エンジニア採用に悩むスタートアップが参考にしたい記事10個

転職ノウハウ

ITエンジニア不足が深刻化する現在では、優秀なITエンジニアの確保は企業の業績にかかわる重要事項です。人材確保の競争が激化する中で各成長分野でのエンジニアのニーズは今後も高まりそうです。今回は、「人材確保」の側面に焦点をあて、エンジニア採用に悩むスタートアップが参考になるような記事を集めてみました。

更新日時:

エンジニアの確保は重要課題

ITエンジニア不足が深刻化する現在では、優秀なITエンジニアの確保は企業の業績にかかわる重要事項です。人材確保の競争が激化する中で、FinTech、IoT、AIといった各成長分野でのエンジニアのニーズは今後も高まりそうです。増加傾向のスタートアップですが、新規参入するスタートアップは「資金規模」や「人材確保」といった面で大きなハンデを背負います。 そこで今回は、「人材確保」の側面に焦点をあて、エンジニア採用に悩むスタートアップが参考になるような記事を集めてみました。スタートアップで働くエンジニアであれば、人手不足を痛感していることが多いでしょう。小さいチームでなら、採用は人任せにしておけません。ぜひエンジニアの方自身でも、エンジニア採用に積極的になり、うまく採用を行うための参考としてこの記事を御覧ください。

エンジニア採用に悩むスタートアップが参考にしたい記事10個

それでは早速見ていきましょう。

1.「スタートアップして3年でエンジニア40名、退職者ゼロ〜脅威の定着率を誇るfreeeの組織運営術」

エンジニア・技術者向けWebマガジン「エンジニアtype」からの記事です。エンジニアの離職率という大きな問題と向き合った内容の記事です。脅威の退職者ゼロを誇る企業「freee(フリー)」がどのように組織を編成・運営したのか参考になります。

2.「非エンジニアCEOのためのエンジニア採用5つの鉄則」

非エンジニアの経営者向けに、どのようにエンジニア採用を行うべきか解説している記事です。AWS(アマゾンウェブサービス)のエンジニア採用に携わる松尾氏を招き、5つの項目を説明しています。基本的な事ですが、「エンジニアを理解しよう」という項目は重要だと感じました。

3.「PHPを使う成長するサービスにおけるエンジニア採用の視点」

「PHP」を扱う企業に、どのようにしたら優秀な人材が来るのか、記事内で解説しています。筆者は、若いRuby言語に親しんでいるエンジニアが次の言語に移行するのは、だいたい20代後半からという分析をしています。

4.「スタートアップ初期におけるエンジニアいない問題のベストプラクティスは何か」

スタートアップ立ち上げ初期に起こりやすい、エンジニア不足の解決方法について、わかりやすく説明しています。記事内では社外CTOを設置する事で問題の解決の糸口にしています。

5.「ITの内製化に成功した理由–食い食いっぱぐれないエンジニアを育てる仕組み」

会員制転職サイト「ビズリーチ」取締役の竹内氏が考える組織編成やエンジニア採用に関する記事です。働く人の社内環境づくりの重要性が説かれています。

6.「エンジニア採用が難しいので、エンジニアの転職市場について考えてみた」

エンジニア採用の難しさを考える前に、まずエンジニアの転職事情や競争環境を、具体的な数字とともに正しく理解する事を主旨としている記事。執筆者は、スタートアップ経営者ishikura氏です。

7.「優秀なITエンジニアを採用できない本当の理由」

エンジニアに特化した転職、求人サイト「Paiza」からの記事です。ITエンジニアの採用・教育に関する3つの課題をわかりやすく説明しています。

8.「スタートアップが実践する、ITエンジニア不足の解決策を聞いてきた」

報酬面では大手に勝てないスタートアップが、どのようにエンジニアを確保すればよいのか?新規参入の企業が悩む共通の壁について、ソフトフロントやクラウドワークスといった企業の代表者を交え、問題の解決の糸口を追究していきます。

9.「スタートアップにおけるエンジニア採用のコツ」

TECHFUND創業者・松山氏を迎え、技術者に向けたPR方法や口説き方などを説明しているスライド記事です。

10.「米国スタートアップが優秀なエンジニアの採用に気をつけているポイント」

アメリカのスタートアップ企業の採用事情に関する記事。エンジニアを採用する際の注意点などがまとめられています。

終わりに

いかがだったでしょうか?今回は、エンジニア採用に悩むスタートアップが参考にできるような記事を集めてみました。 資金規模の少ないスタートアップが、優秀なエンジニアを招き入れる事は難しいと言われています。しかし、企業側による報酬面以外でのPRの仕方や工夫によっては、優秀なエンジニアの確保は不可能ではないということが、よく分かりましたね。 もし人手不足で悩んでいるスタートアップの方は、これらの記事で学んだ中で、自分たちのチームに合いそうなエンジニア採用のコツがありましたら、ぜひ実践されてみてください。

優秀なエンジニアにスカウトを送ろう

「Green」はIT、特にWeb系企業に強い転職サイトです。 優秀なエンジニアにスカウトを送ってダイレクトな採用を!

転職なら「レバテックキャリア」!

独自の求人を持つことで多くの企業の紹介が可能

人事担当者やプロジェクトマネージャーとのMTG中に「そういえば、今度◯◯やるから、実はこういう人が欲しいんだよね」といった非公開の求人が出てくるのも、レバテックの強みです。また、競争が激しいWebサービスでは秘密裏に開発を進めるプロジェクトも多いため、予想外の珍しいポジションも存在します。 さらに、求人がクローズしている企業とも日頃からコミュニケーションをとっているため、企業担当者に「実は最近、こんな人が転職を検討しているのですが・・・」という紹介をきっかけに急遽ランチやMTGが設定され、採用に至るケースもあります。

企業との絶対的な信頼関係を実現

転職エージェント以外にフリーランスの参画サポートサービスを8年以上に渡り運営しており、数多くのIT・Web系企業と取引があります。そのコネクションを活かして、現場プロジェクトマネージャーとの情報交換MTGを年間累計3000回以上実施しています。そのため企業から絶対的な信頼を得ています。この信頼関係があるため、通常より短い期間での面接設定→内定を可能としています。

転職のために設計されたフォローアップ体制で転職を有利に

エンジニア・クリエイターに特化したフォローアップ体制で転職を有利に進めることができます。企業別の対策が詰まった面接詳細や模擬面接、客観的に強みを引き出すカウンセリング、また驚くほど企業の評価が変わる職務経歴書の添削など、あなたにあった方法で転職をスピーディーかつスムーズに行うことができます。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)