IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英語でプログラミングを学習したい!そんなエンジニアにおすすめのプログラミング学習サービス5選

入門

今回は英語圏まで幅を広げようとするエンジニアに向けて、今回は海外のプログラミングサイトをご紹介していきます。生活、人生はもちろん、エンジニアライフを豊かにするための英語学習×プログラミング学習をはじめてみませんか?

更新日時:

1.Codecademy

学習可能言語:HTML&CSS/JavaScript/jQuery/PHP/Python/Ruby 学習費用:完全無料 見易さ、学習しやすさが特徴。実際の画面は下のような感じです。

これはPHPでの学習で、左に解説と問題、中央にプログラムコード、右に結果表示。中央でプログラミングをすると、その場で右のプレビューに表示されていきます。日本でプログラミングを学ぶ時には「ドットインストール」が初学者にはわかりやすいですよね。ドットインストール、Progateに負けない使いやすさが世界的に人気なサービスです。 このサイトでなら、画面を切り替える必要もなく、マウスを握らずキーボードに手を添えて、どっぷりプログラミングに浸かれますよ!

2.codeshool

動画で学習できる学習サイト。個人的にはデザインがけっこう好みです。 学習可能スキル:Ruby/JavaScript/HTML/CSS/iOS/Git/Electives 学習費用:無料版/月額29ドル

3.Code Avengers

登録をしなくてもある程度学べるサービス。名前の通り、アベンジャーズなイラストも。 学習可能言語:HTML5 CSS3/JavaScript/Python3/ 学習費用:有料(無料トライアル有)

4.Treehouse

サービス開発、アプリ開発、オブジェクト指向が学べるサイト。 学習可能スキル:HTML/CSS/Design/JavaScript/Ruby/PHP/WordPress/iOS/Android/Python/Java/DesignLiteracy/Game Development 学習費用:Basic Plan 25ドル/Pro Plan 49ドル

5.Khan Academy

ドローイングやアニメーションを学べるサイト。数百ある動画コンテンツから学習したい内容を選べます。 プログラミングの概念から学ぶことが出来たり、コミュニティもあるので初心者の方も安心して使っていただけます。 学習可能言語:JavaSprict/HTML/CSS/SQL 学習費用:完全無料

英語でプログラミングを効率よく学ぼう。

英語を使ってプログラミングを学ぶ。 プログラミングが学べる日本のサイトなんていくらでもありますよね。そのようなサイトはありふれているので今回はプログラマーの為に海外で有名な、プログラミングが学べるサイトを厳選してご紹介しました。英語ができない方はこの機会にプログラミングを学習しながら英語も一緒に学んでしまいましょう。 これらのサイトを参考にして学んでいけばプログラミングで使う英語のスキルとプログラミングのスキルを上げることができるでしょう。 英語を学習することで、英語のテキストを読み、最先端の技術も知ることができるようになります。他のプログラマーに差をつけることができます。是非試してみてくださいね。

いまの年収に不満はありませんか?

独自の求人を持つことで多くの企業の紹介が可能

エンジニア・クリエイターに特化したフォローアップ体制で転職を有利に進めることができます。 企業別の対策が詰まった面接詳細や模擬面接、客観的に強みを引き出すカウンセリング、また驚くほど企業の評価が変わる職務経歴書の添削など、あなたにあった方法で転職をスピーディーかつスムーズに行うことができます。

企業との絶対的な信頼関係を実現

転職エージェント以外にフリーランスの参画サポートサービスを8年以上に渡り運営しており、数多くのIT・Web系企業と取引があります。そのコネクションを活かして、現場プロジェクトマネージャーとの情報交換MTGを年間累計3000回以上実施しています。 そのため企業から絶対的な信頼を得ています。この信頼関係があるため、通常より短い期間での面接設定→内定を可能としています。

転職のために設計されたフォローアップ体制で転職を有利に

人事担当者やプロジェクトマネージャーとのMTG中に「そういえば、今度◯◯やるから、実はこういう人が欲しいんだよね」といった非公開の求人が出てくるのも、レバテックの強みです。また、競争が激しいWebサービスでは秘密裏に開発を進めるプロジェクトも多いため、予想外の珍しいポジションも存在します。 さらに、求人がクローズしている企業とも日頃からコミュニケーションをとっているため、企業担当者に「実は最近、こんな人が転職を検討しているのですが・・・」という紹介をきっかけに急遽ランチやMTGが設定され、採用に至るケースもあります。

関連タグ

アクセスランキング