IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活面接での長所・短所の伝え方・例文3つ

就活の面接

準備不足をなくして、十分にアピールするためにも、なぜ長所と短所について聞かれるのかを知っていることは重要です。今回は、質問の意味だけでなく、答え方の例と一緒に長所と短所の上手な答え方についてご紹介するので、今後の面接の対策に役立ててください。

更新日時:

就活面接での長所・短所の伝え方・例文3つ

今まで、長所と短所を一回は聞かれたことがあるはずなのではないでしょうか?しかし、自分の長所と短所が分からない人も少なくはないです。 ですので、今回は、就活の面接時などに使える長所と短所の伝え方のポイントと例文を紹介いたします。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

長所・短所の見つけ方

長所・短所の見つけ方

まず、長所の見つけ方は、他人に褒められて喜んだことを思い出してみてください。 次に、短所の見つけ方は、今までよく注意されたことを思い出してみてください。 これら思いだしたものがあなたの長所と短所になります。 また、コツとしては、友達や家族など客観的な意見を求めると今まで気づかなかったことに気づくこともあります。

面接で上手な長所の伝え方は「3つのポイントを押さえる」

自分では長所としてしか認識していないものでも、業種や職種次第では短所として認識されてしまうこともあります。そういったズレをなくすために、「企業研究」は必須です。そして企業研究をしたうえで、適切だと判断した長所を上手にアピールするには、次の3つのポイントがあります。 ①結論 ②根拠 ③仕事に活かす方法 この3つを順番に語ることで、面接担当は「彼は弊社で活躍できる人材だ」と判断できます。

伝え方:結論

最初に述べるのは「結論」です。つまり、なにが長所であるかをわかりやすく述べるというわけです。 一般的な長所で例えると、「協調性があること」「真面目なこと」「我慢強いこと」など、少し抽象的でも問題ありません。根拠の部分で、具体的に述べます。

伝え方:根拠

「根拠」では、なぜ長所であるのか、具体的なエピソードを用いて話しましょう。 エピソードがないと説得力に欠けるうえ、話し終えた後にエピソードについて聞かれることもあります。そのときに語れないと嘘だと思われてしまうこともあるので、長所について話す際にはエピソードも準備しておきくことが大切なのです。 また、エピソードはコンパクトにまとめることも重要です。

伝え方:仕事を活かす方法

「仕事に活かす方法」の部分では、その名の通り、長所がどのような点で仕事に活かせるのかを詳しく語ります。 この部分でしっかりとしたアピールができないと、長所としてのアピールはいまいちになってしまいます。 また、一通り自己アピールについて話したあとに、「〜の部分は仕事をするうえで不利だ」などのような指摘を、面接官や人事の方からされることもあります。その指摘に上手に対応するためにも、企業研究を行い、長所としてアピールできる点、短所として考えられる点を理解し、自己PRの準備をしましょう。

上手な短所の伝え方は「長所を短所に変える」

長所が短所として見える場合があるように、短所も見方を変えれば長所になります。 就活における面接では、なるべくマイナスなイメージを与えるような発言は控えたほうがいいので、面接でアピールしたい長所の、「欠点として見える点」を短所としてアピールするのが、上手なアピール方法です。 例えば、長所が「協調性があること」だとすれば、「他人の意見を優先して、自分の主張を抑えてしまうことが多い」ことを短所にすれば良いのです。

短所を認識し、その対策を行う

重要なのは、短所を認識していることと、その対策です。 短所を認識しているだけで何の対策もしていないと、改善する努力をしないで怠けていると思われてしまいます。なので、普段から気をつけていることなどの対策を語り、向上心を示しましょう。これらの点を踏まえたアピールが、上手な短所のアピールだと言えます。

面接での注意点

注意する点は、擁護できないつまり、単なる欠点は話さないことです。 例えば、「集中力がなくて、授業中にいつも喋っていた」「時間にルーズで、遅刻が多かった」などは、長所としての側面が見えづらいです。 すでに述べましたが、単なる欠点は全くアピールにならないので、長所の側面的な要素としての短所を使うことが大切です。短所から考えようとすると、こうした失敗につながりやすいので気をつけましょう。

面接での上手な長所・短所の伝え方の例文3つ

それでは、実際に例文を使ってみていきましょう。

上手な長所・短所の伝え方の例①:負けず嫌い

①結論  私の長所は、負けず嫌いなところです。 ②根拠 私は競争ごとにおいて他人に負けることがいやです。高校の頃はバスケ部に入っていましたが、誰よりもうまくなりたくて毎日練習し、最終的にはエースとしてチームを引っ張れるようになりました。御社に入社してからも、営業成績では誰にも負けたくないと思うので、精一杯努力するつもりです。 ③仕事に活かす方法 ただ、競争ごとになるとそればっかりに集中してしまい、他のことが疎かになってしまうことがあるので、人間関係などを崩さないように、周りに気を使いながら仕事をこなせるようにしていきたいです。

上手な長所・短所の伝え方の例②:素直さ

①結論 私の長所は、素直な点です。 ②根拠 普段から、人の話はよく聞き、間違いを指摘されたら素直に認めて謝罪しています。ただ、すこし人の話を信じやすいところもあるので、ただ鵜呑みにするのではなく、半ば疑って考えるように気をつけています。 ③仕事に活かす方法 私はまだまだ未熟ですが、御社に入社させていただいたら言われたことはしっかり受け止め、すべてを吸収していきたいです。そのうえでどのような意味なのか深く考えれば、吸収したものを自分のものにして成長できると思います。

上手な長所・短所の伝え方の例③:好奇心

①結論  私の長所は、好奇心が旺盛な点です。 ②根拠 これまで様々なことに興味をもってきて、ジャンルにとらわれず多くの知識を身につけることができました。最近は栄養学や免疫が気を勉強していて、健康の向上に努めています。ただ、1つのことにずっと集中していられないのが欠点です。しかし、複数のことを同時進行すれば比較的集中が続くので、本は2冊を交互に読むなどして効率をよくしています。 ③仕事に活かす方法 また、好奇心が強いので、割り振られた仕事には、どんなものにでも関心をもって取り組むことができます。他の人が敬遠するようなことにも積極的に関われる点が、1番の強みだと思います。

長所と短所はセットで語ろう

今回ご紹介した内容について、最後に振り返っていきましょう。 面接に際して自己アピールを考える時は、業種や職種を考えて、適切なアピールができる長所をまずは考えましょう。 それから、その長所の欠点となる部分などを考えていけば、よいアピールになりますし、掘り下げた指摘にも対応しやすくなります。そのためにも、あらかじめ自己分析はしっかり行っておきましょう。

様々な性格の人の特徴

以下の記事では、責任感が強い人と継続力がある人の特徴を長所と短所に分けて解説しています。 ぜひ、参考にしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング