IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

理不尽な上司への対処方法|状況ごとの上手な言い返し方・切り返し方

更新日:2020年10月02日

転職の悩み・不安

ストレスチェックが導入されるなど職場環境への意識は高まっています。様々な問題がある中、上司との関係、とりわけ理不尽な行動をとる上司に悩まされた経験があるという人は多いのでは?ここでは、理不尽な上司と上手く仕事を進めるコツをご紹介したいと思います。

あなたの周りにもいる?「理不尽な」上司

毎日仕事をしていると「理不尽だなぁ」と思わずつぶやきそうになること、ありませんか? その相手が上司だと、その状態を回避する方法が見当たらず、結局ひたすら耐えることでしのいでいるという場合がほとんどだと思います。 理不尽さに耐えることで、精神的に負荷もかかり、結局仕事の効率を下げてしまい、そしてそれが原因で理不尽な上司に嫌味を言われる・・・という恐ろしいスパイラルから抜け出せなくなるなんてことも。 どうしても避けられない上司との問題、その特徴を理解して、対処する方法を身につけて、自分の労働環境を守りましょう!

「理不尽な上司」の具体例:その1「身体的な攻撃をしてくる」

残念ながら、理不尽な上司のパターンは数多。 対策を練るには、まずはどのようなパターンがあるかを知ることから始めましょう。

一番思慮がないパターンと言えるのが、「身体的な攻撃をしてくる」上司。 具体的な例としては、 ・仕事で注意をするときに、胸ぐらを掴んでくる ・書類の訂正を指示するときに、書類で顔を叩かれる ・土下座をさせられ、蹴られる どのような理由があれ、社会人が職場で身体攻撃(暴力など)をふるうことは許されません。殴る・蹴るなどの暴力でなくとも、書類で顔を叩くといったものも、十分「身体的攻撃」といえます。

「理不尽な上司」の具体例:その2「精神的な攻撃をしてくる」

最近増えてきているのは、このパターンではないでしょうか。 それが、「精神的な攻撃」。簡単にいうと、発言による攻撃です。仕事のミスに対する注意は必要なものですが、業務態度や成績対する発言以外はあってはなりません。 具体的な発言例としては、 ・何度教えてもわからないバカだ ・そんなにとろいんだから、ずっと寝てるんだろう ・君ができないせいで、チーム全体が迷惑だ 例を挙げているだけでも、恐ろしいですが、何気なく発する言葉も上司という立場からになると、その言葉がもつパワーは大きくなりますよね。

「理不尽な上司」の具体例:その3「職務妨害をしてくる」

精神的な攻撃にもつながりますが、あからさまに残業が必要となる業務を押し付けられたり、逆に何も業務を割り振ってもらえなくなったり…そういう上司に出会ったことはありませんか?これが、職務妨害のパターンです。 例えば、 ・終業定時直前に翌日午前中の会議の準備を言い渡される ・業務指示を何度確認しても、「周りの人に聞いて」など明言されず放置される ・業務量が多いことを事前に伝えても、効率を改善するようにとさらに業務を増やされる 過大であれ過小であれ、通常上司は部下の業務量を把握し、ベストな効率を出せるように監督する立場。理不尽な上司は、むしろ部下に負担をかけることを楽しむかのような指示を出してきます。

「理不尽な上司」の具体例:その4「プライバシーに関する攻撃をしてくる」

海外では、徹底的に管理されているのがこの攻撃、「プライバシーに関するもの」。 安全大国と呼ばれている日本では、先進国の中で「職場でのプライバシーの扱い」に対する意識が圧倒的に低いようです。

具体例としては、 ・出身地(方言)を下げずむ発言 ・未婚や既婚について発言 ・年齢や家庭環境についての発言 このような個人的な内容を業務上で言及するのは、理不尽な行動ですね。 これ以外にも、休日出勤や残業を不当に求めてくることも理不尽な上司の例として挙げあれます。 身体的なものから、個人攻撃まで、社会人としてはもちろん、それが上司から部下へ向かうとなると理不尽極まりないです。上下関係を理由に、泣き寝入りしてはいられませんね。

どう対処する?上手な対応方法「身体的・精神的な攻撃をされたら」

いろいろなパターンの理不尽な上司をみてきましたが、実際にはどのように対処すればいいのでしょうか? 上司だからこそ、上手に対処しなければ状況が悪化してしまいます。 ここからは、それぞれのパターンに分けて具体的な対処法をご紹介していきます。

身体的な攻撃をされた時の対処法

一番避けるのは「やり返す」ことです。 どんなに感情的になっても、ここで同じことで返してしまうと、同等なので、こういう時こそ冷静な対処が求められます。 その場で「やめてください」と本人に言っても、相手は理不尽な行動をとっているので効き目は見込めません。 こういう時は、「周りの人に相談する」のが一番です。 一人で我慢せず、同僚や近しい先輩に現状を話し、特に先輩は経験している可能性もあるので、とにかく周りに知ってもらいましょう。

初回公開日:2016年12月14日

記載されている内容は2016年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング