IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職場にいる「人を見下す」人の特徴と心理4つ・対処法

初回公開日:2016年12月12日

更新日:2020年02月14日

記載されている内容は2016年12月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

人を見下す人は嫌ですよね。人を見下すというのは人を比較する事から起きた歪んだ心です。気づいていないだけであなたも頭のどこかで人を見下していませんか?そんな人にはなりたくないものです。今回はそんな人を見下す人の特徴と心理と対処方法について解説をしていきます。

あなたの周りにも人を見下す人は居る

人間は社会の中で色んな個性や性格を持った人間と共同で仕事をしたり生活をしたりしています。色んな個性や性格を持った人がいるという事は、自分とは性格が合わない人間もいるという事です。

性格が合わない「人を見下す」人間ともうまく関わっていく必要がある

性格が合わない人の中にはあなたの事を認めようとしない人間もいますよね。例えばあなたを下に見る、見下す人間もいますね。社会の中ではそうした見下す人間ともうまくかかわっていかなくてはいけません。

見下す人を知る事で対処できる事もある

見下す人やあなたと合わない人はどこにでもいると言われています。そうした人間とのかかわり方を経験の中で学んでいき、どうしたらそうした性格や個性を持った人と上手に関わっていけるのでしょうか。今回は人を見下す人という個性を持った人の特徴と心理と対処の方法について解説していきます。

人を見下す人の2つの特徴

あなたの周りにも人を見下す人がいませんか?もしかしたらあなたも人を見下すクセはないでしょうか。 ここで解説する特徴に該当してしまうとあなたも人を見下す人かもしれません。ここからはそんな人を見下す人の特徴の解説をしていきます。

①自慢ばかりするプライドの高い人

人を見下す人の特徴3つ目は自慢ばかりするプライドの高い人です。なぜ自慢話ばかりするプライドの高い人が人を見下すのでしょうか。

優位性を求めている

プライドの高い人というのは常に自分が誰かよりも優位な立場で居たいのです。自慢話をするのも自分が誰よりも優れている事をアピールするためです。 それが例え、嘘であってもそれをあたかも真実の様に話します。自分よりも弱い立場の人間を見つけると見下し攻撃してくるのです。

②自信がある人

人を見下す人の特徴4つ目は自信がある人です。自信がある人がなぜ人を見下すのでしょうか。 自信がある人は根拠のある自信を持っていますので、それを誰かに否定される事も少ないです。そのため自分が誰よりも正しいと思っている傾向があります。

自信の方向性が間違って居ると嫌われる

自信がある事自体は悪い事ではありませんが、それが態度や言動に現れてしまうとそれは自分より劣っていると判断した人を見下し攻撃しまうでしょう。 自信がある事を表に表しすぎると嫌われてしまうのでほどほどにしなくてはいけませんね。

人を見下す人の4つの心理

人を見下す人の特徴は理解できましたが、人を見下す人はどのような心理状態なのでしょうか。 人を見下す人の心理が理解できれば、対処するための方法のヒントが見えてくるかもしれません。ここでは人を見下す人の心理を解説します。

①過去の経験や劣等感から人を見下す

人を見下す人の心理1つ目は「過去の経験や劣等感から人を見下す」です。 過去に劣等感を作り出した原因となる経験をしてしまうと、人はどんな小さな事でも自分より上手にできる人を見ると比較し対抗心を抱いてしまいます。 例えば小さなころに兄弟と比較されて生活していた人はそうした劣等感を抱いてしまう事があります。その対抗心が悪い方向に向かうと人を見下したり軽視にしたりという攻撃性に変化してしまいます。

承認欲求の塊でもある

そうした人は誰かに認めてもらいたいという承認欲求の塊でもあるのでその欲求を満たすまでは人を見下す態度が続く事でしょう。 認めてあげられる事は認めてあげれば、分かりあう事ができるかもしれませんが、頑固な面もあるのでいきなり仲良くするのは難しいかもしれませんね。

②自分に無い物を持っている人への嫉妬心

人を見下す人の心理2つ目は「自分にない物を持っている人への嫉妬心」です。これは目に見える物や人以外でも嫉妬の対象になります。 目に見えるものだと家族や恋人、等ありとあらゆるものが対象となります。目に見えないものだと学歴や経歴なども嫉妬の対象になってしまいます。

