IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

失礼なく退職するための、手書きでの「退職届」の書き方・文例

退職ノウハウ

転職などで退職を決意した際、「退職届」を提出する必要があります。退職届は手書きで作成することが一般的です。そうした書き方の厳密なルールがあるのをご存知ですか? 円満退職の重要なポイントとなる退職届の手書きの際の書き方をお教えします。

更新日時:

そもそも退職届とは?

転職などの自己都合で現在勤めている会社を退職する場合、「退職届」「退職願」を会社に提出します。両者は似ていますが、その意味合いは異なります。

提出後に撤回できない「退職届」、撤回できる「退職願」

退職届とは、従業員側から労働契約を解約する際の告知書類です。提出後には原則撤回できません。退職交渉で退職が確定した後に「最終確認用書類」として提出を求められることが多いです。 一方、退職願は「退職させてほしい」とお願いするもの。労働契約を合意の上で解約するための申し込み書類です。従業員側からのお願いとなるため、提出した後も企業側の最終権限者が受理・承諾するまでは撤回可能です。 トラブルを防ぎつつ円満退職をしたい場合は、まず退職願を提出して交渉を行うか、交渉をした上で相手の求めに応じて退職届を提出するのが一般的です。 ちなみに「辞表」はよく混同されがちですが、経営者や役員クラス、公務員が提出するものです。 退職届は手書きが一般的です。また、その他の書き方についても厳密なルールが決められています。今回はフォーマット例を踏まえつつ、退職届の手書きの書き方のコツをお教えします。

退職届の手書きの際の書き方のコツ

先述したように、一般に退職届は手書きで作成します。ここからは、手書きで作成する場合について例を示しながら見ていきましょう。

用紙は便箋、黒ペンで書くのが基本

退職届は便箋用紙にペンで書く方法が一般的です。その種類に明確な決まりはありませんが、以下の仕様を選ぶのが無難です。 ・用紙のサイズ:A4(210mm×297mm)、B5(182mm×257mm)、セミB5(177mm×250mm)、色紙判(177㎜×230mm) ・用紙の形式:白色、罫線あり・なし(どちらでも可)、縦書きが一般的 ・ペンの種類:黒色、ボールペンまたは万年筆 手書きの場合、罫線あり用紙を使うと記載しやすいです。

退職理由は「一身上の都合で」

退職届には、「人間関係」や「待遇への不満」など明確な退職理由を書く必要はありません。どのような理由があったとしても、自分の意志で退職する場合は「一身上の都合」と書きましょう。

退職届縦書き(手書き)の書き方

退職届の文面は決まっています。

退職届縦書き(手書き)の書き方

1. 1行目に「退職届」と記載

2. 2行目の下部に「私事、」として書き始める

「私儀」でも可。必ず「、」を付ける。

3. 3行目に本文を書く

「このたび、一身上の都合により、来たる平成○○年○月○日をもって、退職致します。」という文面に。「○○年○月○日」には退職する日を記入する(適宜改行を入れる)。 ※退職届では「お願い申し上げます」と書かない。

4. 1行空けて、提出日付と所属部署名、自分の名前を記載

5. 自分の名前の下に認印、または三文判で捺印(シャチハタ不可)

6. 退職する会社の正式名称と代表者名(社長)を宛名として明記

(株)、(有)などの省略は不可。代表者名は自分の名前より上の位置にして「様」を付ける。

退職届横書き(手書き)の書き方

退職届は縦書きが原則ですが、会社から横書きでの提出を求められることがあります。その場合、縦書きとは書く順序が異なります。 縦書きとの違いは、日付や宛名、自分の名前が本文より先に来ること、文末に「以上」が付くことです。その他のルールは縦書きの場合と変わりません。

退職届横書き(手書き)の書き方

退職届を入れる封筒にも注意

退職届を入れる封筒の色・種類は、白の無地でA4またはB5の専用封筒が一般的です。封筒の表面は、7桁の郵便番号(□□□-□□□□)がないものが好ましいとされています。 退職届を入れる封筒の表面中央に「退職届」と記します。裏面左下側に所属部署や課、氏名を黒のボールペンなどで記載しましょう。

手書きの退職届は円満退職の重要なポイント

会社に退職届のフォーマットやテンプレートがあり、その形式での提出を求められている場合は、先方の指示に従って記入していきましょう。別途用意する必要はありません。 手書きで書かれた退職届は、入念にチェックしてミスがないように注意しましょう。トラブルなく円満に退職するためにも、必要な手続きについてしっかり理解しておきましょう。転職して次のステップに進まれる方は、ぜひ上記例を参考にしてください。

関連タグ

アクセスランキング