IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

パワハラ上司の例・撃退方法・職場から退職すべきかの判断基準

更新日:2020年10月02日

転職の悩み・不安

上司からパワハラを受けると、仕事に行くのが嫌になったり、精神的に追い詰められてしまうこともあるかもしれません。今回はそうなってしまう前にパワハラ上司を撃退する方法、または退職すべきかについて考察しました。ぜひ参考にしてパワハラ上司を撃退して下さいね。

パワハラ上司を撃退しよう

職場の上司には、いろいろなタイプの人がいますよね。できることなら上司といい関係を築き、働きやすい職場の環境にしたいものですが、なかにはパワハラ上司といわれるような上司の下で働くことになることもあるでしょう。

そんなときあなたならどのように対処するでしょうか。実は上司には逆らえないから仕方ないと思い、そのようなパワハラ上司を撃退することを諦めてしまう人は少なくないのです。しかしそれではストレスがたまり、充実した社会生活を送ることはできませんよね。

パワハラ上司に対しては、諦めてしまう前にこれから紹介するような撃退法をまず試してみて下さい。近年では、さまざまなハラスメントに対する社会的な監視の目も厳しくなってきており、以前にもましてパワハラ上司に対処しやすくなってきています。

ではこれから、パワハラ上司にはどのような特徴があるのか、そして、さまざまなパワハラ上司を撃退するためにどのような方法が有効なのか考えていきましょう。

パワハラ上司の特徴①権力をふりかざす

パワハラ上司の最大の特徴は、職場での自分の立場の優位性を利用して、部下に高圧的な態度をとるというものです。

このような人は「自分のほうが立場が上だからこのくらいのことは当然してもよい」と本気で考えている場合も多く、平気で言葉の暴力や、場合によっては身体的な暴力をふるってくることがあります。自分は上司として部下のために指導してやっていると考えている人もいるのです。

また、こちらが反発しようとすると、「お前みたいなやつはいつでもクビにできるんだぞ」というような脅し文句を言ってくるような上司もこれに当てはまります。

パワハラ上司の特徴②部下の人格否定をする

次に挙げられるパワハラ上司の特徴として、部下への人格否定によって精神的苦痛を与えるというものが挙げられます。

この特徴に当てはまる上司の行動としては、「使えないやつだ」、「お前は給料泥棒だ」というような発言で部下を侮辱したり、「お前はこの仕事に向いてないんだ」というようなことを言って部下の自信を失わせたりする、というようなことが挙げられます。

またこのようなことをする人には、大勢の同僚の前で見せつけるように一人の部下を叱りつけることで、さらなる精神的苦痛を与えるというようなケースも多くみられます。

パワハラ上司の特徴③理不尽な要求をする

部下に理不尽な要求を無理やりのませようとしたりするのもパワハラ上司の大きな特徴の一つです。

具体的には、部下に到底やり遂げることは不可能だと思われるノルマを課す、まともな仕事を与えず雑用ばかりやらせる、使いっぱしりや土下座など、業務や常識の範囲を超えた要求をする、というようなことが挙げられます。

上司からこのようなパワハラを受けている人はまともに仕事をするができる状態にすらないということもあります。

パワハラ上司の特徴④プライバシーを侵害してくる

初回公開日:2016年12月22日

記載されている内容は2016年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング