IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「非常識」の意味|常識がない人の15の特徴・改善方法

更新日:2020年02月25日

言葉の意味

このページでは、「非常識」をテーマに、さまざまな情報をご紹介しています。非常識な人の特徴や長所・短所、非常識を改善する為の方法を掲載・考察しています。また、周囲にいる非常識な人への接し方などもまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

「非常識」の意味

一度は聞いたことがある「非常識」という言葉の意味について確認しましょう。 「非常識」とは、「常識のないこと。常識を欠いていること。また、そのさま。」を意味する言葉です。 社会に出た場合「非常識」とは、「社会人として一般常識がない」とも言い換えることができます。 「非常識な人」とは、常識がない人や常識とはかけ離れた言動を取る人が当てはまります。

常識がない人の特徴

具体的に「非常識な人」とはどのような人なのか、特徴をご紹介していきます。 これからご紹介する特徴に自分が当てはまったからと言って、必ずしも非常識であるとは言えませんが、その傾向がある可能性は高くなります。 思い当たる点がある方は、改善や対策をすると、自分の良さをより活かして生活できるようにしましょう。

1.食事マナーが悪い

一緒に食事をしている人が不愉快な気分になることをするのは「非常識」です。 例えば、次のような事はされると相手が不愉快になる可能性が高い項目です。 ・不潔な服装で参加する ・音を立てて食事をする ・スマートフォンを見ながら食事をする ・声が大きすぎる 少し気をつければ良いだけのことですので、常識がないと言われないように注意しましょう。

2.空気が読めない

空気を読むとはその場の雰囲気を察知するということで、その場にいる大勢が考えているであろう事に気がつくという意味にもなります。 ・すぐ近くで上司に誰かが叱られているのに気にせず大声で笑ったりする ・飲みの場所でそろそろ帰ろうという雰囲気になっているのに、自分だけ二次会に行こうと言い張る 具体的に言うとこのようなことですが、ついうっかりしてしまいがちですので気をつけましょう。

3.言葉遣いが悪い

社会人として言葉遣いは最低限マスターしておかなければ、常識がないと言われるのは当たり前です。 学生ではないのですからきちんとした言葉は日頃から意識して使うようにしましょう。 学生時代の延長で話してしまうとうっかり学生言葉が出てくることもあります。特に上司や得意先には本来であればきちんとした敬語を使うべきです。 先輩の言葉遣いなどを参考に、常識範囲内での言葉遣いができるように努力しましょう。

4.漢字の読み書きができない

あまり使わないような難しい漢字は読めなくても仕方がありませんが、ごく一般的な漢字が読めないのは致命的です。 常識がないと言われないためにも、普段から文章を読まない人は意識して読むようにすることをおすすめします。 最低限新聞によく出てくるような字は知っておく必要があります。新聞を取っていない場合、スマートフォンのニュースサイトでもかまいません。 文章を読む際には、読めない漢字が出てきたらきちんと読めるように調べておきましょう。

初回公開日:2016年12月14日

記載されている内容は2016年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング