IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「日雇い派遣/日雇いバイト」が面接・仕事当日に注意すること・準備

更新日:2020年08月28日

アルバイト

日雇い派遣や日雇いバイトは普通のバイトやパートと似ている部分もあれば、少し独特の面もあります。この記事では日雇い派遣やバイトの求人、面接、当日の持ち物、人間関係、給与の支払い方法など、多くの人が抱く疑問の答えとなる情報をご紹介します。

すぐに働けお金を稼げる日雇いの仕事

日雇いの仕事と聞くと、就職をしていない訳ありの人が選ぶ仕事と思う人は少なくありません。しかしライフスタイルに合わせて、あえて日雇いの派遣やバイトを選ぶ人も大勢います。専業主婦だけど家計の足しになる程度に働きたい、複雑な人間関係が嫌い、海外に在住しているが帰国中に短期間仕事をしたい、就職は決まったが卒業までにまだ期間があるのでお金を稼ぎたい、という様々な人のニーズを満足させることができるのが日雇いの派遣やバイトです。

でも日雇いの仕事をしたことがない人にとっては、未知の世界ですね。この記事では日雇い派遣やバイトについての情報、たとえばどうやって仕事を探すか、面接は普通のバイトと同じか、仕事当日はどんな準備をしていけばいいか、給与の支払いはどうなるのか、などについてご紹介します。

日雇いバイトの求人はまずネットで検索

まず日雇いのバイトはどうやって探せるのでしょうか?基本的にはバイトやパートの求人と同じで、ネットから多くの情報を得ることができます。 大手の求人サイトでは日雇い、日払いなどの項目があるので、簡単に探し出すことができます。また、大手のサイトとは別で地域の求人サイトを見ることもします。こうした地域に特化したサイトでは、大手の求人サイトには掲載されていない情報が得られるからです。とくに大都市ではない地域ではです。

あなどれない紙媒体の求人情報

求人情報というと、タウンワークやその他の紙媒体を思い描く人も多いですね。今の若者はネットで探す人が多いかもしれませんが、紙媒体もなかなかあなどれません。 無料で配布されている求人雑誌はもちろん、新聞広告と一緒に入っている地域版求人広告や地域新聞にある求人欄も要チェックです。こうした地域型求人広告にはネットからは得られない、またその広告でしか掲載されていない求人があるからです。特に日雇いの仕事は掲載期間が短かったり、すぐに定員に達したりするので、こうした情報に通じているといい仕事を見つけやすいです。

日雇い派遣は、まず派遣会社に登録すること

私も以前派遣会社を通して日雇いの仕事を請け負っていました。海外在住だったので、帰国中お小遣い程度に稼ぎたいと思い、登録しに行きました。登録した当初はふさわしい仕事が派遣会社になく、しばらく待つことになりましたが、そのうち日雇いの仕事や短期の仕事を紹介してくれるようになりました。毎回請け負った仕事をきちんとこなしていくと、派遣会社の人からも信頼してもらえるようになり、次はいつ帰国して仕事するのか聞かれるようになりました。 派遣会社に登録しても、すぐに仕事を紹介してもらえるとは限らないので、複数の派遣会社に登録しておくのも一つの方法です。日雇いの仕事を多く請け負っている派遣会社もあるので、そういうところに登録しておくと仕事を見つけやすいです。

履歴書の有無は職場によって違う

日雇いバイトの多くは直接的な雇用ではないので、履歴書不要の職場も多いです。そもそも日雇いなので、複雑な仕事を任されることはありません。今までの職歴にかかわらずだれでもできる仕事が多いので、履歴書は不要なところも多いのでしょう。 履歴書不要とはいっても、面接時に簡単に職歴を書くように言われるかもしれないので、面接時に履歴書を持っていくと安心です。 ただ派遣会社に登録の際は履歴書必須なので、ご注意ください。登録後に紹介される日雇い派遣の仕事場には履歴書は必要ないことが多いです。

日雇いバイトの面接は無いorとても簡単

就職はもちろんバイトやパートも面接は必須ですが、日雇いの仕事はそうでもありません。全く面接なしで電話連絡で仕事が決まることもあります。日雇いバイトというと、その仕事が忙しく人手が一時的に必要だから求人が発生することが多いので、そんな忙しいときにいちいち面接できないというのも現状です。 しかし面接がある日雇いバイトもあります。パソコンの入力作業など少し複雑な仕事になると、簡単な適性検査が行われます。 事前に派遣会社に登録していれば、個人情報や職歴などは会社が把握しているので、日雇い派遣を請け負うときはほぼ面接はありません。

日雇い派遣やバイトの当日、服装はTPOに合わせて

日雇いの派遣やバイトは、工場や倉庫での軽作業が多いです。基本的には動きやすい服装で行きましょう。ジャージなどあまりにもラフな格好は社会人としてどうかと思われるかもしれないので、常識の範囲内で作業ができる服装を選びます。 仕事によっては会社での入力作業などの日雇いもあるので、その場合は会社に出勤している社員さんとあまりにも違う格好にならないよう、きちんとした服装を心掛けます。簡単に言えばTPOをわきまえるということですね。

服装と共に髪形も身だしなみの第一印象を大きく分ける要素となります。軽作業や食品を扱う仕事であれば、女性なら髪を結ぶゴムなどを持参し、男性なら清潔感のある髪形を心掛けましょう。わたしも現場に行ってから髪をたばねるように言われて、ヘアゴムをもっていなかったので急いで輪ゴムで髪を結んだ経験があります。備えあれば患いなしですね。

初回公開日:2016年12月22日

記載されている内容は2016年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング