IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【派遣】履歴書の書き方と例・職歴に派遣期間を書くときの注意点

更新日:2020年08月14日

書類選考

派遣会社で働いてきたけど転職する時、履歴書にどのように書けばいいの?こういう悩みありますよね。派遣期間を書く時は派遣元会社と派遣先の会社があるので書き方を間違えると読み難い履歴書になってしまいます。そこで今回は派遣期間を書く時の書き方について解説していきます。

②短期間の派遣先が多い場合の書き方

派遣会社で登録後に短期間の間に複数の派遣先で継続勤務してきた場合は、少し書き方を工夫する必要があります。 通常ならば職歴欄には入社年月日と入社した企業名を書きますが、派遣の場合は派遣会社に登録した年月日を入社日として考え、そこから派遣先の企業名と配属された年月日を下に続けていく形式で書く事になります。 配属先である派遣先については1つの枠に配属から契約終了までまとめて書くようにすると良いでしょう。職歴欄の書き方は派遣先の配属年月日と企業名・配属部署を書き、契約終了については企業名・配属先部署の後に()の中に契約終了した年月日を書くと良いでしょう。 そして次の欄に新しい派遣先の配属した年月日と企業名を書いていきます。 派遣元の企業を辞めた場合は、通常の履歴書の書き方と同じで、退職した派遣会社名と年月日を書くようにすると分かりやすいでしょう。

履歴書に派遣期間を書く時の書き方

ここからは履歴書の職歴欄の派遣期間を書く時の書き方を詳しく解説していきます。

職歴欄1行目

①派遣会社に登録した年月日を書く

履歴書の職歴欄の左側の年月日を書く欄に、派遣会社に登録した年月日を書きましょう。

②派遣会社名を書く

履歴書の職歴欄の中央にある企業名や概要を書く欄に、派遣会社名を正式名称で書きましょう。例えば株式会社を(株)、有限会社を(有)と略して書いてしまうのはNGです。 あと株式会社が名前の前につくのか等の前株後株だったかも調べて書きましょう。細かい事ですが、自分が働いてきた派遣会社や企業にも失礼ですし、人事担当者はこうした細かい部分も見ています。しっかりと確認して書くようにしましょう。 (株)=株式会社 (有)=有限会社

職歴欄2行目

①入社年月日の欄に派遣先企業に配属された年月日を書く

履歴書の職歴欄の左側の年月日の記入欄に派遣先の企業の配属された年月日を記入しましょう。

②企業名の欄に派遣先企業名と配属部署名を書く

履歴書の職歴欄の中央の企業名や概要欄に派遣先の企業名と配属部署を書きましょう。配属部署等の詳細を履歴書に書くか書かないかは任意です。 配属部署を履歴書には書かず省略して職務経歴書に詳細を書いても良いでしょう。配属部署名が長い場合などに職務経歴書に書いても良いでしょう。

③派遣先部署名の語尾に派遣契約が終了した年月日をカッコで囲って書く

履歴書の職歴欄の派遣先企業名の派遣契約の終了した年月日を語尾に分かりやすく()などで囲みいつまで働いていたかを書いておきましょう。 例  平成22年 5月 〇〇グループ 経理課配属 (平成22年8月まで)

3行目~

派遣会社は変わらず次の派遣先を紹介されていて働いていた場合は、履歴書の職歴欄には3行目には2行目と同じよう概要を書いていきます。 内容は2行目と同じなのでここでは省略します。

4行目~派遣会社を退職

派遣会社を辞めた場合は派遣会社を辞めた事も書く必要があります。以下に解説しておきます。

次のページ:履歴書の職歴の書き方例
初回公開日:2016年12月19日

記載されている内容は2016年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング