IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【説明会】自由ではない!「私服OK・服装自由」のときの正しい私服の選び方

就活マナー

説明会の案内メールなどには、「私服でお越しください」や「服装自由・私服可」などの注意がある場合があります。本当に服装自由・私服でいって良いの?今回は、企業説明会で私服OK、もしくは私服指摘があった場合にどのような格好で行けば良いのか、一般的な服装をご紹介するので、今後の参考になさってください。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

私服OK・服装自由の説明会での服装

最近では、説明会は私服OKや私服指定の企業が多くなってきました。説明会での服装が直接選考に影響するとは限りませんが、フォーマルな場として相応しくない格好は避けたいものです。 しかし、ビジネスの現場にふさわしい私服というのも、経験がなければなかなかわからないもので、リクルートスーツを着ていく学生も多いようです。ところが、それだとなぜスーツで来たのか、とのちに聞かれる場合もあります。他の企業と日程が重なっていて、スーツで行かざるをえない状況であれば、仕方ないかもしれません。ですが、私服の指定がある場合は、やはり私服で行った方が良いと考えられます。まずは、説明会に参加する上で一番無難な私服「オフィスカジュアル」から見ていきます。

説明会での服装の注意点:オフィスカジュアル

オフィスカジュアルのイメージは、スーツと私服の中間です。男性だと、ワイシャツ、ジャケット、長ズボン、靴です。女性の場合はより自由度が高く、「派手すぎない」「露出が多すぎない」「簡単に着崩れない」「清潔感がある」といったポイントをおさえた服装を守れば、非常識だと認識されることはあまりありません。 男性の場合、夏場はジャケットは必須ではありません。ストライプなど、少し柄の入ってワイシャツを着ると、自然で良いかもしれませんね。 ただ男女共に、「ジーンズやスニーカーは非常識」と認識している企業も少なくないので。その点は注意が必要です。もちろんサンダルもNGです。また、帽子を被っていくのは良いかもしれませんが、説明会が始まってもずっと被っているのは礼儀として失礼なので、必ず脱ぎましょう。 また、シャツのボタンは、外すのは一つだけにしておきましょう。だらしなく見られてしまいます。カジュアルという名前が付いていますが、あくまでオフィスでの格好なので、大学生として普段している格好よりフォーマルにすることを意識しましょう。

説明会での服装の注意点:オフィスカジュアル以外

上ではオフィスカジュアルについて紹介しましたが、「私服は絶対にオフィスカジュアルにすべき」というわけではありません。大抵の企業の認識では、非常識でない服装なら、基本的になんでも構わないのです。「非常識」の範囲や基準は企業によって曖昧ですが、一般的に企業に嫌がられる服装について見ていきます。

服の形状・種類

①短パン ②丈の短いスカート・パンツ ③ノースリーブ ④派手な色・柄 ⑤革ジャンなど

その他

①サンダル ②だらしない着方 ③よれよれ、ぼろぼろの服や靴 ④派手な髪の色

などです。企業によっては、TシャツをNGと見做しているところがあるので、ワイシャツやポロシャツを着る方が、失敗は少なくなります。あとは、よれよれのシャツや腰パン、背丈とサイズがあってない服などは、だらしないと捉えられてしまうので気を付けましょう。色は黒、白、グレー、ベージュ、ネイビー、などが多数派です。 靴は、スニーカーでも派手でなければ大丈夫だと思いますが、どうしても不安な方は、スーツを着るときに履く靴を穿きましょう。

説明会の服装の注意点:服装自由・私服可の場合

私服可とは、「私服で来ても良いが、スーツでもいい」という場合です。この場合は、私服を指定されている説明会よりも、スーツでくる人が多くなります。オフィスカジュアルの方も少なくありませんが、Tシャツにジーンズのような格好は目立ってしまうくらい少数の可能性が高くなるので、先ほどご紹介したオフィスカジュアルか、スーツで行くことをオススメします。もちろん、ちゃんとした格好であればオフィスカジュアルでない私服でも問題はないので、目立ってしまうことなどに不安のない方は、私服で行っても大丈夫です。

服装自由でも企業ごとに変える

以上、説明会で私服の指定があった場合にどうすれば良いのかを見てきました。無難な方法としてオフィスカジュアルを紹介しましたが、企業によっては、「私服指定でなく私服可ならスーツでくるべき」と考えている場合も考えられます。 出版系やアパレル関連の業界は比較的カジュアルな服装を求めることも多いですが、銀行系や商社系ではスーツ指定の企業も少なくなく、業界によって様々です。なので、一概に案内メールに「私服」という文字を見つけたからといって、どこでも同じような格好で行くのはおすすめできません。採用ページなどには、働いている社員の方の服装が載っていることも多いので、そこでカジュアルの度合いを測ってから、説明会へ行く服装を決めましょう。 そもそも、説明会の服装が選考の結果に深く影響することは少ないですが、確認してから臨めば失敗は少なくなります。また、アパレル関連では、面接でも私服の指定をしてセンスを測られる場合があるので、説明会などで社員の方の服装などをみて、雰囲気や傾向を掴んでおくのも重要です。

関連タグ

アクセスランキング