IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

上司が感動する「誕生日メッセージ」の作り方・例文

更新日:2020年03月27日

ビジネスマナー

会社のお世話になっている上司への誕生日メッセージって悩みますよね。誕生日メッセージなので硬すぎるのも良く無いですし、フランク過ぎても問題あります。折角の上司への誕生日メッセージですから喜んでもらいたいですね。例文も紹介しますので、参考になればと思います。

上司に送る誕生日メッセージ

日頃お世話になっているのでしたら是非とも送ってあげた方が良いでしょう。 初めて送る場合はどんな風にしたら良いいのか、何がダメなのかが少し難しいですよね。 だからと言ってルールはありませんから、少し簡単なコツを紹介して行きますね

誕生日メッセージはお礼の言葉を

上司に誕生日メッセージを送る時、まずはじめに悩むのはメッセージの内容じゃないでしょうか。 どんな内容を書いて良いんだろう。 見当もつかないと思います。 友達でしたらなんでも書いて良いと思いますが、会社の上司ですから、失礼な事は書けません。 1番喜ぶ言葉を考えましょう。 そう考えた時に、あなたが後輩から言われて嬉しい事はなんですか? あくまでも職場のという前提ですが。 お礼の言葉を言われたら嬉しく無いですか? 「あなたのおかげで」 「いつも感謝をしています。」 などなど後輩から言われる感謝の言葉は、上司としても自信に繋がりますし、今までしてきた事が報われた喜びになります。 誰しも周りに嫌われたいなんて思う人はいないでしょう。 後輩から頼りにされている上司であるということを実感できるような誕生日メッセージにしましょう。

上司だけどあまりかしこまり過ぎずに書く

部下からしてみれば上司には失礼な言葉遣い出来ません。 でも誕生日メッセージくらいは、かしこまった文章で書かなくても良いでしょう。 あなたがかしこまりすぎた文章を受け取った場合、どう感じるでしょうか。 誕生日メッセージをもらった事は嬉しいけどなんか気持ちが込もっていないような感じがしませんか? 言わされているというか、定型文のようなものというか、書いた人の気持ちが感じない誕生日メッセージになってしまうのです。 せっかくの誕生日なんですから、多少の無礼講は問題無いでしょう。 少しフランクに、あまりかしこまり過ぎない誕生日メッセージを心がけましょう。 あなたが受け取る立場だった場合、嬉しく思いませんか? 少しフランクな誕生日メッセージにすることで、気持ちのこもった印象を受けることができるのです。 1つ注意点としては、フランク過ぎてしまうとかえって逆効果になる場合があります。 節度を守ったフランクさにしましょうね。

部署からのメッセージとする

上司へのメッセージで、すごく仲が良く日頃からお世話になっている関係でしたら個人的に渡しても問題ないですが、そうでなければ部署一同として、または上司の上の方のメッセージも代弁できる環境であればそのメッセージも取り入れていき、会社として祝福するメッセージにしましょう。 その上司の先輩が見るかもしれないメッセージであれば尚更です。 上司に対するメッセージですから、少しだけ気を使うことも忘れないでおきましょう。

家族が見ることも

上司といえども家庭があります。 もらったメッセージカードは上司の家族が見ることも考えて書くべきなのです。 家族が見ることで言葉を間違えれば誤解されかねないこともあります。 言葉をきちんと選んで、会社として家族に見られても恥ずかしく無い誕生日メッセージになることを心がけましょう。

上司へのメッセージは手渡し?メール?

個人的に送るのでしたらメールでも構わないでしょう。但しその場合はかなり仲の良い場合に限った方が無難です。 あなたが仲が良いと思っていても相手はメールでもらって不快に思うこともあります。 不快に思われたく無い、相手との距離感がわからない時にはメールで送ることは避けたほうが無難です。 会社として出すには手渡しで出すことが無難でしょう。 あなたが逆の立場であれば、もちろん手渡しの方が気持ちが伝わることだと思います。 手渡しのついでに感謝の言葉を添えることも忘れずに。

どんな誕生日メッセージが嬉しい?

どんな内容のメッセージが喜ばれるでしょうか。 いくつか具体例をあげていきますね。

とにかく喜びを伝える

初回公開日:2016年12月16日

記載されている内容は2016年12月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング