スキルアップする「インプット」「アウトプット」方法

マネジメント

仕事を継続していく上でや転職する際に自分のスキルアップを図ることはとても重要なことです。スキルを「インプット」して自分の中で蓄えること、そしてその後で「アウトプット」することが大事です。その「インプット」と「アウトプット」の両面の必要性を考えてみました。

更新日時:

スキルアップするための「インプット」とは自分の中に蓄積すること!

自分のスキルアップを図っていくことは仕事をする上でとても必要なことですよね。その際にスキルアップのために「インプット」をするとは、色々な知識や情報、スキルを自分の中に取り入れて習得していくことを示しています。 色々な機会でセミナーや講習会に参加したり、専門資格を習得して行ったりすることが「インプット」につながっていくということです。 毎日の日々の仕事の中でも新しい事や新分野にチャレンジしたりすることで自分の中に様々な知識、情報、スキルが「インプット」されていくということになります。

スキルアップのための「アウトプット」とは活用すること!

次にスキルアップのための「アウトプット」という意味についてですが、一般的には「出す」という意味になりますが、この場合の「アウトプット」とは自分の中に「インプット」したものを「アウトプット」すると思って頂ければいいと思います。 せっかくスキルアップしたものを外に掃き出して活用していく、実践していくという意味です。ここでは「インプット」と「アウトプット」の両面を考えなければならないという事について考えてみたいと思います。

「インプット」と「アウトプット」の両面を考える

「インプット」と「アウトプット」は一緒に考えなければならないのではないのか、「インプット」があれば当然のように「アウトプット」として出すことが必要ではないかと言うことです。 スキルアップのためにセミナーに参加したり、技術を習得したりしたならば、それを「アウトプット」することも同時に考えてみることを勧めるものです。

「アウトプット」を前提とした「インプット」が大切!

しかも「インプット」する際は、「アウトプット」を前提に行うことが大事で、どういう風に「アウトプット」したいから、どんなスキルを今自分の身に付けたらいいのかと考えることを大切にしましょうという考え方になります。 例えば、最近では日本で見かける外国人も多く外国語での様々なサービスが必要になっていますのでそれを充実させなければいけなくなってきています。外国語の重要性なども高まっています。それらを考えて外国語をもっと習得するスキルアップの「インプット」を目指す人も多いことと思います。 それは、実際の職場で外国語のサービスする「アウトプット」の場面を想定して「インプット」をするスキルアップとなります。

スキルアップの「インプット」で目指すものはきちんと「アウトプット」できるかどうか

よく資格や講座を受けてスキルアップしてもそれが実際にはほとんど「アウトプット」されることがないことも多いのも事実です。 その場では確かに自分はスキルアップしているのですが、それを活用する場がないために使われないスキルが出てきてやがてそのスキルが停滞していくということも多く聞かれます。

「インプット」したスキルの精度も大切!

また、「インプット」したスキルアップが本当に使われるかどうかはそのスキルアップの精度にもよります。きちんと仕事として使われるような「アウトプット」できるものとしての評価が大事です。 例えば英語を習得してスキルアップしてもそれが本当に仕事や営業に使えるのかと言った精度も問題となってきます。

「アウトプット」が想定できると「インプット」のスピードも上がる

また、スキルアップのために「インプット」をする行為も最初にこんなことが問題になっているからと問題克服のためにスキルアップを行っている場合は、その効率も上がるという話もあります。 現場で活用するという「アウトプット」の場面が既にきちんと想定されると「インプット」のスピードも上がると言われています。 何のためにそれを「インプット」しているのかという動機づけがしっかりされているという事が大事という事ですよね。

「インプット」したら「アウトプット」する習慣を作る

最初から「アウトプット」の場面を想定してそこで使えるような「インプット」を行うこと、そして「インプット」したスキルを必ずどんな形かで「アウトプット」する機会を作ることが大事と言えます。待っていてもそんな機会がないこともあるからです。 仕事上では自分で積極的に「アウトプット」する機会を作ることも大事だということになります。率先して例えば外国人が来たら対応するよう心掛けたり、外国人向けのリーフレットづくりを自分で提案して作成するなど自分から「アウトプット」できる機会を作っていくことも必要です。実際の機会を自ら設けていくことです。

これまでは「アウトプット」する機会が少ないのが現状

実際言って、「インプット」する機会と「アウトプット」する機会を比べると、「インプット」をする機会は探せば結構ありますが、「アウトプット」する機会はそんなにはないのが現状だったのではないでしょうか。 例えば英語のスキルを上げたとしてもそれ程活用できる機会が少ない、職場でも活用できないと言ったことがこれまでは多く聞かれてきました。「アウトプット」する場の少なさを嘆く人が多かったのも現状です。

これからは多様な「アウトプット」の機会も!

ただ、これからはグローバル社会ですのでそんなことも少なくなり、また英語だけでも難しく様々な言語を学ぶ必要も生まれて来ています。 これからは他の面でも「アウトプット」をする機会もこれまでとは違った多用な場面が出てきそうです。探せばいろいろな「アウトプット」の機会が見つけやすい時代になるのではないでしょうか。

「インプット」したら「アウトプット」するという繰り返しが大切!

この「インプット」してスキルアップしたらそれを活用して「アウトプット」するという習慣をもし付けることができたら、きっと自分の中でも驚くくらいにどんどんスキルアップすることができます。 「アウトプット」できることによって「インプット」したいというスキルアップへの意欲や欲求が高まっていきますので、この繰り返しが生まれたならば仕事の上で成長していくことは間違いないでしょう。 「インプット」した段階では借り物の知識や情報だったりしたものも実際に自分の身に付くのは「アウトプット」した時なのでそれを繰り返すことで確実に自分のスキルになっていきます。

「インプット」と「アウトプット」を繰り返すことで本当のスキルアップに

この「インプット」と「アウトプット」を繰り返すことで本当に自分の身に付いたスキルアップと言うことができます。そしてそうやって確実にスキルアップができるようになったら、次の転職などを目指すこともできるようになるのではなります。 転職の面接の時にも自分がこんな技術や知識を「インプット」し、実際の現場でこのように活用したという「アウトプット」を伝えることで説得力のある経験談、自分のスキルとして伝えることができます。 スキルアップした姿を確証を持って見せることができます。

「インプット」と「アウトプット」をする方法のまとめ

ここまでをスキルアップのための「インプット」と「アウトプット」の方法をまとめてみますと、「インプット」も「アウトプット」も両面必要だということです。 それをいつも意識してみることが大事だということです。スキルアップを目指して「インプット」だけを一生懸命やって自分に知識や情報、スキルを蓄えたつもりでも「アウトプット」することを怠っていたら、それが本当に自分の力となっているのかが疑問の時もあります。 もしかすると借り物のスキルなのかもしれない、精度のない実は使えない知識や情報、スキルかもしれないということがあるのです。それを使ってみてようやく活かせるものとしての評価ができるスキルアップになるのです。 「アウトプット」するということがいかに大事かということですよね。

「アウトプット」から生まれた「インプット」したいという欲求を大切に

そして、「アウトプット」する中でその現場の中でこんな知識や情報、スキルがあったらもっといいサービスができるのになどと考えてさらに次の「インプット」をしていくことが一番大切なことなのです。 そうした繰り返しの中での「インプット」と「アウトプット」がとてもいい自分の成長となっていくのです。新しい自分のステップにもつながるいい経験となっていくのです。 新しい部署や現場、新しい職場への夢もこうした成長によって生まれてくるのではないでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)