IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定と内々定の法的拘束力と労働契約での違い・取り消しは可能?

初回公開日:2017年01月10日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

内定後

就職活動における重要ワードである「内定」と「内々定」。どちらも似た意味のように思えますが、どういった違いがあるのでしょうか?「内定」と「内々定」の意味と違いと併せて、それぞれが取り消されてしまうケースも説明します。就活をこれから始める方は参考にしてください!

何か事件を起こしたり、問題を起こした場合、企業内の環境やイメージが損なわれることなどを理由に採用が取り消されることがあります。採用がもらえたことで浮かれても、羽目を外さないように日ごろから注意しておきましょう。 SNS上でのお酒の失敗が心配な人は、アカウントを非公開か限定公開に設定しておくと安心です。犯罪行為や誹謗中傷などの過激な発言は書き込んでいるか否かに関わらず問題ですが、お酒の勢いでの些細な書き込みの1つ1つも採用担当者の目に留まっているかもしれないという可能性を頭に入れておきましょう。

学生の虚偽申告

就職活動時の経歴詐称が発覚した場合、当然ですが採用は取り消されます。また、該当企業の採用を受け、それを前提に手続きを進めていたのに、実はまだ就職活動を続けていたことが該当企業側にバレてしまった場合にも、採用が取り消されることがあります。後者のケースは交渉の余地があるので、納得がいかなければ取り消しの通達の書類やメール、電話の録音を証拠として残しておき、大学の就職課や担当の行政機関などにそれらを提示して相談してみましょう。

「内定」と「内々定」の違いをしっかり理解すべし!

「内定と内々定、ようは同じような意味なんでしょ?」というザックリとした認識ではなく、「内定は契約の一部で、就活の目標とすべきはこっち!」「内々定は内定の前約束で、経団連の指針が影響している」というように、双方の違いをしっかりと知っておきましょう。そうすれば、いざ「内々定」を獲得したときも混乱せずに済みます。万全の態勢で就職活動に励みましょう!

関連タグ

アクセスランキング