IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スキルアップする「インプット」「アウトプット」方法

更新日:2020年11月12日

自己啓発

仕事を継続していく上でや転職する際に自分のスキルアップを図ることはとても重要なことです。スキルを「インプット」して自分の中で蓄えること、そしてその後で「アウトプット」することが大事です。その「インプット」と「アウトプット」の両面の必要性を考えてみました。

スキルアップするための「インプット」とは自分の中に蓄積すること!

自分のスキルアップを図っていくことは仕事をする上でとても必要なことですよね。その際にスキルアップのために「インプット」をするとは、色々な知識や情報、スキルを自分の中に取り入れて習得していくことを示しています。 色々な機会でセミナーや講習会に参加したり、専門資格を習得して行ったりすることが「インプット」につながっていくということです。 毎日の日々の仕事の中でも新しい事や新分野にチャレンジしたりすることで自分の中に様々な知識、情報、スキルが「インプット」されていくということになります。

スキルアップのための「アウトプット」とは活用すること!

次にスキルアップのための「アウトプット」という意味についてですが、一般的には「出す」という意味になりますが、この場合の「アウトプット」とは自分の中に「インプット」したものを「アウトプット」すると思って頂ければいいと思います。 せっかくスキルアップしたものを外に掃き出して活用していく、実践していくという意味です。ここでは「インプット」と「アウトプット」の両面を考えなければならないという事について考えてみたいと思います。

「インプット」と「アウトプット」の両面を考える

「インプット」と「アウトプット」は一緒に考えなければならないのではないのか、「インプット」があれば当然のように「アウトプット」として出すことが必要ではないかと言うことです。 スキルアップのためにセミナーに参加したり、技術を習得したりしたならば、それを「アウトプット」することも同時に考えてみることを勧めるものです。

「アウトプット」を前提とした「インプット」が大切!

しかも「インプット」する際は、「アウトプット」を前提に行うことが大事で、どういう風に「アウトプット」したいから、どんなスキルを今自分の身に付けたらいいのかと考えることを大切にしましょうという考え方になります。 例えば、最近では日本で見かける外国人も多く外国語での様々なサービスが必要になっていますのでそれを充実させなければいけなくなってきています。外国語の重要性なども高まっています。それらを考えて外国語をもっと習得するスキルアップの「インプット」を目指す人も多いことと思います。 それは、実際の職場で外国語のサービスする「アウトプット」の場面を想定して「インプット」をするスキルアップとなります。

スキルアップの「インプット」で目指すものはきちんと「アウトプット」できるかどうか

よく資格や講座を受けてスキルアップしてもそれが実際にはほとんど「アウトプット」されることがないことも多いのも事実です。 その場では確かに自分はスキルアップしているのですが、それを活用する場がないために使われないスキルが出てきてやがてそのスキルが停滞していくということも多く聞かれます。

「インプット」したスキルの精度も大切!

また、「インプット」したスキルアップが本当に使われるかどうかはそのスキルアップの精度にもよります。きちんと仕事として使われるような「アウトプット」できるものとしての評価が大事です。 例えば英語を習得してスキルアップしてもそれが本当に仕事や営業に使えるのかと言った精度も問題となってきます。

「アウトプット」が想定できると「インプット」のスピードも上がる

次のページ:「インプット」したら「アウトプット」する習慣を作る
初回公開日:2016年12月08日

記載されている内容は2016年12月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング