IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【内定】役員の心を掴む「お礼状」の書き方・例文

更新日:2020年08月14日

就活マナー

内定をもらい「お礼状」を書くといっても、初めて就職活動する方には、どのような書き方をすればいいのか分からないと思います。せっかく内定をもらっても、失礼なお礼状などで印象を悪くしてしまうと、今後の企業での生活が不安ですよね。今回は、一般的なお礼状の書き方やマナーについて見ていくので、ぜひ頭に入れておいてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

内定お礼状の書き方

お礼状に書く内容については、メールでお礼を伝える際とほとんど同じです。しかし、メールよりフォーマルなので、時候の挨拶や、順番などの違いがあるので要注意です。構成する要素は、 ①日付 ②宛名 ③署名 ④内容 です。

お礼状の書き方:日付

「日付」は、手紙を書いた日を和暦で記載しましょう。こういった手紙の場合、西暦は使用しません。

お礼状の書き方:宛名

「宛名」には、手紙を送るかたの企業名、部署名、肩書き、氏名を記載します。肩書きや氏名などが不明の場合は省いてしまっても問題ありません。注意しなければならないのは、企業名を略さない点です。フォーマルな文書なので、企業名などを略することは失礼になります。気をつけましょう。

お礼状の書き方:署名

「署名」は、自分の大学、学部、学科名、住所、氏名などを記載します。もちろん、大学名や学部名を略してはいけません。

お礼状の書き方:内容

「内容」は、メールでお礼を伝える場合よりも、文字の量は多くなります。まず、一番最初に「拝啓」と記載します。その次に、「時候の挨拶」をはさみ、「内定のお礼」を伝えます。それから、簡単に「抱負」を語り、もう一度「お礼」を述べて、締めに「敬具」でおわりです。

お礼所の縦書き/横書きで変わる順番

縦書きの場合

縦書きの便箋で出す場合について見ていきます。 1番最初に記載するのは「拝啓」です。次に、「内容」を記載し、「敬具」で締め、「日付」を上側に記載し、次の行の下側に「署名」、一番最後に上側に「宛名」を記載して完成します。 具体的な内容についてはのちに例文と一緒に見ていきたいと思います。

横書きの場合

次に横書きで送る場合について見ていきます。縦書きの場合とは書く内容が同じでも、順番が変わるので、注意が必要です。 まず右側の1番上に「日付」を記載し、その下の左側に「宛名」を、さらにその下の右側に「署名」を記載します。それから内容に入っていきます。「内容」の始まりは左寄せで「拝啓」、締めに右寄せで「敬具」と記載し、完成します。 横書きでも問題ありませんが、より一般的で、よりフォーマルなのは縦書きの便箋に手書きで記載したものなので、縦書きをします。

お礼状の注意点

次のページ:内定お礼状の例文
初回公開日:2016年10月27日

記載されている内容は2016年10月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング