IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

平均勤続年数とは|平均の勤続年数が短い3つの理由

初回公開日:2016年12月14日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2016年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

平均勤続年数とは、企業に勤めている従業員の勤続年数の合計を、従業員数で割ったものです。一般的には、平均勤続年数が長い企業は社員の出入りが少なく安定した企業、これが短い企業は、起業間もない場合を除いて、社員の出入りが激しい企業であるといえます。

平均勤続年数が短ければ、スキルを身に付けて独立する夢を持てる会社である可能性があります。最終的にスキルアップをして、独立を目指したいのであれば、自分自身を磨くことのできる会社を選びましょう。 自分の将来の計画に照らして考えて会社を選ぶと良いでしょう。スキルアップをするなら、転職も考えることも必要です。 もし将来独立したい、今よりキャリアアップしたいと考えているなら、転職エージェントに相談してみることをします。転職エージェントならあなたの将来のキャリアに合った求人を紹介してくれます。

関連タグ

アクセスランキング