IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

派遣登録にふさわしい服装|7つの注意点・季節別の服装

更新日:2020年11月07日

派遣

服装は派遣の面接をパスする上で案外大事なファクターです。面談している人は相手の服装で、どのような気持ちでこの場に臨んでいるかを判断しています。では派遣会社の登録会ではどのような服装がのぞましいのでしょうか。今回は登録会に服装をご紹介していきます。

派遣登録にふさわしい服装

派遣会社へ派遣登録に行く際は、いわば仕事の面接の前段階で、面接に準ずるぐらいの重要度があります。 派遣会社は目の前の人材をクライアントに紹介しても大丈夫かどうかを派遣登録の際に判断しています。主な目的は派遣登録に来た人のスキルや労働条件などの希望をヒアリングすることですが、常識的な思考や行動ができる人であるかどうかもチェックしています。

オフィスカジュアル

派遣登録会に適した服装で一番無難かつなのが、オフィスカジュアルです。 オフィスカジュアルに明確な決まりはありませんが、ある程度カッチリとしていて、会社に着ていける服装のことをいいます。 例えばGパンやサンダル、Tシャツのような格好はオフィスカジュアルとはいいません。パンプスや革靴、汚れていないスニーカー、男性であればポロシャツはなんとかOKのラインといった感じです。

スーツ

どうしても派遣登録のときの服装がわからないという場合は、スーツ販売店に行きましょう。 店員さんに聞けばコーディネイトを手伝ってくれることも多いです。派遣登録会や会社の面接に行けるような服装にしたいという目的をしっかりと伝え、理解してもらうことで店員さんの方でもイメージがつかみやすくなります。 それでもどんな服装にすればよいのか決められない方は、リクルートスーツで派遣登録会に行きましょう。

派遣登録の服装の注意点

真剣に仕事を探しているという意志が伝わるように、トーンを抑えた大人っぽい服装で派遣会社の登録会に出向く方が安心です。 個性的な服装も避けた方が無難です。派手なフリルや大きなリボン、アニメの柄がついたシャツは個性的過ぎて、ビジネスの場にはそぐわないことが多いです。それらのファッションはプライベートで楽しみ、派遣登録会などパブリックな場所には着ていかないようにしましょう。

注意点1:露出の激しい服装は控える

派遣登録のときに、ノースリーブや胸元の大きく開いたブラウス、ミニスカート、ミュールなど露出の多い服装はNGです。 派遣登録会はビジネス交渉の場です。場をわきまえた服装で参加しましょう。

注意点2:カジュアルすぎる服装はNG

派遣登録会でラフな服装は避けるようにしてください。 派遣登録会に普段着のようなカジュアルすぎる服装はNGです。派遣登録会は派遣会社の人と面接をする場です。自分のすべてが見られている状態です。普段、仕事をするときのような服装をするのが常識です。 最適なファッションはオフィス・ビジネスカジュアルです。清潔感があり感じよく見える服装を心掛けましょう。

注意点3:清潔感のある服装を心がける

次のページ:季節別の派遣登録の服装
初回公開日:2016年12月16日

記載されている内容は2016年12月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング