連載3回目 仕事、自分、周りの人、3つの視点から転職を考える ~SEからコンサルになるという選択~

転職ノウハウ

連載3回目 仕事、自分、周りの人、3つの視点から転職を考える ~SEからコンサルになるという選択~

更新日時:

[編集者前説]
元SEで現在はコンサルとして活躍する田邊氏。彼が語るSEの未来にてついての連載「今後SEのが描く未来の選択肢」の第三回です。
前回は社会人大学院(MOT)について紹介しましたが、今回はSEからコンサルになるというキャリアパスについて。
SEからコンサルに転職することは可能か?SEからコンサルとはどのような関係性があるのか?語っていただきます。

MOTを卒業して

「システムだけにとらわれず、ITとビジネスを一緒に考えたい」
MOTを卒業した私は、そんな風に考えていました。それから転職するまでに様々なことを考えましたが、今回はそれを、SEからの転職を考えている人の参考になるように、3つの視点からまとめてみようと思います。

3つの視点

3つの視点とは、

「①『仕事』が魅力的でやりがいはあるか」
「②その仕事をしている『自分』は、魅力的になれるか」、
「③その仕事をしている自分をとりまく『周りの人』は幸せか」

という3つの視点です。

① 「仕事」が魅力的でやりがいはあるか

まず一つ目は、仕事そのものに魅力を感じるか、ということです。

何に魅力を感じるかは、人によって違うと思います。が、システム開発やもの作り、ソフトウエア技術、設計手法やプログラミング手法に興味がある人はSEに向いているかもしれません。
より上流工程、システムに限らず、ビジネスも含めて問題解決をしていきたいと思っている人は、コンサルタント向きかもしれません。

転職して思うのは、コンサルタントは、すごく謙虚な人が多いということです。人当たりがよく、話しやすい、だけどそれだけで終わらずきっちり成果を求めるタイプが多いように思います。
また、コンサルタントはサービス業であり、またSEよりもずっと成果を求められるため(成果が見えにくいが単価は高い)、そこにやりがいを感じられるかという視点も大事かと思います。

[私の場合]

「そんなことは上を通して言ってください」
SE時代に、新しく追加するシステムの機能について、私が「本当に必要か、効果があるのか」とユーザーさんに尋ねたときに言われた言葉です。

業務とシステムの話をしたかったのですが、そもそも取り合ってはくれませんでした。

ユーザーさんと対等に話がしたい。システムの役割、ユーザー側の経営的な視点も含め、大きな流れの中で物事を考えたい、そう思っていました。
物事の本質的なところを考え、抜本的に仕組みを変えたい。MOTで事例や理論的なことを学びました。
それを実行に移していきたい。MOTでは事例や理論的なことは学びますが、それを実務に活かしたいさないと学んだ意味がない。

物事の本質的なところを考え、抜本的に仕組みを変えたい。だからだからシステムに限ら隔たらず、ビジネスの話をすることに魅力を感じていました。

② その仕事をしている「自分」は、魅力的になれるか

次は仕事ではなく、自分にフォーカスを当てます。
自分の強みを活かし、苦手を克服できるか。、成長できるか、、楽しいか、などです。

もう少し言うと、自分の過去のどこが不満で、その転職をすることによってどう解決するのか。或いは、自分の得意分野、や興味のあることに適合していて、魅力的な将来の自分を想像できるか。などを考えることです。

[私の場合]
私は常に新しいことを求める性格のため、同じ仕事をこれ以上続けることに我慢ができませんでした。
そしてコンサルタントとして新しいチャレンジをして、実力をつけていく自分を想像していました。

私は考えることは好きだけど、効果的にアウトプットするのは苦手だと思っています。エンジニアタイプの人は、もしかしたらこういう人が多いかもしれません。

コンサルタントは「見た目」や「他人にどう見られるか」というのも大事な要素なので、アウトプットをより良く見せる力がつくかなと思いました。

コンサルタントになることで、システムの知識や経営系の知識だけでなく、それらを一緒に考え、そして実践経験を積んでいくことで、自分の知識の幅が広がり、厚みのある実積が得られると感じていました。

