IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事ができない人の特徴8つ・仕事ができない人の対処法と改善方

更新日:2020年11月09日

コミュニケーション

あなたの周りにも仕事ができない人っていませんか。仕事ができない人は困ります。しかし改善すれば、仕事ができない人でも仕事ができない人から脱却する事ができるでしょう。今回は、そんな仕事ができない人について解説していきます。ぜひご覧ください。

仕事ができない人とは

職場に仕事のできない人がいるといった人は多いです。同じようなミスを繰り返す人や毎日毎日残業をしている人、仕事だけでなく服装もだらしない人は仕事ができないといった特徴があります。 自分が仕事ができないだけならば良いのですが、仕事ができないことを他人のせいにしたり、頼んでいた仕事ができておらず取引先に迷惑をかけたりと、周囲に迷惑をかけてしまうことも多々あります。

ミスが多い

仕事ができない人はミスが多いです。仕事ができない人は仕事の要領が悪いので、同じ間違いを何度も繰り返します。 仕事の要領が良く、一度こなせば仕事ができるのであれば、毎回メモを取る必要はありませんが、仕事ができない人は同じ間違いを繰り返すだけで、メモをとることもしません。 メモを取るタイミングがわからない人もいるので、ここはメモを取ってほしいと促してみても良いでしょう。

だらしない

仕事ができない人の特徴

仕事ができない人にはそれぞれ共通する特徴があります。 仕事ができない人の特徴としては、言い訳が多いことや同じことを何度も聞く、スケジュール管理ができない、言葉足らずで何を言いたのか分からないといった特徴があげられます。 机の上が散らかっている人や無駄に残業ばかりしている人も、仕事ができない人であることが多いです。仕事ができない人の特徴についてくわしくご紹介します。

特徴1:言い訳が多い

仕事ができない人の特徴として、言い訳が多いといった特徴があげられます。 仕事ができない人は、プライベートと仕事の区別がついておらず、仕事の切り替えができていません。 仕事ができない人は、プライベートモードのまま仕事をダラダラと始めています。そのため、ダラけた気持ちで仕事をしているので失敗が多いだけでなく、その失敗に対して言い訳をする人が多いです。

特徴2:同じことを何度も聞く

仕事ができない人の特徴として、同じことを何度も聞くといった特徴があげられます。 人は同じ失敗は二度はやらないように、1度目の失敗で学びます。しかし、仕事ができない人は同じ失敗を何度も繰り返す傾向にあるので、同じことを何度も聞くことが多いです。 さらに失敗が失敗を引き寄せてしまい、失敗の悪循環に陥ってしまうという取り返しのつかないことにもなりかねません。

特徴3:スケジュール管理ができない

仕事ができない人の特徴として、スケジュール管理ができないといった特徴があげられます。仕事ができない人はスケジュールを守る事ができずに、大事な取引先との約束があったとしても遅刻することがあります。 時間の管理は仕事をする上で大切です。仕事は決められた時間に効率よくこなせるかが大事ですが、仕事ができない人はこの時間管理ができないので仕事ができないだけでなく、周りにも迷惑をかけるといった特徴があります。

特徴4:机の上が散らかっている

仕事ができない人の特徴として、机の上が散らかっているといった特徴があげられます。 仕事ができない人は、心の乱れが見た目に現れているので机の上が散らかっており、大事な書類も失くしてしまう場合があります。 心の乱れというのは、外見や身だしなみに出てしまいます。服装の乱れは心の乱れとも言います。仕事ができない人は、心の乱れが外に出てしまうといった特徴があります。

特徴5:無駄に残業ばかりする

仕事ができない人の特徴として、無駄に残業ばかりすることがあげられます。仕事ができない人は、仕事の優先順がつけられません。 仕事には普段やっている通常業務と、上司から「これはいつまでにやっといて」といきなり指示されるような仕事があります。 普通なら上司から指示された作業を早めに終わらせて、日常業務に戻りますが、仕事ができない人は同時並行して仕事をするので、残業が多くなるといった特徴があります。

次のページ:仕事ができない人への対処法
初回公開日:2016年12月13日

記載されている内容は2016年12月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング