IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定ブルーとは?転職時に陥る原因・解消方法|内定辞退するべきか

更新日:2020年03月08日

転職の悩み・不安

転職先の内定が決まった!でも不安で不安でしかたない。もしかしたらそれ内定ブルーかもしれませんよ。内定ブルーはあなたの心の中のちょっとした引っかかっている事が原因かもしれません。そこで今回は転職時の内定ブルーの原因と解消方法をご紹介していきます。

転職時の内定ブルーの原因6つ目「通勤ラッシュの可能性がある」です。 今まであまり通勤ラッシュと無縁の通勤をしていた人にとって通勤ラッシュの時間は憂鬱です。勤務地の最寄り駅の沿線が都内の主要沿線になればなるほど込み方がひどく、電車の遅延や満員で乗れない事も良くあります。転職することで通勤ラッシュに巻き込まれる事を考え不安になり内定ブルーに陥る人も多いでしょう。

⑦環境の変化

転職時の内定ブルーの原因7つ目「環境の変化」です。 転職は新しい環境の職場で働き出して慣れるまでがとても不安です。今までの働き慣れた職場の環境から別の職場に代わってしまうのですから、不安を感じるのは当然ですね。しかし新しい環境への希望以上に不安が勝ってしまうと考え込んでしまい、内定ブルーになって悩んでしまうでしょう。

転職時の内定ブルーの解消方法

転職時の内定ブルーには様々な原因がある事が分かりました。このような内定ブルーを解消する方法は何かないのでしょうか。ここでは内定ブルーを解消する方法をいくつか挙げていきます。

①納得できるまで転職活動を続けてみる

転職時の内定ブルーの解消方法1つ目「納得できるまで転職活動を続けてみる」です。 内定ブルーの原因は妥協で転職先を受けてしまった事や第一希望の企業が落ちてしまった事など、自分の中でどうしても納得ができていない事にあります。 納得できない気持ちを抱えたまま転職先に入社するよりは、内定企業の入社までの間に自分が納得できる企業を受け続けて納得できた上で、入社した方が良いでしょう。 そうしないといつまでも内定ブルーは付きまといます。後悔する生き方よりも後悔しない生き方を選んだ方が結果は良い事もあります。納得できるまで転職活動を続けてみるのも内定ブルーを解消するための一つの方法なのです。

②本当に受けたい企業を受けてみる

転職時の内定ブルーの解消方法2つ目「本当に受けたい企業を受けてみる」です。 転職では次の職場を早く決めたい気持ちもあり焦ってしまう事もあり、妥協で自分が内定できそうな確率の高い企業のみ選んでしまいがちです。 内定の確率が低い企業を敬遠して応募せずに後悔してしまうよりは、内定される確率の低い企業でも本当に受けたい企業であれば受けてみる方が良いでしょう。

③勤務地の候補地を調べる

転職時の内定ブルーの解消方法3つ目「勤務地の候補地を調べる」です。 内定ブルーの原因が勤務地が不明な場合、勤務地付近に楽しみやどのあたりが候補になるのかも見つけておくと働き始めた時の楽しみになります。

不安を楽しみに変える事

勤務地が分からない事に目が向いてしまっているので不安であるわけです。その不安を楽しみに変えてみる事で内定ブルーを解消される事もあります。 勤務地になる候補地の地図を見て、あの「お店行ってみたい!」「近くに大型のショッピングモールがある」など楽しみにがあるとワクワクしてきますよね。 このような楽しみを見つけておくといつの間にか内定ブルーな心の不安が消えている事もあります。内定ブルーになった時は職場の近くにワクワクできる物を見つける事も大事です。 不安が少しでもある人は、誰かに相談するといいでしょう。経験豊富なプロがアドバイスしてくれるエージェントを活用すると、少しは心がスッキリするかもしれません。

④全国転勤がある企業は楽しみも多い

転職時の内定ブルーの解消方法4つ目「全国転勤がある企業は楽しみも多い」です。 全国転勤があるという事は仕事でありながらあちこちの地方へ仕事で行く事になります。知らない土地に転勤になるのは不安ですよね。

次のページ:⑤通勤ラッシュの時間帯把握し避ければ良い
初回公開日:2016年12月20日

記載されている内容は2016年12月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング