IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

パワハラ上司の例・撃退方法・職場から退職すべきかの判断基準

転職の悩み・不安

上司からパワハラを受けると、仕事に行くのが嫌になったり、精神的に追い詰められてしまうこともあるかもしれません。今回はそうなってしまう前にパワハラ上司を撃退する方法、または退職すべきかについて考察しました。ぜひ参考にしてパワハラ上司を撃退して下さいね。

更新日時:

パワハラ上司を撃退しよう

職場の上司には、いろいろなタイプの人がいますよね。できることなら上司といい関係を築き、働きやすい職場の環境にしたいものですが、なかにはパワハラ上司といわれるような上司の下で働くことになることもあるでしょう。

そんなときあなたならどのように対処するでしょうか。実は上司には逆らえないから仕方ないと思い、そのようなパワハラ上司を撃退することを諦めてしまう人は少なくないのです。しかしそれではストレスがたまり、充実した社会生活を送ることはできませんよね。

パワハラ上司に対しては、諦めてしまう前にこれから紹介するような撃退法をまず試してみて下さい。近年では、さまざまなハラスメントに対する社会的な監視の目も厳しくなってきており、以前にもましてパワハラ上司に対処しやすくなってきています。

ではこれから、パワハラ上司にはどのような特徴があるのか、そして、さまざまなパワハラ上司を撃退するためにどのような方法が有効なのか考えていきましょう。

パワハラ上司の特徴①権力をふりかざす

パワハラ上司の最大の特徴は、職場での自分の立場の優位性を利用して、部下に高圧的な態度をとるというものです。

このような人は「自分のほうが立場が上だからこのくらいのことは当然してもよい」と本気で考えている場合も多く、平気で言葉の暴力や、場合によっては身体的な暴力をふるってくることがあります。自分は上司として部下のために指導してやっていると考えている人もいるのです。

また、こちらが反発しようとすると、「お前みたいなやつはいつでもクビにできるんだぞ」というような脅し文句を言ってくるような上司もこれに当てはまります。

パワハラ上司の特徴②部下の人格否定をする

次に挙げられるパワハラ上司の特徴として、部下への人格否定によって精神的苦痛を与えるというものが挙げられます。

この特徴に当てはまる上司の行動としては、「使えないやつだ」、「お前は給料泥棒だ」というような発言で部下を侮辱したり、「お前はこの仕事に向いてないんだ」というようなことを言って部下の自信を失わせたりする、というようなことが挙げられます。

またこのようなことをする人には、大勢の同僚の前で見せつけるように一人の部下を叱りつけることで、さらなる精神的苦痛を与えるというようなケースも多くみられます。

パワハラ上司の特徴③理不尽な要求をする

部下に理不尽な要求を無理やりのませようとしたりするのもパワハラ上司の大きな特徴の一つです。

具体的には、部下に到底やり遂げることは不可能だと思われるノルマを課す、まともな仕事を与えず雑用ばかりやらせる、使いっぱしりや土下座など、業務や常識の範囲を超えた要求をする、というようなことが挙げられます。

上司からこのようなパワハラを受けている人はまともに仕事をするができる状態にすらないということもあります。

パワハラ上司の特徴④プライバシーを侵害してくる

これは自分が上司であるということをちらつかせて相手に断りにくくさせたうえで、しつこくプライベートのことを聞いてきたり、仕事に必要ないことでしつこく連絡を取ろうとしてくるような場合を指します。 これは主に異性に対して行われることが多く、その場合セクシャルハラスメントにもなりますが、上司が自分の立場を濫用しているとみられる場合はパワハラにも当てはまります。

パワハラ上司を撃退するには①相手の行為がパワハラであることを直接伝える

直接相手に伝えるというのは勇気が必要なことですが、パワハラ上司を撃退するうえで実は最も即効性があり、なおかつかかる手間も少ない手段です。

このとき伝えるべき内容としては、 ・相手がいつのどのような行為をパワハラであると感じたのか ・どのような証拠や証言があるのか ・改善がみられない場合どのような手段を講じることを考えているのか(相手の上司に報告する、法的手段に出るなど) などが挙げられます。後述しますが事前にパワハラを受けた証拠を集めておくと非常に効果的です。

もし直接伝えることが難しいと感じた場合は、メールなどを用いることも可能です。直接伝えるだけでは十分効果がみられないということもありますが、その場合は別の手段を講じてみましょう。直接伝えることであまり効果がなかった場合でも、相手や社内の周囲の人間に自分が上司の行為をパワハラと感じていることを認識させることで、状況を有利にすることができます。相手に伝えたことも証拠として記録しておくとよいでしょう。

パワハラ上司を撃退するには②証拠をとっておく

パワハラ上司を撃退するためには、パワハラを受けた際にそのときの証拠を取っておくことが非常に重要になります。証拠を取っておく手段としては、メモをとる、メールや電話の履歴を残しておく、相手の発言をボイスレコーダーで録音することなどが有効です。もしパワハラ行為が原因で病院にかかるようなことがあれば診断書も証拠となります。

メモをとる際には、 ・加害者は誰か ・日時はいつでと場所はどこか ・周りに誰がいたか ・パワハラ行為の内容はどうであったか などを明確にしておくように意識しましょう。

パワハラ上司を撃退するには③社内の仲間を増やす

パワハラ上司を撃退するうえで重要なことはほかにもあります。それは一人で抱え込まず、まわりに仲間を探してみるということです。あなたが上司からパワハラを受けている場合、あなたと同じような被害を受けている人がいる可能性は十分にあります。また、パワハラは許してはならないと声を上げてくれる人も少なからず存在しますし、同僚以外にも、パワハラ行為をしてくる上司の上司に相談するのも非常に効果的です。 一人ではパワハラ上司に声をあげられなくても仲間が増えると抗議しやすくなります。また、社内のパワハラ対処の担当などに相談した際にも人数が多いほど意見は無視できなくなります。 同僚や上司の上司に相談する際には、感情的にならず、分かりやすく状況を説明するように心がけましょう。

パワハラ上司を撃退するには④さまざまな機関に相談する

ここまでパワハラ上司を撃退するために有効なポイントを紹介してきましたが、それでも十分な効果が得られなかったという場合は、パワハラへの対処を専門とするさまざまな機関に相談してみましょう。

まずは社内で相談する

パワハラ上司を撃退する際に、社外の機関に頼ってしまうと少なからず会社にも影響を及ぼすことになってしまい場合によっては被害者自身が会社での生活を円滑に続けていくことが困難になってしまう場合もあります。ですから、社内に相談できる機関が存在する場合はまずはそちらに相談するのがよいでしょう。先ほども述べたように、専門の機関でなくてもパワハラ上司の上の立場にあたる人に相談することもパワハラ上司を撃退するうえで非常に有効であることが多いです。

弁護士に相談する

労働問題を専門とする弁護士は数多く存在します。よって彼らに相談すればパワハラ上司を撃退する心強い味方になります。具体的には、法的な観点からパワハラ上司を撃退するためにどのような手段を講じるのがよいか、訴訟を起こすべきかどうかなどのアドバイスをもらうことができます。裁判に発展した場合はそこでも味方として働いてもらうことができます。

裁判を起こす

上司のパワハラによって重度の不利益を被ったという場合は、裁判によってパワハラ上司を撃退することも可能です。しかし損害賠償を求めて裁判を起こすことができるのは、パワハラによるストレスによって身体に重度の不調をきたしてしまった場合など、深刻な被害を被った場合に限ること、裁判には非常に大きな労力を必要とすることに留意する必要があります。

警察に相談する

警察は民事には介入できませんが、パワハラが刑法に違反するものであった場合には警察に相談するのがパワハラ上司を撃退する非常に有効な手段であるといえるでしょう。一方で警察は確実な証拠がない場合は動いてくれない場合がほとんどなので証拠をしっかり集めておくことが重要になります。

転職を判断する基準

パワハラに苦しめられている人の中には、もう会社を辞めてしまいたいと考えている人も少なくないでしょう。しかし、パワハラが上司一人の個人的な問題であれば先に紹介した方法でうまく解決できることが多いです。一方で、パワハラが会社に根付いた体質に原因があり、穏便に解決することが困難であると判断した場合は転職を考えるのも有効でしょう。判断を焦りすぎず、まわりに頼りながら転職すべきか考えることが重要になります。

パワハラは我慢せずストレスのない職場を

いかがだったでしょうか。今回はパワハラにうまく対処する方法について考えてみました。 パワハラを受けるとやはりいい仕事もできません。決して一人で抱え込んだり、諦めたりせず今回紹介したことを参考にしながらより良い労働環境を作っていってください。

パワハラ上司に我慢できなくなったら

転職も一つの手です。転職するなら満足度No.1のdodaに任せましょう。 経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。 求人数もトップクラス。 まずは無料登録から始めましょう。

関連タグ

アクセスランキング