IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ストレスが大きい仕事5選・ストレスの大きい原因

初回公開日:2016年12月22日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2016年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職の悩み・不安

仕事のストレスを多く抱えてしまう職業を5つ紹介します。仕事へのストレスの要因は、どの職場にも共通するものがあれば、その職業ならではのものまであるのでしっかりと把握しておくことが、自分に合った仕事を選び出すことに繋がります。

はじめに

現代の社会では、仕事へのストレスを多く抱える仕事というものは多く存在します。 職場でストレスを抱えてしまう状況に陥る理由は人それぞれですが主な3つを紹介していきます。

仕事のストレスを感じる原因

ストレスの大きい仕事1:警察官

警察官は常に危険と隣あわせの職業ですのでストレスを感じやすい仕事です。その原因をおもに2点紹介します。 1点目:身体の限界 警察官という職業は肉体的にも精神的にも過酷で、危険な状況と対面する機会が多く、身に保証がありません。したがって自分の身体の限界からストレスを感じてしまうことが多いのです。 2点目:職場の環境 仕事内容が過酷という環境以外にも、警察官は縦割り社会なので上下関係がはっきりとしていることから、その厳しい人間関係に馴染みにくい環境となっています。さらに自分の希望通りの部署に入れないということや勤務時間が長いということもストレスを感じる原因となっています。 また、警察官と同じような理由から消防士も命に関わる仕事をしなければならないのでストレスを多く抱えてしまいやすい職業となっています。 ストレスが大きい仕事に就いて後悔している人は、ぜひ自分に合う仕事を紹介してもらえる転職エージェントを活用するといいでしょう。あなたに適正な職種を見抜いて紹介してくれるので、悩んでいる人はプロに相談することをします。

ストレスの大きい仕事2:教師

教師という仕事は生徒の成長を間近で感じることができるのでとてもやりがいを持って働くことができるのでのある職業となっています。しかし、教師という職業は過酷な仕事でもありストレスをためてしがいがちです。その過酷だと言われるものは主に5点あります。 1点目:休日でも休みがない 休日になると授業は休みではありますが、部活動の顧問などで学校に行かなければならない場合があります。 2点目:学級崩壊 特に小学校では思春期に突入する生徒への指導が難しく先生への反抗が目立ちます。教師は生徒に反抗されてでも教育をしなければならないので根気が必要です。 3点目:保護者からのクレーム 自分の娘・息子の些細な発言から話が膨らみクレームという形になって教師に襲いかかるのです。 4点目:生徒との距離 生徒の中でいじめが始まってしまっていることや、ちょっとした学級内の空気の変化に証紙は敏感に察知しなければなりません。 5点目:その過酷な仕事に釣り合いのとれていない給料 私語に対してストレスを感じる原因に給料は職業にジャンルを超えて共通する原因となっています。

ストレスの大きい仕事3:介護士

介護士という仕事は、ご高齢の方など生活の補助が必要な方をサポートする職業です。介護士がストレスを感じてしまう原因は主に3点あります。 1点目:介護利用者や利用者の身寄りの方とのコミュニケーション スタッフが全力で仕事向き合い、利用者をサポートしていても利用者の理想と食い違いが発生してしまう場合や、スタッフと利用者との相性が合わないということがあります。このようなことで、身寄りの方から不満を言われてしまうなどのことが重なりストレスになってしまうのです。また利用者の死に直面してしまうことも原因の1つとなっています。 2点目:厳しい労働状況 介護は生活のサポートですからこの時間だけ介護をするというようには行かないので時間が非規則です。また、介護をすることは体力が必要なので不規則な労働状況が重なり疲れがたまってしまいます。また、近年介護士は人で微速が問題となっています。したがって、より過酷な労働状況になっているのです。さらに、この過酷な仕事内容とは不釣り合いな給料もストレスを感じる要因となっています。 3点目:スタッフ内での関係 様々な職業のストレス原因となる職場内での人間関係はやはり介護士の職業にもつきものとなってしまうようです。

ストレスの大きい仕事4:銀行員

銀行員の仕事内容は、銀行窓口からお客様との預金の受付や、企業や個人への融資・資金を出すことです。銀行員がストレスをためてしまう要因を3点常会します。 1点目:強い責任感 お金を扱う仕事なので少しのミスも許されない仕事となっていますので、常に気を引き締めて責任を持って取り組まなければならないのです。 2点目:与えられるノルマ 口座の開設や預金の開設など、様々な種類のノルマが銀行員には存在しています。そのノルマを達成すべく、銀行員は毎日必死で働いているのです。 3点目:人間関係 先ほど紹介したノルマの達成次第で上司の態度や、社内の空気が変化していきます。そのぎくしゃくしてしまう環境に溶け込まなければならないので仕事への精神的な疲労に襲われやすいのです。

ストレスの大きい仕事5:タクシードライバー

タクシードライバーの仕事は、お客様を希望される場所まで届けるということです。自由な勤務スタイルでストレスを感じにくいような印象を受けますが、実際にはストレスを抱える要素が散在するのです。その原因を4点紹介します。 1点目:交通事故 タクシードライバーは安全運転が強く求められますが、事故というものはもらい事故というものもあるので必ず防げるとは言えないのです。車を走らせて行う仕事なので当然事故に遭うリスクは上がってしまうのです。 2点目:お客様とのトラブル 利用されるお客様が思っていたルートとは異なる道を使いトラブルになることが多いそうです。また、飲酒されたお客様を怒らせてしまうケースもあるようです。 3点目:売り上げ 歩合制ですので自由な時間に働くことができるというメリットがあります。しかし、その裏を返せばお客様がタイミング悪く出くわさないという状態が続くと、その分だけ売り上げが下がってしまうということになります。したがって、変動が激しい不安定な収入がストレスを抱える要因へと繋がってしまうのです。

関連タグ

アクセスランキング