【今すぐ始めるJavaScript】入門から実践まで学べる教材まとめ

入門

今回はJavaScript初心者が入門するのに最適な、スライドをはじめとする資料を集めました。この記事では、入門編からはじまり、応用編を経て実践編まで紹介しています。最後にはストップウォッチを作れるようになっているでしょう。

更新日時:

JavaScript入門資料まとめ

それでは早速JavaScript入門に役立つ資料をごらんください。

入門編:ざっくりとJavaScriptの基本を押さえる

まずは入門編。JavaScriptの全貌を見ていきましょう。

こちらのスライドでは、JavaScriptを取得するための前提となる、HTMLに関してもざっくりと解説されてる入門に最適な資料です。HTMLの知識はすでにあるという方も、JavaScriptとの関係を見るために目を通してみてください。

こちらのスライドでは、先ほどよりも詳しく「JavaScriptで何ができるの?」という話をしています。JavaScriptの基本である、変数や条件分岐・マウス操作などが解説されていて、プログラミング言語としてのJavaScriptの基本を抑えることができます。

先ほどよりも簡潔にJavaScriptの特徴を解説しています。また、jQueryというJavaScriptのライブラリにまで触れているので、今後JavaScriptを扱って行く際に目を通しておきたい資料です。

応用編:オブジェクト指向のJavaScriptを学ぶ

入門編でJavaScriptをざっくり理解できたところで、次にもう少し実際のコードなどが出てくる実践的な内容です。JavaScriptでどうオブジェクト指向プログラミングを実現しているのかまで見て行きましょう。

オブジェクト志向のプログラミング言語を習得している方からすると、クラスのないJavaScriptは奇妙に見えるかもしれません。JavaScriptではプロトタイプチェーンという概念を使ってオブジェクト指向を実現しています。それに関するとてもわかり易いスライドです。

JavaScriptにおけるオブジェクト指向を先ほどのスライドと同じように説明したあとに、JSにはない「クラスっぽい」ものを実装しています。興味のある方は復習程度に御覧ください。

実践編:実際にコードを書いてみよう!

ドットインストールで基本をおさえる

まずはド定番のドットインストールにてJavaScriptを手を動かしながら基本を抑えていきましょう。 Qiitaで基本をおさえる

こちらもJS入門のために必要な基本的な文法だったり、メソッドだったりを紹介しています。ドットインストールの動画ではやりづらいという方におすすめです。 ストップウォッチを作る

プログラミングはやっぱり「プロダクトを作ること」が楽しいですよね。ということで、実際にJavaScriptを使って「ストップウォッチ」を作ってみましょう。腕に自信のある方や、挑戦心のある方は、第1回の完成品だけ見て、その後の会は見ずに「ストップウォッチ」を調べながら作ってみると面白いかもしれません。 JSの特徴をしっかり学ぶ

クラス継承やプロトタイプチェーンに関してまだまだ疑問点がある方がいらっしゃるかもしれません。Q&A形式でそれぞれについて解説している資料をご紹介します。

JavaScriptでプロダクトを作ろう!

今回JavaScriptに入門してみていかがでしたか?他のプログラミング言語で実装経験があるエンジニアの方にとっては、すっと内容が入ってきて、自分の考えるプロダクトを形にする意欲が湧いてきたかもしれませんね。 もしすでにアイデアやプロダクト案などがある方は、あとはもうわからないところは調べるといった形で、実際に手を動かして作ってみてください。 まだアイデアなどがないという方は、参考書を使ってさらにスキルアップを目指してみてください! オススメの参考書は、技術評論社から出ている「JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで」です。 基本からオブジェクト指向構文、Ajax、クライアントサイド開発まで、そしてテスト、ドキュメンテーション、コーディング規約など、現場で避けられない知識もしっかり押さえられているため、プロダクトを作るために必要な知識が詰まっています!

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)