IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアの転職で失敗しないためのポイント3つ

年収・給与

今回は、「エンジニアの転職」をテーマにして、エンジニアの転職に様々の点から役立つポイントを記しています。未経験からの転職、転職成功への行うべきとこなどをわかりやすくまとめたので転職を検討しているエンジニアの皆さんは、ぜひご参考にしてみてください。

更新日時:

エンジニアに向いている人の特徴

エンジニアはクリエイティブな職というイメージが強いですが、意外と地道な作業がほとんどの業務を締めます。エンジニアへの転職を考えている方にはどのような人が向いているのかをまとめているので参考にしてください。

エンジニアに向いている人の特徴1:自分の手で何かを作りたい

エンジニアは自分の手で何かを作り上げることができる大きな特徴がありまた自分の努力を具現化することができます。 そのため、アウトプットが得意な人、黙々と作業をするのが好きな人にはその過程が形として現れるので非常にやりがいのある仕事になるでしょう。 今では未経験者や初心者でも気軽にプログラミングに無料で触れることができるWebサービスやスクールなどが多くあるので興味のある方は挑戦してみましょう。

エンジニアに向いている人の特徴2:地道な作業に耐性がある

「プログラミングはクリエイティブで魔法のようだ」というイメージを持っている人も多いとは思いますが実は地道にコードを書き、修正しの繰り返しの作業になります。 そのため、地道に黙々と作業をこなせることが必須になります。 ものを作り上げるという点ではクリエイティブな作業ではありますがそれは形にしていく作業は地道で中にはつらいという人もいますが、地道に黙々と作業に集中できる人にはもってこいの業界になっています。

エンジニアに向いている人の特徴3:好奇心旺盛

IT業界は他の業界に比べ流れが早く、技術がめまぐるしい勢いで進化しています。それに伴い専門知識や技術などの環境の変化が非常に早い業界とされているため常に学びの心、好奇心があるひとなど、情報感度の高い人にはおすすめの業界になります。 また、仕事をしている上で常にわからない事、課題が上がってきます。そのためその壁にぶつかり問題解決をこなせる突破する力が必要であり、常日頃から関心をもちその問題に注力できるひとにはもってこいの職種です。

IT業界の特徴

IT業界の特徴

IT業界には専門性が高いため、他の業界とは異なる特徴が多くあるためエンジニアを目指している人はこの記事を読み転職を真剣に行いましょう。

エンジニア業界の特徴1:専門技術を身につけられる

エンジニアが他職種に比べ年収が高いのはその専門性にあります。 またその知識、技術を持っていれ勤め先の会社が不安定になり他の企業に転職した際などもエンジニアは手に職な部分が大きいため即戦力で自分の価値を発揮できます。 そのため、まだやりたい事が見つからない迷走中などの人はエンジニアになるのも1つの手段として考えても良いでしょう。専門的に知識、技術があるためどんな状況であったも職探しには必ず役に立つ技術になります。 しかし、日本は海外と比べエンジニアの地位が低いため苦労を強いられる事にもなる事でしょう。より技術力をあげたい、多面的な面で優遇を受けたい人はプログラミングの特徴でもある世界共通の言語である強みをいかして、海外の企業に就職するのも1つの手です。

エンジニア業界の特徴2:社会の役に立てる

皆さんは「IoT」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。 「IoT」とは、Internet of Thingsの略であり、日本ではモノのインターネットと言われていて簡単にいうとモノをインターネットで繋ぐ事により、そのモノのデータをサーバー上で、処理、変換、連携、分析を可能にしています。 そのためそのモノを使う人に対しフィットしたものを提供できる技術になります。 例を挙げると、電車、バスなどがあと何分後に来るのか。をリアルタイムで知る機能や車における自動運転技術などが「IoT」技術の代表的なものになりこれはこのシステムを構築するのは全てエンジニアの仕事です。 そのため、社会への影響力が大きく社会の役に立ちたいなど社会貢献を考えている人にはおすすめ職種ではありますが同時に責任も非常に大きいものとなっています。

エンジニア業界の特徴3:業界の流れが早い

IT業界は1番変化が早い業界と言っても過言ではないでしょう。 私たちに周りで機器や機械がめまぐるしい進歩を感じたことはないでしょうか。IT技術は日々進化している事に伴い生活に溶け込んでいる機器や機械の進化も日々進化をしています。「ボタンの付いていない携帯電話」「声1つで多量の情報を処理し人が求めている情報を的確に回答してくれるスマートスピーカー」などを見ればその技術の進歩は一目瞭然でしょう。 そのため、継続的な勉強が必須になりますが、日々最先端の技術に触れながら仕事にとりくめるため刺激を受けながら働けるでしょう。

エンジニアの転職に成功するためのポイント

エンジニアには知識量や技術力が重点的にみられます。そのため情報を得る方法、力またそれは生かす方法を学ぶ事が大切になります。 面接で大切な事、転職にあたりやるべき事などをまとめているので参考にしてみましょう。

