IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

繊細の意味・繊細な人の特徴11個・繊細な人に向いている仕事3選

更新日:2018年05月23日

言葉の意味

この記事では「繊細」をテーマに、「繊細」の意味や「繊細な人」の特徴を11個、「繊細な人」に向いている3つの職業を具体的に紹介しています。自分が繊細だという方はもちろん、周囲に繊細だと感じる人がいる方も、ぜひ参考にしてください。

繊細の意味

まずは「繊細」という言葉が持つ意味について確認していきましょう。 「繊細」には2つ意味があります。1つ目の意味は「ほっそりとしていること」や「ほっそりした姿が優雅で趣があること」があります。2つ目の意味は「感情がきめ細かいこと」や「デリケートであること」です。 前者の意味はどちらかというと見た目に関するもので、後者は感覚に関する意味として使われます。この記事では、後者の「感覚」について分析していきます。

デリケートの意味

「繊細」の意味にも出てきた、「デリケート」とはどのような意味でしょうか。 「デリケート」は外来語で、「華奢」や「たおやか」といった状態を表す意味と、「扱いづらい」や「関わるのがめんどう」といった2つの側面を持ちます。 多くの場合、人の性格に対して使う場合は後者の「扱いづらい」という意味で用いられます。

繊細な性格の人の特徴11個

繊細な性格の人に共通する11個の特徴を紹介します。 「デリケート」を人間に使う場合は「扱いづらい」という意味で用いられることが多いことは既に説明しましたが、決してマイナスな特徴ばかりではないことを発見してください。

特徴1:人の感情に敏感

繊細な人は、他人の感情の変化にとても敏感です。 口調や声の出し方、表情のちょっとした変化などから、相手の感情の動きを読み取る能力に長けています。そのため、周囲の状況などをすぐに理解でき、最適な言動を取ることができます。

特徴2:優柔不断

繊細な人には、優柔不断な一面があります。 優柔不断とは、すっぱりと決断を下したり、なかなか決心したりすることができない性格のことです。繊細な人は、失敗したり間違ったりした時のリスクを考え、またそれによって自分が受けるショックを想像してしまい、優柔不断になりがちです。

特徴3:言いたいことを我慢しがち

繊細な人は、言いたいことを我慢しがちです。 他人を否定したり口論になったりすることを望まず、「こうした方がうまくいくと思うんだけれどな」という場面でも、ついつい自分の意見を我慢してしまいます。

特徴4:優しい

繊細な人は、他人に優しく接する傾向があります。 繊細な人は「言いたいことを我慢しがち」と紹介しましたが、裏を返せば繊細な人は優しい人ということができます。きつい言葉を浴びせたり、傲慢な態度を取ったりすることも少ないので、たくさんの人と円満な人間関係を築ける素養があります。

特徴5:気遣い上手

繊細な人は、気遣い上手で空気を読めます。 繊細な人は、人の感情の変化に敏感です。そのため、「相手が今どんなことを考えているか」ということにまで気を配ることができます。

特徴6:傷つきやすい

初回公開日:2016年12月09日

記載されている内容は2016年12月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング