上司が感動する「誕生日メッセージ」の作り方・例文

メールマナー

会社のお世話になっている上司への誕生日メッセージって悩みますよね。誕生日メッセージなので硬すぎるのも良く無いですし、フランク過ぎても問題あります。折角の上司への誕生日メッセージですから喜んでもらいたいですね。例文も紹介しますので、参考になればと思います。

更新日時:

上司に送る誕生日メッセージ

日頃お世話になっているのでしたら是非とも送ってあげた方が良いでしょう。 初めて送る場合はどんな風にしたら良いいのか、何がダメなのかが少し難しいですよね。 だからと言ってルールはありませんから、少し簡単なコツを紹介して行きますね

誕生日メッセージはお礼の言葉を

上司に誕生日メッセージを送る時、まずはじめに悩むのはメッセージの内容じゃないでしょうか。 どんな内容を書いて良いんだろう。 検討もつかないと思います。 友達でしたらなんでも書いて良いと思いますが、会社の上司ですから、失礼な事は書けません。 1番喜ぶ言葉を考えましょう。 そう考えた時に、あなたが後輩から言われて嬉しい事はなんですか? あくまでも職場のという前提ですが。 お礼の言葉を言われたら嬉しく無いですか? 「あなたのおかげで」 「いつも感謝をしています。」 などなど後輩から言われる感謝の言葉は、上司としても自信に繋がりますし、今までしてきた事が報われた喜びになります。 誰しも周りに嫌われたいなんて思う人はいないでしょう。 後輩から頼りにされている上司であるということを実感できるような誕生日メッセージにしましょう。

上司だけどあまりかしこまり過ぎずに書く

部下からしてみれば上司には失礼な言葉遣い出来ません。 でも誕生日メッセージくらいは、かしこまった文章で書かなくても良いでしょう。 あなたがかしこまりすぎた文章を受け取った場合、どう感じるでしょうか。 誕生日メッセージをもらった事は嬉しいけどなんか気持ちが込もっていないような感じがしませんか? 言わされているというか、定型文のようなものというか、書いた人の気持ちが感じない誕生日メッセージになってしまうのです。 せっかくの誕生日なんですから、多少の無礼講は問題無いでしょう。 少しフランクに、あまりかしこまり過ぎない誕生日メッセージを心がけましょう。 あなたが受け取る立場だった場合、嬉しく思いませんか? 少しフランクな誕生日メッセージにすることで、気持ちのこもった印象を受けることできるのです。 1つ注意点としては、フランク過ぎてしまうとかえって逆効果になる場合があります。 節度を守ったフランクさにしましょうね。

部署からのメッセージとする

上司へのメッセージで、すごく仲が良く日頃からお世話になっている関係でしたら個人的に渡しても問題ないですが、そうでなければ部署一同として、または上司の上の方のメッセージも代弁できる環境であればそのメッセージも取り入れていき、会社として祝福するメッセージにしましょう。 その上司の先輩が見るかもしれないメッセージであれば尚更です。 上司に対するメッセージですから、少しだけ気を使うことも忘れないでおきましょう。

家族が見ることも

上司といえども家庭があります。 もらったメッセージカードは上司の家族が見ることも考えて書くべきなのです。 家族が見ることで言葉を間違えれば誤解されかねないこともあります。 言葉をきちんと選んで、会社として家族に見られても恥ずかしく無い誕生日メッセージになることを心がけましょう。

上司へのメッセージは手渡し?メール?

個人的に送るのでしたらメールでも構わないでしょう。但しその場合はかなり仲の良い場合に限った方が無難です。 あなたが仲が良いと思っていても相手はメールでもらって不快に思うこともあります。 不快に思われたく無い、相手との距離感がわからない時にはメールで送ることは避けたほうが無難です。 会社として出すには手渡しで出すことが無難でしょう。 あなたが逆の立場であれば、もちろん手渡しの方が気持ちが伝わることと思います。 手渡しのついでに感謝の言葉を添えることも忘れずに。

どんな誕生日メッセージが嬉しい?

どんな内容のメッセージが喜ばれるでしょうか。 いくつか具体例をあげていきますね。

とにかく喜びを伝える

上司といえども同じ人間ですから、とにかく誕生日おめでとうということと、あなたが上司で幸せです。ということを伝えましょう。 例えば、〇〇さんが私の上司でいてくれてよかったです。 こんな一言が何よりも嬉しいものですね。

過去の失敗エピソードを交えて

過去に上司にカバーしてもらったこと、厳しく指導いただいたことを例に挙げその時の感謝の気持ちを伝えることも有効でしょう。 これは、あの時のご指導があり、「上司のおかげで前向きに仕事ができています」というニュアンスが伝わるような言い回しにすることで、上司へ感謝の気持ちを伝えることができます。 「その時の〇〇さんの一言に救われました。」 「〇〇社とのトラブルの際は的確な受け答えには感動いたしました。今でも鮮明にあの感動を覚えています。」 このような表現をすることで上司への敬意、感謝の気持ちを表すことができます。

上司から言われた言葉を引用

上司から言われたことを引用し、その言葉が今でも自分の中で残っているということを伝えても良いでしょう。 上司としても部下に言った言葉がきちんと届いていると知ることができますので、非常に嬉しく感じるはずです。 他人に行った言葉がきちんと理解されていることは当たり前のことですが、日々いろんな情報が飛び交う社会では些細ことでも非常に嬉しく感じるのです。

誕生日メッセージの例文を紹介

ここまでいくつかお伝えしましたが、イメージがまだ掴めない人は、これから紹介する例文を参考にされても良いでしょう。 ただし丸々コピーするにではなく、あなたが上司に対して伝えたいことを交えて書くことで、より一層気持ちが込もったメッセージとすることができます。

一般的な誕生日メッセージ

お誕生日おめでとうございます! 〇〇課長は、この〇〇課の大きな支えになっています。 本当にいつもありがとうございます。 〇〇課長にとってこの一年が素晴らしいものになりますようにお祈りしております。 〇〇課一同より お誕生日おめでとうございます。 ○○課長の下で働けていることを嬉しく感じています。面倒をおかけすることも多々ありますが、これからもよろしくお願いいたします。 ○○社長、お誕生日おめでとうございます。 
○○社長の常日頃のご指導、ご厚情に心からの感謝を込めまして、心ばかりのお祝いのメッセージを贈らせていただきました。 
○○社長にとってこの一年がますます充実したものになるようにお祈り申し上げます。 社員一同 これは本当にスタンダードなものです。 部署一同としてメッセージを送るものなので個人的なメッセージエピソード書けませんが、少しアレンジして個人として出すこともできますので参考にしてみてください。

感謝のメッセージ添えて

○○課長、お誕生日おめでとうございます。 いつも温かく、そして厳しくご指導いただき本当にありがとうございます。 私がこうして今仕事の責任を任せてもらえるようになったのも、○○課長の指導のお陰です。 本当に感謝しています。 まだまだご迷惑をおかけしてしまいますが、○○課長の力になれるぐらい私も成長するのでどうぞこれからもよろしくお願いいたします。 素敵なお誕生日をお過ごしください。

過去のエピソードを添えて

○○課長、お誕生日おめでとうございます。いつもご迷惑ばかりおかけして本当にすみません。 ですが私が悩んでいたあの時、〇〇課長の親身なアドバイスとご指導があって、今の私がここにいます。 まだまだお世話をかけてしまうかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 お体には気を付けて、また素敵な一年になることをお祈り致します。

心のこもった誕生日メッセージを

いかがでしたか? 例文もいくつかご紹介しましたが、これは一文ですので参考までとしてください。 誕生日メッセージで1番大事なのは上司に対する心のこもった感謝の気持ちです。 感謝の気持ちがあれば多少の無礼は問題無いでしょう。 あなたがどれだけ感謝をしているのかを誕生日メッセージに込めることを何よりも意識しましょう。 上司に方が喜ばれることを期待しています。

メッセージは気持ちが一番大事

何よりメッセージは一番気持ちが大事です!メッセージカードを渡すのが良いでしょう!

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)