エンジニアの転職に成功するためのポイント1:勉強会や交流会に参加する

エンジニアで転職を目指している人は勉強会や交流会に参加することをおすすめします。 エンジニアにとって情報量を大切なものであり、そのスキルは確実に生きていくため、まずは情報収拾など地道に行動していきましょう。 勉強会や交流会に参加する事によって得られるものは情報だけではなく、人脈いわゆる横のつながりの形成のもつながります。そこから紹介などが生まれるケースも多く考えられるのです。

エンジニアの転職に成功するためのポイント2:スキルを磨く

エンジニアとして転職する際、着目される点として知識量、技術などのスキルを求められます。そのため、勉強を絶え間なく続け最新の技術をえることが転職を成功させる近道になる事でしょう。 それを実現させるために手っ取り早い方法としては経験者の話を聞く事です。ゼロからスタートするのではなく実績のある人、経験のある人たちの話を聞きそれを参考にする事が大切になります。 また、スキルの点では現時点での自分のスキルはどの程度なのかを客観的に知る必要があります。自分がどこまでできるのかを知る事が大切であり、それにより自分の持ってるスキルレベルに対して企業側が求めているものとのマッチングの正確性が上がります。 これは転職先の業務で自分の持っているスキル以上のものを任されるケースや、逆に物足りない仕事を任せられるケースをあらかじめなくすことができ転職に成功する1つの大切な手段となるでしょう。

エンジニアの転職に成功するためのポイント3:アウトプット

上記でエンジニア転職には情報収拾(インプット)が必要であると記しましたが、同時に情報発信(アウトプット)も転職に成功するには大切な要因となります。 情報収拾は知識を知るために必要な作業であり、情報発信は知識の定着に繋がります。 アウトプットを行うための方法としてブログを開設し、得た知識を書きそれを発信する、ツイッターなどSNSなどで得た知識を発信するなどがあります。 アウトプットは面接でも役に立ち、自分の知識、技術を適切相手に伝えること能力がつきます。それにより、面接担当者がスキルレベルを把握しやすい状況がうまれ、ミスマッチを避ける事にも繋がります。他にも転職エージェントで企業側からのスカウトが増えるなどの効果もあるためアウトプットは転職において大切作業になるでしょう。

エンジニアの転職でおすすめの転職エージェント4選

エンジニアの転職に強い転職エージェントを4つ選定したので、参考にしましょう。 各転職エージェントごとの特徴などもまとめているので自分にあった条件の転職エージェントを見つけエンジニア転職の成功を目指しましょう。

エンジニアの転職でおすすめの転職エージェント1:レバテックキャリア

転職によって、年収がアップするかダウンするかの差には、さまざまな原因が考えられますが、「何を目的とした転職なのか」という点が大きく影響しています。何を重視するか、転職活動の目的を絞り転職活動をしましょう。 I転職をして年収をあげたいITエンジニアには「レバテックキャリア」がおすすめです。レバテックキャリアでは、年収が80万円〜100万円UPしたエンジニアもたくさんいます。 レバテックキャリアの年収UPの秘訣は、ITエンジニアのキャリア形成や、人材市場動向に詳しいキャリアアドバイザーにあります。経験豊富なアドバイザーだからこそ、あなたのアピールポイントを最大限引き出しブランディングしてくれます。また、面接の雰囲気や質問内容も教えてくれるので転職が初めての方でも安心です。 まずはレバテックキャリアのアドバイザーへ会社帰りにキャリア相談してみましょう。 ※相談は無料

エンジニアの転職でおすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」はリクルートグループが運営している大手転職エージェントサービスです。リクルートは圧倒的な求人数が特徴としてあります。他にもリクルートエージェントの特徴を紹介します。 ・圧倒的な知名度とブランド力 ・大手企業の求人が多数 ・転職支援実績が業界トップ ・転職の進捗を管理できるマイページ このような特徴が挙げられます。

エンジニアの転職でおすすめの転職エージェント3:Geekly(ギークリー)

Geekly(ギークリー)は人材ビジネスに必要なのは「品質」だと考えをもつ転職エージェントであり、このエージェントでしかない高い価値とマッチングが特徴的な転職エージェントとなっています。 ・IT・Web・ゲーム業界に強い ・9,100件以上の非公開求人 ・マッチング機能が使いやすい などの特徴がある転職エージェントとなっています。

エンジニアの転職でおすすめの転職エージェント4:マイナビエージェントIT

「マイナビエージェントIT」は、「マイナビ」での実績から、大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーションにより、求人票に記載されていない情報を数多く提供しています。 また、平日に時間のとれない忙しいエンジニアのために、土曜日にもキャリア相談会を開催しています。

上記4つ以外のおすすめ転職エージェントをまとめておりますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

エンジニアの転職でよくあるQ&A

どんな業界への転職でも様々な情報があります。中にはまったく違う情報などもあるので多くの情報を収集し正しい情報を得ましょう。 今回はエンジニア職で多くある疑問をまとめその疑問を解消しています。 参考にしてみてください。

エンジニアの転職でよくあるQ&A1:未経験でも転職は可能か?

転職サイトではエンジニアの未経験求人が多く存在します。ここから導き出される答えは可能です。 しかし、1番大切なことは未経験からのエンジニア転職の多くが誰でもできる業務内容を仕事として与えられるケースがほとんどであるという事です。要するに未経験からフロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアとして採用するケースはごく稀になります。 ここが大きな落とし穴でありフロントエンド、バックエンドとして未経験から転職と考えるとほぼ不可能であると言えるでしょう。上記でも触れましたがエンジニアという職種は専門性がかたくすぐに身に付く能力ではないというのが大きな理由でしょう。 そのため未経験からエンジニアとしての転職を考えている人はまずプログラミングを学ぶ事が最優先事項となります。

エンジニアの転職でよくあるQ&A2:転職による年収の変化は?

転職をすることで、年収がアップするケースもあれば、下がってしまう場合もあります。 では、どのくらいの割合で、転職によって年収がアップしたりダウンしたりするのでしょうか。 「リクナビNEXT」が転職経験のあるエンジニア187人にアンケートを取ったところ、転職して年収が下がった人の割合は、58%だったそうです。反対に年収が上がった人は25%、特に変わらなかった人は17%でした。 約6割のエンジニアが、転職によって年収が下がり、転職で年収が上がった人は、約2.5割程しかいないと考えられます。 では、転職をして年収を上げるにはどうすれば良いのでしょうか。 転職によって年収がアップしたエンジニアの特徴として転職活動の時点で、年収アップが確実そうな企業のみを選んで、応募や面接をしていたそうです。そして、実際に内定を獲得した後、現在の企業への入社を決めた理由も、68%の人が「年収アップや待遇環境の改善」だったようですね。 そのため、転職による年収アップを実現する為には「年収がアップしそうな企業」にターゲットを絞り、転職活動をするのも1つの方法と言えそうです。 また、年収のアップは転職をするタイミングに関係があり「doda」の調査によると、28歳で転職したエンジニアは、他の年齢と比較して、年収アップの成功率が最も高かったそうです。また、27歳・29歳も年収アップの確立が高かったことから、20代後半という年齢は、転職による年収アップが成功しやすいタイミングと言えるでしょう。

エンジニアの転職に失敗した人の体験談

以前は100人規模のSIerでネットワークの保守・監視を担当していました。けれど、2次・3次請け案件が中心ということもあり、業績は不安定。不況で受注案件も減り、将来への不安から転職を考え始めました。リクルートエージェントに登録し、最初に出した希望は「安定した環境で働きたい。そのためには大手か大手グループの会社に移りたい」。 また、最近結婚したため、「年収を100万円上げたい」と伝えました。CA(キャリアアドバイザー)さんからは「現在のスキルでは、その希望を叶えるのはかなり厳しい」と言われましたが、譲歩する気にはなれず、大手系列を中心に数十社に応募しました。しかし、やはりスキル不足だったようで、ほとんどが書類選考で不採用に。それでも何社かは面接に進めたのですが、1次面接で不採用となりました。 面接後、CAさんを通じて聞いた企業からの評価は、「志望動機があいまい」「当社で何をしたいのかがわからない」というものでした。確かに志望動機を聞かれたとき、「安定したい」という本音をごまかそうとして、まとまりのないことを喋ってしまったような気がします。

エンジニアの転職に成功した人の体験談

実際にエンジニアとして転職に成功した人の体験談をまとめました。エンジニアへ転職を考えている人は参考になると思うので読んでみましょう。

エンジニアの転職に成功した人の体験談1:高卒からエンジニアへ

自称、「プログラミング未経験かつ高卒ニート人間出身」と語っている男性はドラマリッチマンプアウーマンをみた際、主演であった小栗旬に感銘を受けニートからエンジニアへの転職を志ました。 初めにに行ったのはドットインストールという動画で学べるコンテンツでプログラミングの勉強、そこからwebでは戦いの場が広すぎるなどの理由からyoutubeを初め今は見事に成功を納めています。 IT業界の特にベンチャーなどは学歴より、経験技術などのスキルを重視する傾向があるため手に職であるエンジニアは努力次第で様々な可能性に出会えます。

エンジニアの転職に成功した人の体験談2:派遣エンジニアから正社員エンジニアへ

私は、前々職では、社内のSEとしてERP導入を行っていましたが、一旦ERP導入が落ち着いてからは出荷進捗や生産進捗業務に就くようになり、このままでは自分の志向するITエンジニアとしての職務を全う出来ていないという焦りから、前職のIT系専門のSE派遣会社に転職しました。 そこでは今まで培った技術や知識を生かす事ができ成果を上げる事ができましたが社内の評価としてはあまり良くなく会社に未来を感じられなかったため転職を考え始めました。 転職エージェントではキャリアアドバイザーのサービスがとても親切でそのおかげもあり自分お技術力、知識にあった希望の職の企業に無事転職する事が叶いました。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング