IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

派遣登録にふさわしい服装|7つの注意点・季節別の服装

派遣

服装は派遣の面接をパスする上で案外大事なファクターです。面談している人は相手の服装で、どのような気持ちでこの場に臨んでいるかを判断しています。では派遣会社の登録会ではどのような服装がのぞましいのでしょうか。今回は登録会におすすめの服装をご紹介していきます。

更新日時:

派遣登録にふさわしい服装

派遣登録にふさわしい服装|7つの注意点・季節別の服装

派遣会社へ派遣登録に行く際は、いわば仕事の面接の前段階で、面接に準ずるぐらいの重要度があります。 派遣会社は目の前の人材をクライアントに紹介しても大丈夫かどうかを派遣登録の際に判断しています。主な目的は派遣登録に来た人のスキルや労働条件などの希望をヒアリングすることですが、常識的な思考や行動ができる人であるかどうかもチェックしています。

オフィスカジュアル

派遣登録会に適した服装で一番無難かつおすすめなのが、オフィスカジュアルです。 オフィスカジュアルに明確な決まりはありませんが、ある程度カッチリとしていて、会社に着ていける服装のことをいいます。 例えばGパンやサンダル、Tシャツのような格好はオフィスカジュアルとはいいません。パンプスや革靴、汚れていないスニーカー、男性であればポロシャツはなんとかOKのラインといった感じです。

スーツ

どうしても派遣登録のときの服装がわからないという場合は、スーツ販売店に行きましょう。 店員さんに聞けばコーディネイトを手伝ってくれることも多いです。派遣登録会や会社の面接に行けるような服装にしたいという目的をしっかりと伝え、理解してもらうことで店員さんの方でもイメージがつかみやすくなります。 それでもどんな服装にすればよいのか決められない方は、リクルートスーツで派遣登録会に行きましょう。

派遣登録の服装の注意点

派遣登録にふさわしい服装|7つの注意点・季節別の服装

真剣に仕事を探しているという意志が伝わるように、トーンを抑えた大人っぽい服装で派遣会社の登録会に出向く方が安心です。 個性的な服装も避けた方が無難です。派手なフリルや大きなリボン、アニメの柄がついたシャツは個性的過ぎて、ビジネスの場にはそぐわないことが多いです。それらのファッションはプライベートで楽しみ、派遣登録会などパブリックな場所には着ていかないようにしましょう。

注意点1:露出の激しい服装は控える

派遣登録のときに、ノースリーブや胸元の大きく開いたブラウス、ミニスカート、ミュールなど露出の多い服装はNGです。 派遣登録会はビジネス交渉の場です。場をわきまえた服装で参加しましょう。

注意点2:カジュアルすぎる服装はNG

派遣登録会でラフな服装は避けるようにしてください。 派遣登録会に普段着のようなカジュアルすぎる服装はNGです。派遣登録会は派遣会社の人と面接をする場です。自分のすべてが見られている状態です。普段、仕事をするときのような服装をするのが常識です。 最適なファッションはオフィス・ビジネスカジュアルです。清潔感があり感じよく見える服装を心掛けましょう。

注意点3:清潔感のある服装を心がける

派遣登録会で清潔感のある服装を心がけましょう。 ビジネスにおける最高の印象は清潔感です。清潔感のある人間を嫌いになる人はいません。派遣登録会でもそれを実践しましょう。 服が皺だらけで汚れていないか、靴はきちっと磨かれているか、髪の毛は清潔で乱れていないかなどの身だしなみに気をつけて、派遣登録会に臨みましょう。 ワイシャツやブラウスはきちっとアイロンをかけて皺を伸ばし、靴もキレイに磨いておきましょう。

注意点4:メイクはオフィスメイク

派遣登録会での派手なメイクは、良い印象を与えません。 メイクはオフィスメイクでシンプルにして、派遣登録会に参加しましょう。 派遣登録会にノーメイクはいただけません。きちっと化粧をしてください。その際に派手めのメイクは絶対にNGです。控え目なオフィスメイクにしましょう。 唇や頬紅のカラーは赤などの派手な色は避けて、シックなカラーにします。アイシャドウや眉もおとなしめにメイクします。香水はNGです。

注意点5:腕時計は身に着けておく

派遣登録会に行く際は、社会人にとって必須の腕時計は身に着けておくことをおすすめします。 社会人は時間を頼りに仕事をしています。腕時計を身に着けるということは、仕事に対する意欲があると捉えられます。面接官の受けがよくなるので、腕時計は身に着けておくことをおすすめします。 腕時計は、オフィスカジュアルファッションをより仕事モードに変えてくれる必須アイテムです。上手にコーデしておしゃれに身に着けましょう。

注意点6:アクセサリー類は控えめに

ネイルや大き目のピアス、派手なバレッタやネックレスやブローチは職場にふさわしい装飾品ではないので、派遣登録会に身に着けていくのはやめましょう。 派遣登録会に行くときは、アクセサリーは控えめにして派手な印象を与えないようにしましょう。

注意点7:長い髪はまとめておく

派遣登録に行く際は、長い髪はまとめておきましょう。 仕事をする上で長い髪はふさわしくないイメージがあります。できるだけコンパクトにまとめて、清潔感があるさわやかな印象を作り上げましょう。

派遣登録に行く前に読んでおきたい本

「4つの性格タイプから見つける いつの間にか人生が変わる服」には、働く女性のための厳選11アイテムとコーディネートレッスンがたっぷり載せられています。 派遣登録会に行く前に読み、その場の雰囲気と、自分自身にもっともふさわしい服装を模索しましょう。ちょっとしたテクニックで、派遣登録会にぴったりの服装に、おしゃれとセンスを加えることができます。

季節別の派遣登録の服装

派遣登録にふさわしい服装|7つの注意点・季節別の服装

服装が左右する印象の力は案外大きいものなので、派遣登録会へ出向く際はその季節にふさわしいファッションを心掛けましょう。 その場や季節にふさわしい格好ができるということは、集団の中でも常識的な行動ができる人物であると判断される要素のひとつとなります。 アピールできるポイントはたくさんあった方がお得です。季節に沿ったきちんとした服装をして清潔感を出し、派遣登録会へ出向きましょう。

夏の派遣登録の服装は、ジャケットを脱ぐことを想定したファッションを心掛けましょう。 夏は冷房が効きすぎていたらジャケットやカーディガンが必要ですし、暑ければ半袖のブラウスやワイシャツ1枚になる可能性があります。 トップスは透けないタイプを選んでください。ジャケットを脱ぐ際は、ひとこと断ってから脱ぎましょう。冷房対策のために、きちっとしたデザインのアウターが必要です。

冬に派遣登録に行く際は、カジュアルなスーツスタイルがおすすめです。 シャツやブラウス・タートルネックは白にして、ブラック系のチェックなどのパンツがおすすめです。ジャケットは濃いめのグレーがシックでしっくりきます。スーツにするなら、グレー系のカジュアルなタイプがおすすめです。 靴はきちっとしたデザインの黒で、寒い場合はタイツ(30~60デニール程度)を身につけることもできます。

普段着で良いと言われた場合

派遣登録にふさわしい服装|7つの注意点・季節別の服装

派遣登録の服装は普段着で良いと言われた場合やスーツがない場合は、最低限襟付きのシャツ・ジャケット・清潔感のあるスニーカーを着用していくようにしましょう。 近頃はあまりカッチリとスーツなどを着て仕事をしなくてはいけない職場は減ってきましたが、ある程度清潔感のある服装で派遣登録に出向くことは礼儀の一種ですし、社会人として常識があるということを示す上でも重要なことです。

社会人らしい服装を心がけよう

派遣登録にふさわしい服装|7つの注意点・季節別の服装

派遣登録の際の服装は、ビジネスカジュアル・オフィスカジュアル、この2つの服装で出向くのが妥当でしょう。 派遣登録会の場合は、キッチリとした格好で面談に臨むことが重要です。登録会の担当者に目の前に座っている人がそのままクライアントの会社で就業しても大丈夫そうだという安心感を与えられる可能性が高まるからです。 いずれにせよ、職場の雰囲気に合わせてどの程度の服装がふさわしいのかは判断する必要があります。

カジュアルすぎる服装は悪印象

服装はその人が常識的に行動できる人かどうかを判断する材料になりますから、派遣登録時にカジュアルすぎる服装は悪印象を与えることになりかねませんので注意が必要です。 派遣登録会では、仕事を真剣に探したいという意気込みを相手に伝えるためにも、しっかりと清潔感のある服装で行くように心がけましょう。 リュックなどで行くのもNGです。安くてもいいのでビジネスバッグを用意してから行きましょう。

Mayonezがおすすめする派遣サービス5選

あなたはどんな働き方をしたいですか? ・ワークライフバランスを重視したいすっきりとした人間関係でいたい会社の外に仕事の相談をできる人が欲しい これらのどれかに当てはまる人がいたら、「派遣」という働き方を考えて見てもいいでしょう。 下記の記事で、派遣で働くことのメリットMayonezがオススメする派遣サービスを紹介しているのでチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング