【今すぐ始めるSwift/iOSアプリ開発】入門に最適なチュートリアルサイト10個

入門

iOSアプリを作りたい、と思いながらも結局今まで手付かずになっていませんか?今回はプログラミング自体初心者の方から、他の言語でなら開発したことあるけど、Swiftではまだ作ったことないという方に向けて、Swift/iOSアプリ開発入門に役立つチュートリアルサイト10個まとめました。

更新日時:

Swift/iOSアプリ入門チュートリアルサイト

それでは早速Swift/iOSアプリ制作チュートリアルサイトを見て行きます。それぞれ対象者を記述しています。ここでの言葉の意味は次のようになってます。 初心者:プログラミング初心者 入門者:iOSアプリ初心者

1.中学生からわかるiPhoneアプリ開発入門

対象者:初心者・入門者 ゴール:ミニ写真集アプリ AppBankが第3回まである連載です。「中学生から」というタイトルからわかる通り、プログラミング初心者の方でもiPhoneアプリ制作を学ぶことができます。画像で細かく指示を書いているので、迷わずにチュートリアルに則って学習することができるでしょう。

2.作って学ぶSwift/iOSアプリ入門

対象者:入門者 ゴール:Todoアプリ 初めの段落でSwfitの文法の基礎的な部分をさらっと学習します。他のプログラミング言語を学習したことがある方にとっては、問題なく入門できるかと思います。最終的にToDoアプリを作るところまで実装するので、達成感も味わえるのでおすすめのチュートリアルサイトです。

3.A Swift Tour

対象者:入門者(英語読める人) ゴール:Swfit文法習得 本家Appleが公開しているSwiftの文法の解説がされているチュートリアルです。すでに他のプログラミング言語を習得している方で英語を読める人は、こちらでSwiftの基本を学ぶことができます。

4.iPhoneアプリ開発入門 – ドットインストール

対象者:初心者・入門者 ゴール:Xcodeの基本的な使い方の理解 チュートリアルといったらやっぱり定番の「ドットインストール」。iPhoneiOSアプリを開発するにはXcodeが必要ですので、そのためプログラミングをしていく前にXcodeの使い方を知っておかなく必要があります。その使い方から、画面遷移など基本的な動作の実装を学ぶことができます。

5.10分で試せる!iOSアプリ開発入門

対象者:初心者・入門者 ゴール:Xcodeの基本的な使い方の理解 初心者にもわかりやすく、操作写真と丁寧な解説でiOSアプリ開発の説明がされています。「10分で試せる」と言っていることからわかる通り、画像とテキスト簡単にわかる内容です。

6.初心者のためのSwiftプログラミング入門

対象者:初心者・入門者 ゴール:Swiftの基本文法 Swiftを使って変数についての説明から、構造体の話まで解説されているチュートリアルサイトです。完全なプログラミング初心者にとっては、結構ざっくりと説明されている部分もあるので、適宜調べながらこのサイトを一通り学習するといいですね。調べるの面倒かもしれませんが、どのみちプログラミングはレールの敷かれたところを走るわけじゃないので、調べる力もつけておくのもいいかもしれません。 プログラミング知識のある入門者にとっては、さらっとSwiftでの書き方がわかるのでいいチュートリアルでしょう。

7.Swiftで作るToDoアプリ開発チュートリアル

対象者:入門者 ゴール:ToDoアプリ制作 Swiftの文法やXcodeの使い方など、基本的な説明はされていません。一度ざっくりとSwiftを学習した方をターゲットとしたチュートリアルサイトです。画像を多用しているので、とてもわかりやすくToDoアプリまでたどり着くことができます。

8.iOS Development with Swift Tutorial – 1 – Apple DeveloperRegistration

対象者:入門者(英語読める人) ゴール:シューティングゲーム ドットインストールのように、動画で同じように手を動かしながらSwiftを学習していきます。英語が聞ける入門者にとっては一番良い教材だと思います。動画は全40まであり、最終的にはシューティングゲームを作ります。他とは違ってアプリらしいアプリですね。一番達成感、技術力を身につけられるチュートリアルです。

9.Swift日本語チュートリアル ~ 前編(Apple公式ドキュメントSwift Tour±α)

対象:入門者 ゴール:Swift文法などの基本を身につける このチュートリアルを一通り学習しおわると、基本的な文法が理解できるのであとは標準ライブラリなどを調べながら、アプリ制作できるようになると思います。

10.Swiftアプリ開発チュートリアル -Food Tracker- のお供に

対象:入門者 ゴール:Swiftの各関数やクラスを理解する AppleのSwiftアプリ開発チュートリアルで学習していた方が、そのときに出て来た関数やクラスについてまとめている記事です。全5回まであり、同じく入門者にとって非常に助かるチュートリアルとなっています。結構Swift開発の深掘った話なので、実践の際に役立つでしょう。

自分に合ったチュートリアルでSwift/iOSアプリ開発に入門しよう!

いかがでしたか?プログラミング初心者という方から、他の言語は習得していてSwift/iOSアプリ開発は初めてという方にとって入門する際に参考になるチュートリアルサイトをご紹介してきました。自分のレベルに合ったチュートリアルは見つかりましたか? もしひとつのチュートリアルが終わった段階で、まだ実際にアプリ開発へ踏み出せないという方は、他のチュートリアルで復習も兼ねながら違う角度からSwiftを勉強するのもよいでしょう。 アプリ開発の入門はただ書いてある通りにやっていると、つまらなく感じてくるときもありますよね。モチベーションを維持するためにも学習する際は、何か自分で作りたいものを思い浮かべながら学習するといいです。 【合わせて読まれる記事】

「スキルを上げたい」に関する転職理由ランキング

「スキルを上げたい」という気持ちは、転職理由としても上位に上がります。

■転職理由5位:「専門知識・技術力を習得したい」
■転職理由6位:「幅広い経験・知識を積みたい」
■転職理由8位:「市場価値を高めたい」
(出典:DODA2015年データ)

勤める企業の規模や任される仕事によって、身につくスキルは変わります。新卒の頃はスタートラインが同じでも、どんな仕事を積み重ねたかで、5年・10年後、スキルの個人差は大きく開いていきます。任される仕事は交渉をしてもなかなか変えづらいもの。だからこそスキルを上げるために、職場を変える方が多くいます。

■この年齢とスキルで転職できる?
■これまでの経験は新しい職場で通用する?

エンジニア転職での不安や疑問の相談に乗ってくれるのが、エンジニアに特化したエージェントサービス「レバテックキャリア」。転職活動を通して、自分が積み重ねた経験やスキルが、今の市場から求められているのか確かめてみることをおすすめします。もちろん、相談は無料です。

ホームページ:「レバテックキャリア」

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)