コンプレックスから起きる嫉妬

コンプレックスから自分より優位な学歴や経歴を持っている人に対して嫉妬したり、妬んだりする人もいますね。 自分に自信が無いためにこうした心理が起きてしまいひどい場合は攻撃性として現れ人を見下し軽視するといった事をしてしまいます。

③人を見下す事が快感になっている

人を見下す人の心理3つ目は「人を見下す事が快感になっている」です。快感や癖になってしまうと人はそれを他の事ではその欲求を満たす事ができず、人を見下す事を辞められない人もいます。 例えばインターネット上の掲示板等のコメント欄を見てみるとお分かりの様に悪口や暴言で溢れています。 そうした場所で悪口や暴言を吐く事で自分の欲求が満たされるんですね。そういう人に辞めてとつたえてもやめないでしょう。 なぜならそれが癖になってしまっているからです。そしてそれ以外の楽しみや欲求を満たすものがないのでそうした行動をしてしまうのです。

④天狗になっている

人を見下す人の心理4つ目は「天狗になっている」です。天狗になるとは調子に乗っているという事ですね。天狗になっている人は自分が誰よりも優れていると思っています。 そのため自分よりも劣っていると認めると見下したり、攻撃して追い詰めようとしてきます。 こうした人は失敗をしらずに生きてきた事で自分が何よりも正しいと思い込んでいる事があります。 そのためどこかで失敗をすればこうした人を見下す行動はやめるはずですが、それでもプライドの高いタイプなのでそうした人を見下すクセはなくすのは難しいでしょう。

人を見下す人の対処法

人を見下す人の心理はご理解いただけましたね。それではここからは人を見下す人の対処法を解説していきます。

人を見下す人は相手にしない

同じ土俵には立たない

見下す人はあなたを見下すために嫌なことを言って見たり挑発的なことを言う事であなたを怒らせ冷静さをなくし同じ土俵に立たせ、あなたを見下す様に仕向けます。 そのためあなたはその挑発に乗ってしまうと同じ土俵に立つ事になってしまうので挑発に乗って同じ土俵に立つ事だけは避けましょう

人を見下す人は子供、大人な対応を心がける

要するに大人になれば良いのです。 相手は人を見下す事で自分の欲求を満たしたい、ストレスを発散したい、過去への劣等感を何とか払拭したい、このように考えているのですから、あなたはあくまで大人な対応を心がける事が大事なのです。 相手はまだ未熟な子供だと思えば、少しは可愛く思えてくるかもしれませんね。見下してきたと感じたらあなたは、冷静に大人な対応を心がけるようする事、これが一番大事なのです。

見下す人をうまく扱おう

いかがでしたか。今回は人を見下す人の特徴と心理と対処法について解説してきました。 人を見下す人はどこにでもいます。ストレスを抱えそのイライラのはけ口がなく、はけ口として人を見下す人や、人を見下しているうちに快感に変わってしまいいつまでも辞められない人もいます。自信がありすぎるあまり人、その自信をひけらかし自分を大きく見せたい人もいます。過去に起きた事を今でも引きず心が歪んでしまった可哀想な人もいます。 そうした人たちと関わる時、あなたは大人になっていれば相手はあなたは張り合う相手ではない事がわかり見下す事も辞めてくれるでしょう。 身近で見下す人がいた時、ムカっとしてしまうかもしれませんがそこは堪えて相手にしない事です。あなたが大人になって対処していけばそのうち彼らも大人になります。長い目で見守ってあげましょう。

それでも耐えられなくなったら。

今の職場は、自分に合っていないのかもしれない...」 「もっと良い条件の職場で働きたい...」 そんな悩みを抱えている人は、他の労働環境や条件について知る機会を持ってみましょう。 今の職場身につけたスキルは、転職時に高く評価されることもあり、転職によって年収が上がる可能性も大きいです。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」と心配な場合は、転職エージェントに聞くことで知ることができ、かつ自分に適した環境を提案してくれますよ。

関連タグ

アクセスランキング