IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアがWebデザインを学ぶ際のスライド13選

更新日:2020年11月05日

デザイン

エンジニアの方の中でもWebデザインを学びたいという方は少なくないはず。Webデザインという新しい観点を持つことができれば、サービスにもまた違った色を出せるかもしれません。今回はWebデザイン初心者のエンジニアから、デザインを学び始めたWebデザイナーの方まで、勉強になる参考スライドをご紹介します。

Webデザインを実践していくための最低限の基本を紹介しています。「デザインって感でしょ」「デザインって難しそう」と思っている方にとっては意外かもしれませんが、デザインがセンスだけでなく理論にも従っていることを理解することができます。

Webデザインのトーン&マナーを導き出す

ユーザーに与えたい意図や狙いを分析し、ビジュアルにまで落としこむために必要な「トーン&マナー」を解説しています。

デザイン4原則

これまでのスライドの中でも出てきた「デザインの4原則」について、詳しく直感的にも理解しやすい解説をしているスライドです。デザインの基本中の基本なのでしっかり抑えておくと良いでしょう。

ノンデザイナーのための配色理論

配色一つでデザインの印象はガラッと変わりますよね。そのために「どの色を使えばいいんだろう」と迷ってしまう方って多いでしょう。そんな方のために、「なぜ配色で失敗してしまうのか」というところから、「配色理論を使った配色法」という応用するところまで紹介しています。

色彩センスのいらない配色講座

配色はセンスが必要そうで、難しそうですよね。しかし、色彩センスいらずで配色をするルールをこちらのスライドでは紹介しています。理論的な配色方法を学ぶことができます。

プログラマがデザインを勉強してみた

プログラマがデザインを勉強してみたスライドです。わかったこと、わからなかったことを紹介しています。

「組織のデザイン」 – 良いデザインを生むためのデザイン

個のデザインではなく、全員でデザインをする組織になることが大切だといいます。nanapiで取り組んでいる組織デザインについて、解説されています。

次のページ:新たな視点のプロダクト作り
初回公開日:2016年12月13日

記載されている内容は2016年12月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング