なぜ日本のIT技術者は不足しているのかー労働人口減少、世間のイメージ低下が原因

転職ノウハウ

なぜ日本のIT技術者は不足しているのかー労働人口減少、世間のイメージ低下が原因

更新日時:

「IT業界」は、今や現代社会に欠かせない分野。PCやスマートフォン、タブレット端末などの普及により、日常的にもIT業界の技術やサービスを使う機会が増えてきました。IT業界の技術は、多くの人にとって、もはや生活に必要なものとなっているのです。 しかし、日本では、そんなIT業界を支えるIT技術者が、不足しているそうです。何故、そのような事態になっているのでしょうか。 今回は、本当に日本でIT技術者の不足が起こっているのか、まとめました。また、IT技術者不足の問題には、どのような背景があるのか、ご紹介していきます。

IT技術者の不足を感じている日本企業

IT技術者が不足していると言いますが、果たしてそれは、事実なのでしょうか。今回は、「NHKニュース おはよう日本」のデータを参考に考えていきます。 「NHKニュース おはよう日本」が日本の企業900社を対象に取ったアンケートによると、IT技術者が「大幅に不足している」もしくは「やや不足している」と感じている企業は、全体の87%になるそうです。900社のうち、9割近い企業がIT技術者の不足問題に直面していると言えそうですね。 では、何故日本のIT技術者は不足しているのでしょうか。その理由や対策を見ていきましょう。

IT技術者が不足しているのは何故?

上記の内容から、多くの日本企業がIT技術者の不足を感じていることが判明しましたが、何故このような問題が起こっているのでしょうか? その理由はいくつかありますが、そもそもの日本の労働人口が減少している点も、IT技術者不足の原因の1つです。成長産業と言われるIT業界は、日々活躍の場を広げ、新たな技術を開発し、現在も発展し続けています。しかし、現在の日本社会の担い手である「団塊ジュニア」と呼ばれる世代は、数年前まで日本経済を支えていた「団塊」と呼ばれる世代に比べて、人口が6割程しかいません。また、少子化の影響で、新卒の人口も減り続けている傾向にあります。その為、IT業界に限らず、日本は労働者が不足している状態なのです。実際、1973年の新成人は207万人だったのに対して、2015年の新成人は124万人と、大幅に減少しています。 また、IT業界そのものにも、原因があります。IT技術者に対する、ネガティブなイメージが社会的に浸透している傾向にある為です。コスト削減の煽りを受け、低収入になりがちな面や、納期に厳しい面、また残業などが多く労働時間が長い点などがメディアなどで取り上げられ、そのようなマイナスのイメージが社会的に定着していることも、IT技術者不足の原因の1つとなっています。負のイメージが強くなったことで、IT技術者になりたいと思う人材が減少しています。 クライアントの要望に応え、納期の厳守や高い品質を保証しなければならない為、どうしても長時間労働になりやすいという特徴が、IT技術者という職業にはあります。また、ベンチャー企業や下請け企業となると、労働時間や業務内容に見合うだけの給与を払えない場合もあります。このような一面が改善されない限りは、IT技術者の不足は今後も続くかもしれません。

IT技術者不足を解消するには

さまざまな理由で不足しているIT技術者ですが、国や日本企業も、その現状を黙って見ているわけではありません。さまざまな取り組みをして、IT技術者の不足を解消しようとしています。 国は、長期的な視野でIT技術者の不足を改善しようと、ITに関する教育に力を入れています。例えば、学校の授業で、より詳しく実践的なIT業界の技術や知識を習得できる授業を、積極的に取り入れるようにしているようです。 また、企業としては、海外のIT技術者の導入に力を入れている所も多いようですね。特に、ベトナムなどの東南アジアが多く、現地で面接を行い、優秀な人材を確保している企業も存在します。

IT技術者不足は日本だけの問題ではない

このように、国や企業がIT技術者不足を解消する為にさまざまな工夫を施していますが、それで不足がすぐに解消されるわけではありません。現在、IT技術者の不足は世界的にも問題となっており、国内だけでなく、世界的にIT技術者の争奪戦となる可能性もあるそうです。 現在、IT技術者で働いている方たちは、この不足問題によって、IT技術者達の業務や待遇にどのような変化が生じるのか、今後も注目していたいです。

tech29

「IT業界」は、今や現代社会に欠かせない分野。PCやスマートフォン、タブレット端末などの普及により、日常的にもIT業界の技術やサービスを使う機会が増えてきました。IT業界の技術は、多くの人にとって、もはや生活に必要なものとなっているのです。

しかし、日本では、そんなIT業界を支えるIT技術者が、不足しているそうです。何故、そのような事態になっているのでしょうか。

今回は、本当に日本でIT技術者の不足が起こっているのか、まとめました。また、IT技術者不足の問題には、どのような背景があるのか、ご紹介していきます。

IT技術者の不足を感じている日本企業

IT技術者が不足していると言いますが、果たしてそれは、事実なのでしょうか。今回は、「NHKニュース おはよう日本」のデータを参考に考えていきます。

「NHKニュース おはよう日本」が日本の企業900社を対象に取ったアンケートによると、IT技術者が「大幅に不足している」もしくは「やや不足している」と感じている企業は、全体の87%になるそうです。900社のうち、9割近い企業がIT技術者の不足問題に直面していると言えそうですね。

では、何故日本のIT技術者は不足しているのでしょうか。その理由や対策を見ていきましょう。

IT技術者が不足しているのは何故?

上記の内容から、多くの日本企業がIT技術者の不足を感じていることが判明しましたが、何故このような問題が起こっているのでしょうか?

その理由はいくつかありますが、そもそもの日本の労働人口が減少している点も、IT技術者不足の原因の1つです。成長産業と言われるIT業界は、日々活躍の場を広げ、新たな技術を開発し、現在も発展し続けています。しかし、現在の日本社会の担い手である「団塊ジュニア」と呼ばれる世代は、数年前まで日本経済を支えていた「団塊」と呼ばれる世代に比べて、人口が6割程しかいません。また、少子化の影響で、新卒の人口も減り続けている傾向にあります。その為、IT業界に限らず、日本は労働者が不足している状態なのです。実際、1973年の新成人は207万人だったのに対して、2015年の新成人は124万人と、大幅に減少しています。

また、IT業界そのものにも、原因があります。IT技術者に対する、ネガティブなイメージが社会的に浸透している傾向にある為です。コスト削減の煽りを受け、低収入になりがちな面や、納期に厳しい面、また残業などが多く労働時間が長い点などがメディアなどで取り上げられ、そのようなマイナスのイメージが社会的に定着していることも、IT技術者不足の原因の1つとなっています。負のイメージが強くなったことで、IT技術者になりたいと思う人材が減少しています。

クライアントの要望に応え、納期の厳守や高い品質を保証しなければならない為、どうしても長時間労働になりやすいという特徴が、IT技術者という職業にはあります。また、ベンチャー企業や下請け企業となると、労働時間や業務内容に見合うだけの給与を払えない場合もあります。このような一面が改善されない限りは、IT技術者の不足は今後も続くかもしれません。

IT技術者不足を解消するには

さまざまな理由で不足しているIT技術者ですが、国や日本企業も、その現状を黙って見ているわけではありません。さまざまな取り組みをして、IT技術者の不足を解消しようとしています。

国は、長期的な視野でIT技術者の不足を改善しようと、ITに関する教育に力を入れています。例えば、学校の授業で、より詳しく実践的なIT業界の技術や知識を習得できる授業を、積極的に取り入れるようにしているようです。

また、企業としては、海外のIT技術者の導入に力を入れている所も多いようですね。特に、ベトナムなどの東南アジアが多く、現地で面接を行い、優秀な人材を確保している企業も存在します。

IT技術者不足は日本だけの問題ではない

このように、国や企業がIT技術者不足を解消する為にさまざまな工夫を施していますが、それで不足がすぐに解消されるわけではありません。現在、IT技術者の不足は世界的にも問題となっており、国内だけでなく、世界的にIT技術者の争奪戦となる可能性もあるそうです。

現在、IT技術者で働いている方たちは、この不足問題によって、IT技術者達の業務や待遇にどのような変化が生じるのか、今後も注目していたいです。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)