IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

平均勤続年数とは|平均の勤続年数が短い3つの理由

初回公開日:2016年12月14日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2016年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

平均勤続年数とは、企業に勤めている従業員の勤続年数の合計を、従業員数で割ったものです。一般的には、平均勤続年数が長い企業は社員の出入りが少なく安定した企業、これが短い企業は、起業間もない場合を除いて、社員の出入りが激しい企業であるといえます。

平均勤続年数とは

平均勤続年数とは、企業に勤めている従業員の勤続年数の合計を、従業員数で割った年数です。一般的には、これが長い企業は社員の出入りが激しくなく安定した企業であると考えられます。 企業がもし大卒を継続的に採用し続けている社歴の長い企業で定年が60歳を長年維持してきた場合には、新卒の0年と定年間際の38年の平均である19年が標準となります。しかし、社員が増加し続けている場合にはこれより短くなります。

平均勤続年数を調べる方法

平均勤続年数は、会社によってはホームページ上などに情報を公開している場合もありますし、有名な会社であれば転職者向けサービスで平均勤続年数を調べる事もできます。 平均勤続年数を公開していない場合であれば、OB訪問やOG訪問で質問するという方法があります。平均勤続年数が短い場合は、理由も聞いておくと良いでしょう。

平均勤続年数が短い3つの理由

平均勤続年数が短い企業は、起業間もない場合を除いて、社員の出入りが激しい企業である可能性が高いです。ブラック企業に勤めたくないと考えているのであれば、平均勤続年数が長い所に勤めたいと考える人も多いです。 平均勤続年数が短い理由としては、企業の年齢が若いことや若手社員の数が多いこと、辞める人が多いことがあげられます。平均勤続年数が短い3つの理由をご紹介します。

理由1:企業の年齢が若い

平均勤続年数が短い理由として、企業自体の年齢が若いことがあげられます。起業したばかりの会社は平均勤続年数が短く、社歴を超えることはありません。また、急成長を遂げている会社も新入社員の採用が増えていると平均勤続年数は短くなります。 平均勤続年数が短い場合は、企業の年齢も併せて確認しておくと良いでしょう。

理由2:若手社員の数が多い

平均勤続年数が短いということは、若手社員の数が多い会社であることがあげられます。若手社員の数が多ければ多いほど活力があり、意見が言いやすい会社です。 平均勤続年数が長いということはベテランが多いということであり、仕事の主導権をなかなか握れないとか、会社利益がベテラン中心に配分されるのではないかというデメリットもあります。

理由3:辞める人が多い

平均勤続年数が短い理由として、退職する人が多いことがあげられます。 辞める人が多い理由としては、仕事が激務であることや待遇が悪いという悪い理由である可能性もありますが、女性社員が多く、寿退社が多くなってしまうことや転職できるスキルが身に付く会社であることといった理由もあげられます。 今の環境を変えたい、自分の希望する条件がそろう企業で働きたいと思ったら、転職エージェントに相談することをします。転職エージェントなら、求人の紹介はもちろん条件の交渉まで行ってくれます。

仕事が激務である

仕事が激務である会社は退職する人が多く、平均勤続年数が短い傾向が強いです。仕事が激務で残業も多い会社であれば、体力が持たずに退職する人も多くなります。 仕事が激務である会社は社員の出入りが激しく、平均勤続年数が短いことが特徴ですので、就職する前に見学などを行い仕事が激務かどうかを確認しておきましょう。

待遇が悪い

福利厚生が充実しておらず待遇が悪い会社であれば、退職する人が多くなります。待遇が悪い会社の場合、いざ病気になった時や怪我になった時、妊娠した時などの保証をしてもらえないことがあり、辞めざるをえない状況になる可能性があります。 勤続年数が短い会社である場合は、福利厚生などの待遇についてしっかり調べておくと良いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング