IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

最終学歴の定義・履歴書の最終学歴の書き方注意点6つ

更新日:2020年06月04日

社会人常識

「私は、大学を卒業してから本当に自分がやりたいことに気づき、専門学校に通い直し卒業しました」というケースでは、「最終学歴」は「大卒」と「専門卒」のどちらでしょう。この記事では「最終学歴」の定義や、履歴書に「最終学歴」記入する際の注意点と記載例を紹介しています。

履歴書の最終学歴は注意が必要

この記事では、履歴書の「最終学歴」に迷っている方向けに、「最終学歴」の定義や、実際の履歴書での書き方例を紹介してきました。 近年では終身雇用制も崩れ、いわゆる「社会人学生」も一般的な光景になりました。「最終学歴」をきちんと把握した上で、「何を学んだのか」を的確に説明できるように準備を怠らないようにしましょう。

履歴書の作成でお困りのあなたに

履歴書は面接官が最初に見る書類です。第一印象を良くするためには、書き方はもちろんの事と履歴書を渡す際の作法もきちんと把握しておくことが大切です。 そこで、内定をぐっと近づけるために就活のプロに相談できる「キャリアパーク」をご紹介します。 年間1,000名の学生と面談する経験豊富なプロのキャリアアドバイザーが、あなたの性格や長所を見極め、あなたに合った企業を紹介してくれます。無料登録は1分で完了し、人物重視の優良企業の非公開求人300社を、特別選考ルートでご案内します。 また、模擬面接やES添削他、就活でのお悩み相談も可能なので、一人で抱え込まず「キャリアパーク」に相談してみてはいかがでしょうか? 就活は今後の人生を決める重要な選択です。 納得の行く就職活動をしましょう。

初回公開日:2016年12月07日

記載されている内容は2016年12月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング