「辛い」と聞くプログラマーは何が大変?ー「納期」「人間関係」「やる気」

転職ノウハウ

今回は、プログラマーという職業の難しい所や大変な仕事などについて、まとめていきます。プログラマーへの転職を検討している方、必見ですよ!

更新日時:

プログラマーのここが大変

まずは、プログラマーがどのような仕事をしてるのか、ざっくりと知っておきましょう。プログラマーの仕事は、企業やチームによって異なりますが、基本的には「プログラミング」と「動作確認(テスト)」の2つがメインです。 プログラミングでは、クライアントの要望を叶える為に設計された設計書を参考に、システムなどのプログラムを組み立てていきます。そして、完成したプログラムにバグなどがないか、動作確認(テスト)をして見ていきます。この時、誤作動を起こすなどのバグが見つかれば、その原因を考え、正常に動くまで修正を繰り返します。 では、プログラマーの仕事の何が大変なのか、詳しく見ていきましょう。

プログラマーの辛いところ1:納期前のハードスケジュール

プログラマーの仕事の大変な所の1つとして、納品日や締め切りを厳守しなければならない点があげられます。余裕のあるスケジュールや計画を立てていても、予想外のエラーやバグに手こずったり、納期短縮などの想定外のトラブルに直面することがあるのです。 しかし、どんな理由があっても、納期や締め切りは最優先させなければなりません。その為、締め切り前は残業や休日出勤に追われることが多く、体力的に大変なスケジュールになる可能性があります。

プログラマーの辛いところ2:人間関係

プログラマーと言うと、1人で黙々とプログラムを組み立てていく、個人作業が中心のようなイメージがありますが、実は対人関係が大切な職業でもあります。 小さなプロジェクトの場合は、上記のように1人で黙々と作業をする場合もあります。しかし、大きなチームやプロジェクトの場合は、他のプログラマーやシステムエンジニアなどの別の役職の人などと接する機会が多くなるのです。海外のエンジニアと一緒に仕事をするケースもあり、言葉の壁が生じる可能性もあります。それぞれ、立場が異なればプロジェクトに対する見解や考え方も違ってくるので、さまざまな人と意思の疎通をはかって、良い人間関係を築くことが求められます。

プログラマーの辛いところ3:やる気の維持

プログラマーの頭を悩ませるものの1つが、モチベーションです。新しい物事や短期のプロジェクトの場合は、比較的楽しく仕事に取り組めますが、同じような作業を長期間繰り返すばかりの仕事をしていると、飽きてしまったり、集中力が下がってしまったりして、大変です。 やる気が出ないと、仕事にも影響が出て、バグやミスを連発してしまうことがあります。長時間労働の職場や、納期直前での追い込みもあり、作業中のモチベーションをいかに維持するかは、多くのプログラマーにとって大きな課題となっています。 いかがでしたでしょうか?何かと大変なことが多いプログラマーですが、上記の「辛い」と言われる点は、企業の労働環境に依存します。また、その労働環境に自分の性格やスキルがマッチしているかも、辛いかどうかに重要です。この点でも企業選びの際には、労働環境を詳しく担当者に聞くことが大切です。

悪いことばかりじゃないプログラマーという仕事

ハードな一面がある中、求人が多く、今後もっと需要が見込まれる職業といえるのがプログラマーです。 できるだけ、条件のいい職場を探すなら、ITに特化した転職エージェント「レバテックキャリア」がおすすめ。 経験豊富なコンサルタントがあなたのキャリアをサポートします。 求人数はトップクラスを誇ります。 まずは、無料登録から始めましょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)