IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

4つのスライドで学ぶCSS入門。

入門

4つのスライドで学ぶCSS入門。

更新日時:

目次

    Webサイトを作成する要素として、欠かせない存在の「CSS」。

    CSSの入門資料は、たくさん作成され、公開されています。そんなCSSを今から学びたい、しっかりと理解しておきたい、という方向けに、おすすめの入門資料をまとめました。「CSSとは?」という初歩的な内容から、実践で使える技術の習得が出来る内容まで、段階を踏んでご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

    CSS入門資料まとめ

    それでは、早速CSSに入門しましょう!

    入門編:CSSとは何?を理解する

    まずは、CSSとは何かを知るところから始めましょう。CSSがWebサイト制作にどのような影響を与えるのか、スタイルシートとは何かなどを学んでいきます。以下でご紹介する2つのスライドで、気軽にCSS入門をしましょう。

    こちらのスライドでは、「CSSとは何か?」という内容を、ざっくりと説明しています。大雑把ではありますが、CSSの概念や役割がとても分かりやすくまとめられているので、「ゼロからCSSについて学ぶ」という方は、目を通しておいて損はないでしょう。

    こちらのスライドでは、CSSの記述の見方や規則について説明しています。ざっくりとした内容ですが、応用編や実践に備えて、CSSの記述に慣れておきましょう。

    応用編:CSSの書き方を学ぶ

    CSSの基本的な書き方について、より詳しく学べます。まずはCSSに触れてみて、体感的にCSSについて学びましょう。

    CSSをWebサイト制作に活用する場合の効率的な方法が学べます。CSSの長所と短所を把握し、短所をカバーする使い方を覚えることで、実践で使えるCSSにしていきましょう。

    実践編:CSSを書いてみる

    CSSの記述方法を覚えたら、早速実践に使ってみましょう。これまでに覚えたCSSの知識を、実際に手で動かして記述してみることで、より理解が深まりますよ。

    動画で実践デビュー

    【CSS入門資料まとめ】ドットインストール

    サイトリンク:「CSS入門-ドットインストール

    動画タイプのチュートリアルです。動画の説明や指示に従って操作をしているだけで、CSSの基本的な記述を学べるので、実践デビューにおすすめです。前半は「CSSとは何か?」という知識的な内容ですが、後半は各プロパティの実践になってくるので、復習と実践がバランス良くできるようになっています。

    CSSを使ってスタイルとレイアウトを制御

    【CSS入門資料まとめ】CSS Tutorial

    サイトリンク:「My Web Tutorial

    CSSを使って、Webページのレイアウトやスタイルを制御する方法を覚えることを目的とした、チュートリアルです。その為、内容は実践が中心。ボリュームがありますが、どれも実践で必要なプロパティばかりなので、このチュートリアルを1周することができれば、実践で使えるレベルのCSSを習得できるでしょう。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?既に、Webサイト制作の知識や経験がある方にとっては、簡単な内容だったかもしれませんね。Webサイト制作初心者という方は、HTMLも覚えておくことをおすすめします。CSSは、あくまでもWebサイトの装飾やレイアウトに影響する要素であって、骨組み的な要素であるHTMLと合わせて使うことが多い為です。

    CSSには、修正がしにくいという欠点がありますが、この欠点をいかにカバーして、書きやすいという長所をいかせるかが、腕の見せ所となります。ぜひ、更なる実践を経験して、CSSを効率的に活用する方法を見つけて下さいね。

    関連タグ

    アクセスランキング