第一志望の内定を掴もう!就職祈願でご利益のある神社3選

就活ノウハウ

今回は、就職祈願で有名な神社を3箇所、ご紹介します。神社のご利益を信じて選考に臨んだ方が、精神的にも良い影響がありそうですよね。なので、パワースポットの力を借りたいという方はもちろん、霊的なものを信じていない方も、物は試しと思ってぜひ参拝してみてください。

更新日時:

就職祈願でご利益のある神社3選

就職祈願でご利益のある神社ですが、今回は場所を東京に絞って見ていきたいと思います。就活では、説明会や面接などで地方の方も東京に来ることが多いと思うので、「就活ついでに神社に寄って帰る」というのもいいと思います。 さて、今回ご紹介する神社について見ていきます。 ①愛宕神社 ②神田明神 ③湯島天神 この3箇所です。どれも有名なので、名前をすでに知っているという方もいらっしゃると思いますが、これらの神社のご利益についてもご存知ですか?実際に効果があったと声がある神社でも多数あるので、参拝してお守りを買っておくと、精神的にも支えになり、とても効果的です。ほかにも、御朱印をもらうのも良いかもしれませんね。 ではそれぞれの神社を個別に見ていきたいと思います。

愛宕神社

トピック143/要素1805

愛宕神社が祀っている神様は、火産霊尊(ほむずびのみこと)という火の神様です。1603年に徳川家康によって建てられた神社で、防火の神様として祀りました。その後、江戸大火災や関東大震災の被害を受けますが、再建して今に至ります。 おもなご利益には、 ①火に関するもの、防火、防災 ②出版、コンピュータ関係 ③商売繁盛 ④縁結び などがあります。就職祈願として有名であるのは、商売繁盛というのが大きいでしょう。また、受ける企業が出版、IT関係であれば、よりご利益に授かれるでしょう。

神田明神

神田明神は、1300年近く江戸東京に鎮座してきた神社です。江戸時代には「江戸総鎮座」として、江戸の将軍から庶民まで守護してきました。 神田明神が祀っている神様のなかには、少彦名命(すくなひこなのみこと)という、商売繁盛、医薬健康、開運招福の神様がいます。なので、商売や医療関係の就職祈願に良い、と言えます。そして何より有名なのは、関ヶ原の戦いの際に、徳川家康はこの神田明神で祈祷してから戦いに参加したという逸話です。このエピソードから、「重要な勝負事の前には、神田明神でお参りするのがいい」と考えられています。なので、第1志望の企業の面接の前などにいくと、特に良いかもしれません。

湯島天神

湯島天神は、学問の神様である菅原道真が祀られています。そのため、高校や大学の入学試験の前や、国家試験の前に参拝しに行く方が多く、「一般的にも試験前にいく神社」というイメージが強いと思います。しかし、就職活動も、新卒採用試験という試験を通して行われるものであり、ご利益を授かれます。とくに、筆記試験が行われる企業で、試験前にお参りすると、より効果的だと思います。

ご利益がありますよに

以上、就職活動にご利益のある神社を3社ご紹介してきました。就職祈願に良い、といってもそれぞれ異なるご利益があるのがわかったと思います。商売関係、出版・IT関係の愛宕神社、ここ一番の勝負どきの神田明神、筆記試験向けの湯島天神といった感じです。 神社のご利益は1箇所だけでしか効果はない、などというようなことはないので、時間に余裕のある方は、この神社全部にお参りしてしまいましょう。精神的な支えにもなりますし、お参りを「気合を入れるスイッチ」と考えてみてもいいかもしれません。「最後の神頼み」ではないですが、自己分析や勉強以外にもまだやれることは残っているので、ぜひお参りしに行ってください。もちろん、神社でのゴミのポイ捨てや歩きタバコ、他の参拝客の迷惑になる行為はバチがあたるので、マナーを守ってきちんとお参りしましょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)