善案を提案されたりする可能性があると認識しておきましょう。

嘘の退職理由を話す際は、なるべく曖昧に

体調不良や家庭の事情などは、派遣の仕事を確実に辞めたいときには、使いやすい退職理由だと思います。 しかし、体調不良などを退職理由にした場合、時には診断書や通院している証拠の提出を求められることもあります。 嘘の理由として体調不良を使った場合、それらの証拠が提出できない可能性も考えられます。そのため、体調不良や家族の体調不良を退職理由にする場合は、症状や病名を明確にしたり、大袈裟に表現したりするのは、避けた方が無難でしょう。

派遣の退職理由は、深刻に話し過ぎてもダメ

派遣の仕事を辞めたい理由を派遣会社に話す際、「深刻な理由でないと、引き止められたり聞き流されたりして、辞められないかも?」と思う方も、いらっしゃるかもしれませんね。 しかし、体調不良などを退職理由にする際は、症状や病状などをあまり深刻に話し過ぎないよう、注意しましょう。 深刻な内容の場合、派遣会社としても責任を感じてしまったり、困惑してしまったりする可能性があります。

派遣先の悪口は言わない

退職理由を正直に話す際、派遣会社に派遣先の悪口を言うのは、避けた方が良いでしょう。 派遣会社にとって、派遣先の企業は取引相手です。派遣先の悪口や良くない点ばかりを告げられても、派遣会社としては対処しづらいでしょう。 また、状況によっては、個人である派遣スタッフとの付き合いよりも、今後も取引を続けていくであろう取引先の企業との関係を優先させる場合もあります。そのような場合、祖談したことを受け流されてしまったり、何かと引き止められて退職できなかったりする可能性も。 派遣先の企業に問題があって辞めたい場合も、言い方を選ぶなど工夫をし、なるべく派遣先の企業の悪口にならない理由で退職することをおすすめします。

派遣の仕事を辞めたい時は、責任を持って辞めることが大切

いかがでしたでしょうか?今回は、「契約期間中に派遣の仕事を辞めたいとき」をテーマに、対処方法や注意点などをご紹介しました。 派遣先の企業にもいろいろな企業があり、中にはブラック企業や働きづらい職場も存在します。そのような環境で働いていて、「もう辞めたい」と感じたら、無理をする必要はありませんよ。 しかし、辞めたいからと言って、派遣先の企業に直接相談するのはやめましょう。派遣は、派遣会社という存在があってこそ成り立つ雇用形態。その派遣会社を無視して話を進めてしまうと、トラブルに発展することもあるのです。 派遣の仕事を辞めたいときは、社会人として責任を持って派遣の仕事を辞めるよう、派遣会社にしっかり相談し、穏便に退職できるようにしましょう。

次の職場を見つけるまでつなぎを探す方

次の職場を見つけるまでつなぎを探す方

派遣をやめたあとにすぐには仕事が見つからない可能性も高いです。そこで、次が見つかるまで、日雇いなどでつなぐ方も多くいらっしゃいます。 そういう方にフルキャスト」がおすすめです!

記事のまとめ
  • 派遣を辞めたくなったら、早めに派遣会社に相談
  • 辞めたい理由によっては、状況の改善に対応してくれるケースも
  • 次の職場が見つかるまでのつなぎには「フルキャスト」がおすすめ

Mayonezがおすすめする派遣サービス5選

あなたはどんな働き方をしたいですか? ・ワークライフバランスを重視したいすっきりとした人間関係でいたい会社の外に仕事の相談をできる人が欲しい これらのどれかに当てはまる人がいたら、「派遣」という働き方を考えて見てもいいでしょう。 下記の記事で、派遣で働くことのメリットMayonezがオススメする派遣サービスを紹介しているのでチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング