IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアがWebデザインを学ぶ際のスライド13選

デザイン

エンジニアの方の中でもWebデザインを学びたいという方は少なくないはず。Webデザインという新しい観点を持つことができれば、サービスにもまた違った色を出せるかもしれません。今回はWebデザイン初心者のエンジニアから、デザインを学び始めたWebデザイナーの方まで、勉強になる参考スライドをご紹介します。

更新日時:

いまの年収に不満はありませんか?

今の仕事に不満を感じてるけど、転職はリスキーであまり前向きでないあなた、エンジニアにおすすめの転職エージェントをうまく活用して心機一転新しい仕事に取り組んでみませんか?

独自の求人を持つことで多くの企業の紹介が可能

エンジニア向け転職エージェント「レバテックキャリア」ではエンジニア・クリエイターに特化したフォローアップ体制で転職を有利に進めることができます。 企業別の対策が詰まった面接詳細や模擬面接、客観的に強みを引き出すカウンセリング、また驚くほど企業の評価が変わる職務経歴書の添削など、あなたにあった方法で転職をスピーディーかつスムーズに行うことができます。

企業との絶対的な信頼関係を実現

レバテックキャリアは転職エージェント以外にフリーランスの参画サポートサービスを8年以上に渡り運営しており、数多くのIT・Web系企業と取引があります。そのコネクションを活かして、現場プロジェクトマネージャーとの情報交換MTGを年間累計3000回以上実施しています。 そのため企業から絶対的な信頼を得ています。この信頼関係があるため、通常より短い期間での面接設定→内定を可能としています。

転職のために設計されたフォローアップ体制で転職を有利に

人事担当者やプロジェクトマネージャーとのMTG中に「そういえば、今度◯◯やるから、実はこういう人が欲しいんだよね」といった非公開の求人が出てくるのも、レバテックの強みです。また、競争が激しいWebサービスでは秘密裏に開発を進めるプロジェクトも多いため、予想外の珍しいポジションも存在します。 さらに、求人がクローズしている企業とも日頃からコミュニケーションをとっているため、企業担当者に「実は最近、こんな人が転職を検討しているのですが・・・」という紹介をきっかけに急遽ランチやMTGが設定され、採用に至るケースもあります。 様々なメリットを持つレバテックキャリアはエンジニアの方に一番おすすめできる転職エージェントです。あなたもレバテックキャリアで転職を成功させませんか?

▽レバテックキャリアについての詳しい記事はこちら レバテックキャリアのよく聞く評判と口コミ・面談の雰囲気と方法 ▽その他のエンジニア向けおすすめ転職エージェントはこちら おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」29選と特徴・強み

エンジニアの方の中でもWebデザインを学びたいという方は少なくないはず。Webデザインという新しい観点を持つことができれば、サービスにもまた違った色を出せるかもしれません。 今回はWebデザイン初心者のエンジニアから、デザインを学び始めたWebデザイナーの方まで、勉強になる参考スライドをご紹介します。

Webデザイン参考スライド14選

Webデザイン初心者のエンジニアを意識して、Webデザインの大切さから、Webデザイン基本、発展系のスライドの順に並べています。 それではスライドでWebデザインを学んでいきましょう!

プログラマーからWebデザイナーに歩み寄ろう

「Webデザイナーはプログラマの敵らしい」というところから始まり、プログラマーからWebデザイナーに歩み寄ろうよ、とすすめています。デザインの4原則など基本的なところをざっくり抑えているので、Webデザイン入門に最適です。

デザインとは、Webデザインとは、デザインセオリーについて

Webデザインを考えていく上での必須事項を分かりやすく解説しているスライドです。

デザインとアートの違い、デザインで重要なこと

「デザインとアートとの違いは何でしょう?」と聞かれて答えられますか?デザインとは何かというところから、デザインを考える上で重要なポイントを解説しているスライドです。

Webデザインの基本

Webデザインの基本である「色・フォント・技法・写真・ブログデザイン」を抑えたスライドです。スライド自体、とても見やすく分かりやすいので、改めてデザインの大切さを思い知らされます。

「Webデザインのポイント」を作成例とともに学ぶ

実際のWebサイト例で、Webデザインを改善していく過程での考え方を見ることができます。Webデザインの知識があることで、どれだけ改善され、見やすくなるのか体感できるでしょう。

Webサイトは最低限のルールを守れば見やすくできる

Webデザインを実践していくための最低限の基本を紹介しています。「デザインって感でしょ」「デザインって難しそう」と思っている方にとっては意外かもしれませんが、デザインがセンスだけでなく理論にも従っていることを理解することができます。

Webデザインのトーン&マナーを導き出す

ユーザーに与えたい意図や狙いを分析し、ビジュアルにまで落としこむために必要な「トーン&マナー」を解説しています。

デザイン4原則

これまでのスライドの中でも出てきた「デザインの4原則」について、詳しく直感的にも理解しやすい解説をしているスライドです。デザインの基本中の基本なのでしっかり抑えておくと良いでしょう。

ノンデザイナーのための配色理論

配色一つでデザインの印象はガラッと変わりますよね。そのために「どの色を使えばいいんだろう」と迷ってしまう方って多いでしょう。そんな方のために、「なぜ配色で失敗してしまうのか」というところから、「配色理論を使った配色法」という応用するところまで紹介しています。

色彩センスのいらない配色講座

配色はセンスが必要そうで、難しそうですよね。しかし、色彩センスいらずで配色をするルールをこちらのスライドでは紹介しています。理論的な配色方法を学ぶことができます。

プログラマがデザインを勉強してみた

プログラマがデザインを勉強してみたスライドです。わかったこと、わからなかったことを紹介しています。

「組織のデザイン」 – 良いデザインを生むためのデザイン

個のデザインではなく、全員でデザインをする組織になることが大切だといいます。nanapiで取り組んでいる組織デザインについて、解説されています。

Webデザインのはじめ方

Webデザインの基礎を学んできました。Webデザインを実践する上での手順をこのスライドでは解説しています。

新たな視点のプロダクト作り

いかがでしたか?今回のスライドを見ただけでも、デザイン視点を少しは取り入れることができたのではないでしょうか。Webデザイナーの方でも、基本に立ち返って改めて忘れていたものに気づけたかもしれません。今後のプロダクト開発への良い刺激になっているといいですね。 今回紹介したWebデザインに関係している、「UI/UXデザイン」の記事をご紹介します。

もしWebデザインに興味が湧いてきたという方は、SBクリエイティブから出ている「いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門 」で勉強してみましょう。 スマホを意識したデザインや、すぐに使える配色の基本など、実践的な知識が得られるデザイン本です。 この一冊でWebデザイナーに必須の基礎知識が網羅できる内容になっていますよ。

関連タグ

アクセスランキング