IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアへの福利厚生に「椅子」を提供する企業3つ

転職ノウハウ

エンジニアの悩みとして、よく耳にするのが肩こりや腰痛。パソコンを長時間使う職業なので、仕方が無いと諦めている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。今回は、エンジニアにとって作業効率すらも左右する存在である椅子を、福利厚生で提供している企業をご紹介していきます。

更新日時:

いまの年収に不満はありませんか?

今の仕事に不満を感じてるけど、転職はリスキーであまり前向きでないあなた、エンジニアにおすすめの転職エージェントをうまく活用して心機一転新しい仕事に取り組んでみませんか?

独自の求人を持つことで多くの企業の紹介が可能

エンジニア向け転職エージェント「レバテックキャリア」ではエンジニア・クリエイターに特化したフォローアップ体制で転職を有利に進めることができます。 企業別の対策が詰まった面接詳細や模擬面接、客観的に強みを引き出すカウンセリング、また驚くほど企業の評価が変わる職務経歴書の添削など、あなたにあった方法で転職をスピーディーかつスムーズに行うことができます。

企業との絶対的な信頼関係を実現

レバテックキャリアは転職エージェント以外にフリーランスの参画サポートサービスを8年以上に渡り運営しており、数多くのIT・Web系企業と取引があります。そのコネクションを活かして、現場プロジェクトマネージャーとの情報交換MTGを年間累計3000回以上実施しています。 そのため企業から絶対的な信頼を得ています。この信頼関係があるため、通常より短い期間での面接設定→内定を可能としています。

転職のために設計されたフォローアップ体制で転職を有利に

人事担当者やプロジェクトマネージャーとのMTG中に「そういえば、今度◯◯やるから、実はこういう人が欲しいんだよね」といった非公開の求人が出てくるのも、レバテックの強みです。また、競争が激しいWebサービスでは秘密裏に開発を進めるプロジェクトも多いため、予想外の珍しいポジションも存在します。 さらに、求人がクローズしている企業とも日頃からコミュニケーションをとっているため、企業担当者に「実は最近、こんな人が転職を検討しているのですが・・・」という紹介をきっかけに急遽ランチやMTGが設定され、採用に至るケースもあります。 様々なメリットを持つレバテックキャリアはエンジニアの方に一番おすすめできる転職エージェントです。あなたもレバテックキャリアで転職を成功させませんか?

▽レバテックキャリアについての詳しい記事はこちら レバテックキャリアのよく聞く評判と口コミ・面談の雰囲気と方法 ▽その他のエンジニア向けおすすめ転職エージェントはこちら おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」29選と特徴・強み

福利厚生でエンジニアに椅子を提供している企業

福利厚生でエンジニアに良い椅子を提供しているIT企業がありますが、そもそもエンジニアと椅子には、どのような関係があるのでしょうか。 実は、エンジニアを始め、パソコンを使って長時間作業する方に良い椅子があります。それは、以下のような椅子です。 背もたれがある椅子 猫背になりにくい椅子 高さを調整できる椅子 人が腰掛ける際、腰の角度は90~120度がベストだと言われています。椅子の種類にもよりますが、背もたれのある椅子だと、もたれかかった時に丁度腰が90~120度になるそうです。 また、パソコン作業をしていると、ついつい猫背になりがち。しかし、猫背は眼精疲労やストレートネック、肩こりなどの原因になります。椅子によっては、クッションが付いていたり、姿勢を矯正する構造になっていたりと工夫が施されていることがあり、そのような椅子でデスクワークをすることで、身体への負担を軽減できると考えられています。 その他、椅子の高さも重要です。足の裏が床につく高さだと、腰や背骨にかかる負担が軽減できるのだとか。その為、高さが調整できる椅子が、デスクワークには好ましいと言われています。 上記の内容から、エンジニアにとって、椅子がいかに大切なものなのかが分かります。エンジニアの為に福利厚生で椅子を提供している企業は、社員思いの企業とも言えそうですね。では、そんな社員思いの企業を3社、ご紹介していきます。

福利厚生でエンジニアに椅子を提供している企業

今回ご紹介する、福利厚生でエンジニアに椅子を提供している企業は、以下の3社です。 GMOインターネット株式会社 株式会社ミクシィ ランサーズ株式会社 「GMOインターネット株式会社」には、「椅子ろうぜ!」という福利厚生制度があります。企業側がさまざまなメーカーのいろいろなタイプの椅子を候補にあげ、その中から好きなものをエンジニアが選べるという制度です。心躍るおしゃれな椅子から、快適なワークチェアなど、さまざまな種類が揃っています。中には、15万円程の高級な椅子も含まれています。 SNSでおなじみの「株式会社ミクシィ」も、椅子に関する福利厚生を充実が充実しているIT企業の1社です。株式会社ミクシィでは、最高の環境で働くことで、エンジニアの技術や実力がフルに発揮されるという考え方のもと、50万円以上する高級な椅子を提供しているそうです。 ランサーズ株式会社では、「バロンチェア」を福利厚生でエンジニアに提供しています。バロンチェアは、オカムラ製作所が開発した、日本製の高級ワークチェア。さまざまな工夫が施された設計となっており、デスクワークによる身体の負担を軽減してくれると、話題の椅子なのです。

エンジニアが福利厚生に求めているもの

上記でご紹介したように、福利厚生で高級な椅子や機能性に優れたワークチェアを提供している企業が多数ありますが、このような配慮は、本当にエンジニアが求めているものなのでしょうか? 「Tech総研(※1)」がエンジニア300人に行ったアンケートでは、エンジニアが望む福利厚生の第1位が、多彩な機能が搭載された机や、長時間のデスクワークでも疲れにくい椅子の提供という結果になっています。 また、同社が行った、福利厚生をどのような方向で活用してほしいかというアンケートでも、「健康(健康診断、メンタルヘルスなど)」という項目を望む声が41.3%もあり、1位でした。 上記の内容から、エンジニアは特に健康に対して関心を持っており、良い椅子や机などで快適に働くことを望む傾向が強いと考えられます。IT企業が積極的に行っている、「椅子の提供」という福利厚生制度は、エンジニアの希望にマッチした素晴らしいものだと言えそうですね。

福利厚生を上手に活用して快適なエンジニアライフを

いかがでしたでしょうか?今回は、福利厚生で椅子をエンジニアに提供している企業をご紹介しました。しかし、椅子以外にも、エンジニアが快適に働けるように、さまざまな制度やシステムを取り入れている企業は、たくさんあります。 今、エンジニアとして働いている方は、ぜひ自社の福利厚生サービスを見直し、上手に活用してみて下さい。また、転職を検討している方は、福利厚生の充実度なども視野に入れて、転職先の企業を選ぶのも良いかもしれませんね。 企業が、大切なエンジニアの為に提供している福利厚生サービスを上手に活用することで、健康で楽しい、快適なエンジニアライフを送れるはずですよ。

関連タグ

アクセスランキング