IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

手取り15 万円で生活できるのか?|一人暮らし/家賃と家選びのコツ/貯金

年収・給与

お給料の手取り額が毎月15万円。“15万円ならやっていける!”“ええっ~15万円。無理~”その人の状況により受け取り方は様々です。手取り15万円はどんな生活なのでしょうか?一人暮らしの場合は?家賃は?貯金はできるの?子供がいたらどう?など、考えてみました。

更新日時:

手取り15万円は普通なのか?

結論からいえば、手取り15万円は普通です。新卒や転職したばかりの人なら十分あり得る金額でしょう。場合によっては、派遣社員よりも給与は少ないかもしれません。手取りが15万円ならば、日々の生活に贅沢はあまりいえませんが生活することは可能です。

手取り15万円の社会保険料と税金

社会保険料と税金の支払いは、働き方により方法が違います。 支払方法が給与天引きの場合は、手取り15万円は全て生活費などに使えます。 しかし、後日自分で支払う場合は、手取り15万円の中から社会保険料や税金を支払わなければなりません。つまり、手取り15万円全てを生活費とすることはむずかしくなります。

働き方による支払い方法の違い

・会社員(正社員)・・・給与天引き ・扶養範囲内パート社員・・・支払義務はありません ・個人事業主・・・後日、自分で支払いする おおまかですが、上記の様になっています。しかし、会社員(正社員)でも会社が社会保険に加入しておらず、自分で支払っている人が一定数います。注意が必要です。

社会保険料について

・社会保険料の種類

①年金保険料 ②健康保険料(税)(介護保険料含む:40才から支払します。) ③雇用保険料 ※健康保険料は市により国民健康保険税となっている場合があります。

・社会保険料の金額(会社員の場合)

年齢25歳・給与18万円・都内在中 厚生年金保険料・・・約16,500円/月 健康保険料・・・・・約8,700円/月 雇用保険料・・・・・約800円/月 合計で約26,000円です。つまり、会社員の場合、社会保険料・税金で3万円前後かかってしまいます。

・社会保険料の金額(個人事業主の場合)

個人事業主の場合は、自分で手続きをして国民年金と国民健康保険の2つに加入しなくてはなりません。 国民年金保険料・・・・・16,260円/月 ※平成28年度の金額です。 国民健康保険料(税)・・・8,700円/月 ※各市町村・収入・固定資産により金額に違いがあります。おおよその金額です。 つまり、15万円の月収入から国民年金と国民健康保険で約25,000円と税金の支払いです。

手取り15万円の生活例3パターン

一人暮らしの生活費内訳

会社員(正社員)手取り15万円の生活費内訳を考えてみました。 ・住居費・・・・・・40,000円 ・食費・・・・・・・25,000円 ・水道光熱費・・・・12,000円 ・通信費・・・・・・10,000円(携帯電話・インターネット代) ・医療費・・・・・・ 5,000円 ・保険料(医療)・・・ 3,000円 ・雑費 ・・・・・・ 3,000円 ・こずかい・娯楽費・20,000円 ・服飾費・・・・・・ 5,000円 ・車両費・・・・・・ 5,000円(税金・保険・車検代別 ガソリン代として) ・貯金・・・・・・・22,000円 車代や服代・医療費なども計上してみました。いかがでしょうか?工夫をすれば、貯金を増やせそうな生活費の内訳です。

夫婦2人暮らし生活費の内訳

会社員(正社員)手取り15万円の生活費内訳を考えてみました。 ・住居費・・・・・・40,000円 ・食費・・・・・・・35,000円 ・水道光熱費・・・・15,000円 ・通信費・・・・・・10,000円(携帯電話代) ・医療費・・・・・・ 5,000円 ・保険料(医療)・・・  5,000円 ・雑費・・・・・・・ 5,000円 ・こずかい・娯楽費・20,000円 ・車両費・・・・・・ 5,000円(税金・保険・車検代別 ガソリン代として) ・貯金・・・・・・・10,000円 車を持ちながら、貯金もちょっとできる家計費の内訳です。生活できそうですが、工夫が必要です。

夫婦2人と子供1人の生活費の内訳(予想)

会社員(正社員)手取り15万円の生活費内訳を考えてみました。 ・住居費・・・・・・50,000円 ・食費・・・・・・・40,000円 ・水道光熱費・・・・15,000円 ・通信費・・・・・・ 6,000円(携帯電話代) ・医療費・・・・・・ 8,000円 ・保険料(医療)・・・  5,000円 ・雑費・・・・・・・ 6,000円 ・こずかい・娯楽費・10,000円 ・子ども費・・・・・ 5,000円(給食費など) ・車両費・・・・・・ 5,000円(税金・保険・車検代別 ガソリン代として) 家族3人になると、貯金をするのはむずかしそうです。こずかい・娯楽費・車の所有を検討した方がよさそうです。

