IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

海外のエンジニアの平均年収|アメリカと日本では300万円もの差が存在

転職ノウハウ

IT業界で働く人にとって、転職はかなり身近なものですよね。中には、アメリカなど海外で働きたいと考えている人もいるのではないでしょうか。ここでは海外のエンジニアの年収について紹介したいと思います。海外への転職に少しでも興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

更新日時:

IT業界で働く人にとって、転職はかなり身近なものですよね。中には、アメリカなど海外で働きたいと考えている人もいるのではないでしょうか。採用フローや現地での暮らし、実際の業務内容など気になることはたくさんあるかと思いますが、欠かせないのが年収の情報ですよね。そこで、ここでは海外のエンジニアの年収について紹介したいと思います。海外への転職に少しでも興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

海外転職は収入アップの狙い目

それでは、海外のエンジニアの年収を数カ国取り上げて紹介します。

全て比較すると、シンガポールと中国以外の国は日本よりも高い年収になっていることが分かります。

国名エンジニア平均年収
日本(※1)440万円
アメリカ(※2)898万円
オーストラリア(※3)587万円
カナダ(※4)557万円
イギリス(※5)546万円
フランス(※6)471万円
中国(※7)237万円
シンガポール(※8)374万円

求められている日本のエンジニア

日本では、エンジニアという職業に対して高給取りというイメージはあまり強くありませんが、海外ではエンジニアやプログラマといった技術職が社会的に高く評価されています。IT大国であるアメリカの年収が高いことは言うまでもありませんが、イギリスやフランスなどのヨーロッパ圏でも数学が非常に重要視されているため、エンジニアはとても名誉な職業として考えられています。 一方で見逃せないのが、アジアの新興国です。新興国では、エンジニアの求人が常に枯渇しているため、未だ多くのエンジニアが必要とされ、日本とほぼ同水準の給与が支払われています。特にシンガポールには、富士通、エプソン、TDK、オムロン、キャノン、富士ゼロックス、コニカミノルタなど約100社もの日系企業が進出しており、日本とシンガポールの橋渡しができる人材が求められています。 アメリカ以外の国のエンジニアの年収は、日本と比較しても大きな差はありません。しかし、語学力に自信がある、日本とは異なる文化の中で働いてみたい、海外勤務をしてみたいというエンジニアにとっては、海外への転職も魅力的であるはずです。

海外転職には、日本で十分なキャリアを積むことが絶対条件

ただ、いくら海外で求人があるといっても、実力主義の色の強いアメリカなどとなると、経験・技術力が必要です。転職紹介サイトのリクルートエージェントが2011年に調査したデータによると、20代~40代のビジネスマン1000人のうち、海外駐在勤務経験者はわずか7.3%で、年齢別に見ると30代が50%以上、40代が約40%を占め、20代はわずか4%に留まっています。ちなみに、電気・電子・機械・化学系の技術職が占める割合は、海外駐在勤務経験者の約25%でした。(※9) 海外勤務が珍しくなくなりつつある中でも海外勤務経験者の割合が低い理由として、海外企業での経験者優先採用の風潮が挙げられます。日本では面接で人柄が評価される場面も少なくありませんが、海外ではそのような考え方の企業が少ないのが現状です。そのため、海外への転職を考えている人は、まずは海外でアピールできる「経験」「技術」を積み重ねることが必要です。 転職の目的として、収入をアップさせるためということを述べるエンジニアは多いと思います。ただ、海外への転職には金銭面の問題であったり家族の問題であったりと様々なハードルがあり、なかなか踏み出せないという方もいるのではないでしょうか。たしかにアメリカは給与が日本よりも良いですが、他にも日本のエンジニアを求めている海外企業はたくさんあります。今海外への転職を考えている方は、まずは仕事そのものに対して魅力を感じられるかどうかを考えてみてくださいね!

成果の見えづらいエンジニアは評価・給料が上がりづらい?

営業職などと比べて、エンジニア1人1人の仕事が生み出す成果を数値化することは難しく、評価が上がりづらいことが多々あります。優秀なエンジニアが集まってくる組織は、エンジニアの評価の仕組みをきちんと作り、会社とエンジニアが双方納得した上で評価・給与を得ています。 大きな会社、エンジニアの発言力が弱い会社であるほど、エンジニアの評価の仕組みを変えることは難しい。正当な評価を受けるためには「転職」が近道であることが多いです。 エンジニアのキャリアを専門として、転職支援を行っている「レバテックキャリア」の転職サポーターは、あなたのスキルを活かせて、希望の年収を実現できる職場探しの相談にのってくれます。 「会社からの評価が低い」と感じたら、レバテックキャリアの転職サポーターに相談してみるといいですよ。

転職活動で実際にレバテックキャリアを利用した方にレポートを作っていただきました。レバテックキャリアの利用の流れや、転職活動が始めてという方は、あわせてコチラもお読みください。 ■記事タイトル レバテックキャリア体験レポート・実際に利用した感想

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)