IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定ブルーとは?転職時に陥る原因・解消方法|内定辞退するべきか

初回公開日:2016年12月20日

更新日:2020年03月08日

記載されている内容は2016年12月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職の悩み・不安

転職先の内定が決まった!でも不安で不安でしかたない。もしかしたらそれ内定ブルーかもしれませんよ。内定ブルーはあなたの心の中のちょっとした引っかかっている事が原因かもしれません。そこで今回は転職時の内定ブルーの原因と解消方法をご紹介していきます。

内定ブルーとは 内定後に起こる不安や迷いで気分が落ち込む事

転職活動をしていて内定通知をもらい、喜んで内定承諾書にサインをして発送したのになんだか気分が落ち込む事があります。本当にこの企業に転職して良いのか、他にも良い企業はあったのにと迷いや不安が湧き出てくることがあります。 これが内定ブルーです。就活や転職活動の内定後に起こってしまう不安や迷いで気分が落ち込む事を言います。

転職時の内定ブルーの7つの原因

転職時の内定ブルーはなぜ起きてしまうのでしょうか。原因について知っておけば解消するためのヒントになるかもしれません。ここでは転職時の内定ブルーの原因を解説していきます。

①第一希望ではない企業の内定

転職時の内定ブルーの原因1つ目は「第一希望ではない企業の内定」です。 転職活動で複数の企業を受ける時、第一希望から第三希望までの複数の転職先の企業を絞り込んで応募した方が効率が良いので、複数企業を応募する人もいると思います。 ただし第一希望の企業から内定をもらえず、第二希望と第三希望の企業の内定をもらえた場合、納得できない気持ちとショックで落ち込み、内定ブルーになってしまう事があるでしょう。

②妥協で受けた企業の内定

転職時の内定ブルーの原因2つ目は「妥協で受けた企業の内定」です。 特に応募したい企業が無く、転職先を給料が高い事や条件が良い事などで妥協して選び面接を受けた結果、その企業から内定をもらえた場合は内定ブルーになってしまう事があります。 自分自身で選び掴んだ結果なのですが、妥協で選んでしまった場合、そこまで行きたい企業ではないので気持ちが落ち込んでしまうのです。このように妥協で受けてしまうと内定ブルーになってしまう事があるので妥協で選ばないようにしましょう。

③他の企業が良い企業に見えてしまう

転職時の内定ブルーの原因3つ目「他の企業が良い企業に見えてしまう」です。 転職先企業の中で第一希望の企業の内定をもらったのに、「他にもっと良い企業があるじゃないかそっちを受ければよかった・・」と自分の選択ミスであるかの様に責めてしまい落ち込む事があります。このように第一希望の内定をもらったに関わらず、落ち込んでしまうのが内定ブルーです。内定をもらうと喜びも大きいですが、その分不安や迷いが生じ落ち込んでしまうこともあります。

④勤務地が分からない

転職時の内定ブルーの原因4つ目「勤務地が分からない」です。転職先企業によっては勤務地が複数あり、内定後に勤務地が決まる場合もありますし、突然勤務地が変更になった事を伝えられる事もあります。 自宅から近い勤務地に決まれば問題は無いですが、自宅よりも遠い勤務地に決まってしまう事もあるため、遠い勤務地に決まってしまった時の事を考えると不安で仕方ありませんよね。そのため内定ブルーになる事があります。

⑤全国転勤がある

転職時の内定ブルーの原因5つ目「全国転勤がある」です。 事前に全国転勤がある事を知っていて覚悟の上で応募していたとしても、いざその企業に内定をもらうと不安な気持ちが募り落ち着かなくて内定ブルーで落ち込む事があります。雇用条件に納得の上、応募したのに後になって「本当にここでやっていけるのか」と不安になる人は多いですね。

⑥通勤ラッシュの可能性がある

関連タグ

アクセスランキング