実際今は、新しいことにふれ、勉強意欲も沸いてきて、銀行業務や英語についてもっと勉強したいと思っています。

③ その仕事をしている自分をとりまく「周りの人」は幸せか

家族や友人など、特に自分に近い周りの人(広義では社会まで)は、その仕事をしているあなたのことをどう思うだろうか。
仕事が厳しくてSEの時より残業が多くなるのは反対と言う配偶者がいるかもしれないし、たくさん稼いでくるなら、或いはあなたがやりたいことならがんばれと言う親がいるかもしれない。パパかっこいいという子供がいるかもしれない。
きちんと説明できるようにし、よく話し合っておくのがよいと思う。

あとは、報酬の話。報酬が多ければ、家族を幸せにすることができるかもしれません。コンサルかどうかというより、会社の話になってしまいますが福利厚生等も含めてよいと思います。

[私の場合]

結婚や子供の誕生、新居購入などもあり、「周りの人」特に妻の存在は、かなり大きな要素でした。

今までお金についてはあまり考えたことがありませんでした。やりたいことをやればいい、お金は関係ないと。
現在30歳中盤から下の世代は、もしかしたらそういう人が多いかもしれません。

私は自分の価値観は常にアップデートされていくものだと考えていて、常に変えていきたいと思っています。
私の妻は昔起業していたこともあり、お金を稼ぐことをとても大事にしています。
その影響を受け、また家族が増え家を買うのにローンを組み、子供の教育費などのことも考えると、転職をする上でも年収はかなり意識をしなければならない要素となりました。

考えるための軸があるというのはとても重要なことです。
妻からは年収は絶対に下げないことという条件を言われました。これは私にとって結構強力な条件でした。しかし人は制限が多いと逆に色々なことができるようになります。自由すぎると逆にどう動いていいか分からなくなるからです。

未経験のコンサル業務をやるのに、何年もの経験を積んだSEより高い給料を貰わないといけない。蓄積された、独自に進めていた勉強が私の背中を押してくれました。

3つの視点で考えることで、何が良いか

仕事、自分、周りの人、どこに重点を置くかは人によって違うと思いますが、客観的に自分の過去や将来、それから転職先を俯瞰できるのが、この3つの視点で考えることの良いところだと思います。
私の場合、この3つが非常にバランスよく満足しています。

仕事内容は今のところ望んだ通り、今までよりずっとユーザー側に近くなり、また、システム開発やプログラミング、ITの知識を活かし、またMOTで教わったことも交えながらお客様の業務効率化について取り組んでおり、やりがいを感じています。家族についても、年収は微増、まだ若手ということもありこれからしばらくは、頑張ったがんばっただけ上がる見込みがあり、納得のいく結果です。

コンサル以外の選択肢

さて、連載3回目、いかがでしたでしょうか。今回はコンサルへの転職について書きましたが、実は転職をしないという選択肢も考えていました。

この辺りの話しを次回、連載4回目で考えていこうと思います。それでは、次回もよろしくお願いします。

[筆者プロフィール]
orca_share_media1434985848466田邊 圭介
ITコンサルタント。独立系SIerにて約8年間システムエンジニアをし、その後ITコンサルタントへ転職。SE時代には、某大手銀行の大規模情報系Webシステムの開発等に従事し、要件定義から設計、開発、テスト、導入、保守までを先導した。

一方働きながら社会人大学院に通い、2012年に技術経営修士(専門職)(MOT: Master in Management ofTechnology (Professional))を取得。MOTでの研究テーマは、「クラウド時代におけるシステムインテグレータの戦略」。

現在はSE時代の知識を活かし、某大手銀行の業務効率化等に取り組んでいる。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)