IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

平均勤続年数とは|平均の勤続年数が短い3つの理由

初回公開日:2016年12月14日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2016年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

平均勤続年数とは、企業に勤めている従業員の勤続年数の合計を、従業員数で割ったものです。一般的には、平均勤続年数が長い企業は社員の出入りが少なく安定した企業、これが短い企業は、起業間もない場合を除いて、社員の出入りが激しい企業であるといえます。

寿退社(女性社員)が多い

社員を大事にしてくれて、女性に優しく、福利厚生や社員支援の制度が充実している会社は、女性社員の割合が多くなります。 女性社員の割合が多い場合は、結婚や妊娠で退職する人が多いです。平均勤続年数が短い場合は、社員の性別比も確認しておくと良いでしょう。

転職できるスキルが身に付く

退職する人が多い理由としては、転職できるスキルが身に付く会社であることがあげられます。スキルアップが見込める会社であれば、退職して独立する人も多いです。 スキルを身に付けて独立する夢を持ちたい場合には、平均勤続年数に関係なく会社を選ぶようにしましょう。

就活は情報戦!

平均勤続年数が長く、働きやすいと感じている人が多い企業に興味がある方は「キャリアパーク」をします。 経験豊富なプロのキャリアアドバイザーが、あなたの性格や長所を見極め、あなたに合った企業を紹介してくれます。無料登録は1分で完了し、人物重視の優良企業の非公開求人300社を、特別選考ルートでご案内します。 「キャリアパーク」を使って、他の人と情報で差をつけて強みにしましょう。

平均勤続年数が短い=悪い会社ではない

平均勤続年数が短いと悪い会社で長ければ良い会社というわけではありません。業績不振で新入社員の採用を抑えている会社は平均勤続年数が長くなります。 また、平均勤続年数が短いことのメリットとしては、企業の年齢が若いということですので、やりがいがある会社であることや意見を言いやすいということ、スキルを身に付けて独立する夢を持てることがあげられます。

企業の年齢が若いとやりがいがある

平均勤続年数が長いということは、社員の年齢層が高いことを表します。基準の平均勤続年数は、主として大卒を採用する企業の場合は19年、主として高卒を採用する企業の場合は21年であり、これを越せば社員の年齢層が高くなりすぎます。 平均勤続年数が短いということは、企業に勤めている社員の年齢層が低く、活力のある会社であることを指します。仕事にやりがいを求める場合には、勤続年数が短い会社を選びましょう。

若手社員が多いと意見を言いやすい

一緒に働いている社員の年齢層が高ければ高いほど、自分の意見が言いにくくなります。平均勤続年数が短く、社員の年齢層が低い場合には、自分の意見も反映されやすく、勤めやすくなります。 意見を言いやすい会社が良い場合であれば、平均勤続年数が19年または21年未満、もしくは企業活力を重視するなら10年から15年の会社を選ぶようにしましょう。

スキルを身に付けて独立する夢を持てる

年功序列社会の日本ではありますが、徐々に勤続年数云々よりも実力がものをいう世の中になってきています。会社はいつ倒産するかわからないのも事実です。自分自身に力をつけることが安定に繋がります。 平均勤続年数が短いということは、スキルを身に付けて独立していった社員が多いことも示唆しています。スキルを身に付けて独立する夢を持っているのであれば、平均勤続年数が短い会社を選びましょう。

平均勤続年数が長い/短い理由をよく調べる

平均勤続年数が短いだけで悪い会社であると判断することはできません。結局、平均勤続年数よりは業績が大事、ということになります。 しかし、社歴の半分を基準として、長すぎる平均勤続年数は若い人材を導入できておらず、会社が停滞している可能性を表し、短すぎる場合には会社をよく見定めなければならないということはいえますので、就職前に平均勤続年数が短い場合は理由を調べるようにしましょう。

自分の将来の計画に照らして考える

関連タグ

アクセスランキング