手取り15万円の住居の選び方とコツ

手取り15万円の住居の選び方とコツ

手取り15万円の場合、どのように住むところを考えたらよいでしょうか?一般的に収入の25~30%が住居費の目安と言われています。手取り15万円の場合は、3万~4万5千円ぐらいが無理のない金額です。

持ち家が難しい理由3つ

①税金がかかる

持ち家(マンションも含みます)になると住宅ローン以外に固定資産税が毎年かかります。『家賃と同じ金額の住宅ローンで家が持てます』という話は聞きますが、よく検討する必要があります。

②修繕費がかかる

修繕の経費がかかる。賃貸の場合の建物の修繕費用は大家さんの負担です。持ち家の場合自分たちで修繕費用を貯めなければなりません。

③水道光熱費

水道光熱費も面積が広くなる分、アップします。

持ち家(マンション含む)を購入した場合、毎月必要になる金額は住宅ローンだけではありません。15万円の家計費からまかなうのは、かなりむずかしいと考えられます。

都会か地方か?徹底比較

家賃の金額は、都会が高く・地方が安いのが相場です。 1人暮らし・夫婦2人暮らしのアパート家賃を比較してみます。 (調査日2016/12/09・不動産情報サイトスーモにて検索)

・ワンルームの場合

東京都の相場 八王子市39,000円・多摩市 38,000円 埼玉県の相場 川越市 40,000円・狭山市 35,000円 大阪府の相場 豊中市 42,000円・羽曳野市38,000円

・2DKの場合

東京都の相場 八王子市57,000円・多摩市 61,000円 埼玉県の相場 川越市 57,000円・狭山市 50,000円 大阪府の相場 豊中市 62,000円・羽曳野市49,000円

・その他

静岡県掛川市の相場 2DKアパート 46,000円 ※掛川市はJR東海 新幹線の駅があります。 愛知県豊田市の相場 2DKアパート 44,000円 ※豊田市はトヨタ自動車がある街です。 家賃の金額は、都会が高く・地方が安いのが相場です。 (調査日2016/12/09・不動産情報サイトスーモにて検索)

安い家賃で借りる裏技4つ

1.会社の寮や社宅

会社に独身寮や社宅があったら、積極的に借りてはどうでしょうか?寮や社宅は、一般的に相場より賃料が安く、通勤しやすいところに建てられていることが多いものです。初めから敬遠せずに検討してみましょう。

2.会社の家賃補助制度

会社によっては、寮や社宅がない代わりに家賃補助制度がある会社もあります。この場合、補助する上限金額や会社から〇キロ以内の賃貸など細かい規定が設けられている場合があります。ルールを理解したうえで活用しましょう。

3.市営、県営住宅

市営・県営住宅も一般的に家賃が安いため検討しましょう。人気があり、募集時期が限られています。また、新築に入れるととてもラッキーです。最近では、子育て支援として小さな子供がいる世帯はさらに家賃が安くなる市町村も見受けられます。一度、市町村の窓口で聞いてみると良いでしょう。

4.アパートを探す時期も工夫する

12月頃から賃貸不動産業界は繁忙期にはいります。それは、3、4月まで続き借りられる物件数も減ります。又、6、10月も結婚シーズンで新婚向けの物件が不足します。繁忙期の前に物件探しをはじめると、良い物件を探せますし値引き交渉も可能です。

手取り15万円の貯金

貯金は緊急時の費用・子供の教育資金・車の購入・老後資金などのために必要です。 収入の20%を貯金に回せると、家計管理が楽であると言われています。しかし、手取り15万円で20%の3万円を貯金するには節約やがまんが必要です。特に子供が小さい場合は、進学する時に教育費がかかります。節約して貯金を確保するより収入を増やす方法も検討しましょう。

手取り15万円のボーナスの使い道

ボーナスがでたら、計画的に使いましょう。 車を所有している方は、車の税金・保険・車検代を確保しましょう。その他、冠婚葬祭費用や帰省費用・家電の買い替え費用も考えておくと良いでしょう。

毎月の手取りが15万円の場合、1人暮らし・2人暮らしの場合はなんとかやっていけそうです。しかし、子供がいる場合はやはり貯金まではむずかしそうです。 また、車検・冠婚葬祭・帰省費用・車や家電の買い替えなどの大きな出費まで手取り15万円からまかなうのは大変です。ボーナスは必須といえます。 また、手取り15万円から社会保険料や税金を支払う人は収入を増やす工夫をしないと生活するのは大変です。 手取り15万円で生活が可能かどうかは、毎月の生活費だけでなく、社会保険料・税金・車費・帰省費用・家電の買い替えなども含めて検討が必要です。

関連タグ

アクセスランキング